【10社比較!】海外用レンタルWi-Fiルーターのおすすめを徹底解説

ハワイ旅行におすすめのレンタルWi-Fiルーター5つを徹底比較!

ハワイ旅行者
hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどWi-Fi」編集部のhiroshiです。

「ハワイ旅行に行くのに、Wi-Fiって借りたほうがいいの?どれを選んだらいいか分かんないな~」と思っていませんか?

この記事では、ハワイ旅行をするのにレンタルWi-Fiをどう選んだら良いのか、どのWi-Fiがおすすめなのか、現地のWi-Fi事情はどうなのかなどを詳しく解説しています。

ハワイ旅行のためのWi-Fi選びを失敗したくない方におすすめの記事ですので、参考になれば嬉しいです。

ハワイで使うレンタルWi-Fiルーターを選ぶ時の3つのポイント

ハワイのビーチとスマホ

ここでは、ハワイで使うレンタルWi-Fiを選ぶ際に、どのように選んだら良いのかを解説しています。

ハワイ旅行を楽しむために、ぜひ参考にして下さいね。

1:4G-LTE回線が用意されているか

4G回線(LTE)が使えるポケットWi-Fiかどうかを見ることは大切です。

3G回線のポケットWi-Fiを選んでしまうと、旅行中に地図や調べ物をしたくなったときに速度が遅く、ストレスを感じる可能性があります。

料金もそこまで大幅に変わらないため、できるだけ快適に利用できる4G回線のプランを選ぶことをおすすめします。

2:プランが複数ありムダがないか

自分にあった料金プランを選べるか、チェックした方が良いです。例えば、無制限プランしか選べない場合、割高になってしまう可能性があります。

特に、ハワイは他の国に比べてレンタルWi-Fiの料金相場が高めなため、ムダのないプランを選ぶ必要があります。

1日1GBも使わないようであれば、500MBくらいのプランにしておいて料金を抑えるということもできますので、プランを選べる業者を選ぶことをおすすめします。

3:乗る空港で受け取ることができるか

レンタルWi-Fi業者によっては、空港受取が対応していない場合があります。

宅配レンタルの場合、届くまでに日数がかかるため、配送状況によっては出発までに受け取れない可能性もあります。

出発する空港で受け取り&回収が可能なら失敗せずに使うことができるため、自分が使う空港が受取対応しているかを確認しましょう。

ハワイ旅行で使えるレンタルWi-Fiルーターを比較しました!

商品名 4G 回線(LTE) プラン数 受取空港
グローバルWiFi 3つ 18箇所
イモトのWiFi 2つ 7箇所
エクスモバイル 3つ 7箇所
グローバルモバイル 1つ 5箇所
ワイホー(Wi-Ho!) 3つ 6箇所

ハワイで使えるポケットWi-Fiを比較しました。

基本的にどれも4G回線は使えますが、3G回線と混じっているものは△としています。

受取空港はグローバルWi-Fiが圧倒的に多く、利用しやすいレンタルWi-Fiといえます。

ハワイのレンタルWi-Fiルーターのおすすめランキング

上記の比較表を含めて、ハワイで使えるレンタルWi-Fiルーターを人気5商品をランキングにしました。

ハワイ旅行を楽しいものにするために、参考になれば嬉しいです。

1位:グローバルWiFi

グローバルWi-Fi
価格(1日あたり) 970円 / 250MB
1,270円 / 500MB
1,470円 / 1GB
評価
備考 早期申し込みで割引あり /  受取空港が最多 / 有名会社が運営 / 翻訳機などのオプションあり / 充電器が無料で貸出 / 補填オプション200~500円 / 通信容量が250MB・500MB・1GBの3種類から選べる

グローバルWi-Fiは、価格と質を比べると最もコストパフォーマンスの良いレンタルWi-Fiです。

4G(LTE)回線で970円からレンタルでき、補償プランなども充実しています。

グローバルWi-Fiの運営会社は「株式会社ビジョン」という大手で、レンタルWi-Fiの実績が多いため安心して使うことができます。

250MB、500MB、1GBの3プランから選ぶことができますが、動画などを見ないのであれば500MBのプランで十分な場合が多いです。

翻訳機の貸出など、オプションも充実しており、ハワイ旅行でどのWi-Fiをレンタルしようか迷っているならグローバルWi-Fiがとても使いやすくおすすめです。

グローバルWiFiの受取空港一覧
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 関西国際空港 第2ターミナル
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 静岡空港
  • 部国際空港(セントレア)
  • 歌舞伎城(新宿)

グローバルWi-Fiの公式サイトを見る

2位:イモトのWiFi

イモトのWi-Fi
価格(1日あたり) 1,580円 / 500MB
1,880円 / 1GB
評価
備考 知名度が高い / 7箇所で受取可能 / 予備バッテリー250円 / 出発日2日前までの申し込み / 補填オプション300円

イモトのWi-Fiは、知名度が高く安心感があります。

料金は若干割高になっていますが、受取空港も多く利用しやすいレンタルWi-Fiです。

「あんしんパック」という保障があり、万が一紛失した場合でも安心して利用することができます。

500MBと1GBのプランがありますが、30日間利用の場合はお得なプランも用意されています。

イモトのWiFiの受取空港一覧
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港 (空港ロッカー受取)
  • 福岡空港

イモトのWi-Fiの公式サイトを見る

3位:エクスモバイル

エクスモバイル
価格(1日あたり) 750円 / 200MB
850円 / 300MB
1,100円 / 500MB
評価
備考 連続通信時間6時間~ / 最大500MB / プラン3つあり / 4G・3G・2Gあり / ハワイ島・マウイ島など対応 / 7空港で受取可能

エクスモバイルは、料金が安くプランも選びやすいレンタルWi-Fiです。

しかし、通信量の最大が500MBなので、もっと多い容量を選びたい場合には向きません。

また、連続通信時間が300MBの場合6時間なので、旅行で1日外出する場合は厳しいというデメリットがあります。

選ぶのであれば、500MBのプランが連続通信時間が8時間なので、こちらをおすすめします。

エクスモバイルの受取空港一覧
  • 成田空港 第一ターミナル
  • 成田空港 第二ターミナル
  • 羽田空港(国際線)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 福岡空港(国際線)
  • 新千歳空港(国際線)

エクスモバイルの公式サイトを見る

4位:グローバルモバイル

グローバルモバイル
価格(1日あたり) 690円/無制限(1日8時間まで)
評価
備考 通信容量無制限 / 料金最安 / 受取空港4箇所 / 補填オプション200円 / バッテリー100円 / 前日17時まで申込

グローバルモバイルは、料金が安い上に容量が無制限なのが特徴です。

しかし、容量は無制限ですが、1日の連続使用時間に制限があります。

プランが「アロハデータBIG」と「アロハデータbasic」の2種類がありますが、それぞれ1日8時間と13時間までしか使用できません。

アロハデータBIGは価格が安いですが、1日の通信時間が8時間までという規制があります。アロハデータbasicにアップグレードすると、1日13時間の使用が可能ですが、夜も使うことを考えると足りない可能性があります。

また、オアフ島ではつながりやすいですが、カウアイ島あたりになると若干繋がりづらくなるようです。

グローバルモバイルの受取空港一覧
  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

グローバルモバイルの公式サイトを見る

5位:ワイホー(Wi-Ho!)

ワイホー
価格(1日あたり) 1,850円/無制限
1,250円/1GB
1,050円/500MB
750円/250MB
評価
備考  6空港で受取可能 / 4つのプランから選べる / 4G回線あり/ 補填オプション200円 / 予備バッテリー200円 /最短前日の正午まで受付

ワイホーは、4種類のプランから選ぶことができるレンタルWi-Fiです。

4G回線もありますが、3G回線もあります。3Gの場合は、ハワイ以外の国でも使うことが可能です。

250MBのプランで750円だと、他と比べて割高になってしまうので、選ぶのであれば1GBあたりのプランがコストパフォーマンスが高いです。

空港受取が6箇所になってしまいますが、対応しているのであれば使いやすいWi-Fiです。

ワイホー(Wi-Ho!)の受取空港一覧
  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 新千歳空港
  • 中部空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

ワイホー(Wi-Ho!)の公式サイトを見る

ハワイ旅行にレンタルWi-Fiルーターは必要か?

ハワイ散策

「ハワイ行く時ってレンタルWi-Fiはあった方がいいの?なくてもなんとかなりそう」

そう思っているあなた!もちろん何とかなります。ですが、せっかくの旅行がかなり不便になってしまうというデメリットがあります。

例えば、ホノルル国際空港でWi-Fiに繋ごうとすると、有料のWi-Fiしかありません。こちらは料金が2時間で6.95ドルなので、レンタルWi-Fi1日分の料金が取られてしまいます。

せっかくのハワイ旅行で、Wi-Fi繋ぐたびに料金が発生していたらげんなりしてしまいませんか?

「出発する前に5分くらい手続きをしておくだけで、割安で早いWi-Fiを持ち歩ける」と考えれば、ハワイ旅行にレンタルポケットWi-Fiを持っていくのはかなりコスパの良い投資といえます。旅行を気兼ねなく楽しむためにも、おすすめですよ。

ハワイ旅行をする時、現地でWi-Fiルーターはレンタルできる?

ワイキキビーチの店

ハワイの現地でWi-Fiルーターをレンタルできるのか?ということについてですが、一応は可能ですがデメリットが多いです。

「グローバルWi-Fi」と「グローバルモバイル」がハワイ現地でもレンタルすることが可能なのですが、現地で借りるにはネット予約ができません。

日本にいるうちに電話予約をして、ホノルル市内の現地オフィスで受け取ることができるのですが、受取場所が空港から離れていることや、営業時間が短いため、旅行者には受取のハードルが高いです。

そもそも、日本にいるうちに電話するくらいならネットで予約した方が受取も予約もラクですからね・・・。ハワイ現地でWi-Fiをレンタルするメリットはほぼないといえるので、事前に空港受取をすることをおすすめします。

参考:ハワイの交通手段(ハワイ州観光局)

ハワイで無料Wi-Fiは使えるのか?現地の事情について

ワイキキビーチの夜

ハワイの無料Wi-Fi事情について説明しておきます。

有名ホテル(ヒルトンハワイアンビレッジなど)は、基本的に無料Wi-Fiを提供しています。こちらは宿泊者でなくても使用することができますが、速度はかなり遅いです。宿泊者はパスワードを入力することで、速いWi-Fiに繋ぐことができます。

ワイキキ周辺は比較的無料Wi-Fiが発達していますが、建物から離れるとすぐに切断されるため移動しながらの使用はできませんでした。

アラモアナショッピングセンターでもWi-Fiは飛んでいますが、正直各テナントのWi-Fiは速度がおそすぎて使い物になりませんでした。

これらを総合すると、ホノルル中心部であっても無料Wi-Fiはあまり良いとは言えず、パスワードがかかっていない海外のWi-Fiはハッキングリスクなどが怖いため、私はホテルの宿泊者用Wi-Fiしか使いませんでした。

セキュリティ面を考えると、パスワードがないWi-Fiに繋ぐのはリスクもあるため、レンタルWi-Fi+ホテルの宿泊者Wi-Fiを利用することをおすすめします。

ハワイ旅行でのWi-Fiレンタルについてまとめ

ハワイ旅行のWi-Fiについてまとめ
  • 4G回線がある業者を選ぶ
  • プランを選んでムダなく使う
  • ハワイ旅行を楽しむならレンタルWi-Fiはあった方がよい
  • 現地でのWi-Fiレンタルは移動ハードルが高く難しい
  • 無料Wi-Fiは一応あるが、使い物にならないため微妙
  • セキュリティ面を考えるとホテルの専用Wi-Fi+レンタルWi-Fiがおすすめ

ハワイ旅行のレンタルWi-Fiについてまとめると、上記のようになります。

Wi-Fiがあるとお店選びも失敗せずに済みますし、道にも迷わないためストレスなく楽しむことができますよ。

あなたのハワイ旅行が楽しいものになるように祈っています!ぜひ、楽しんで下さいね。

ハワイ旅行でWi-Fiに迷ったらグローバルWi-Fiで決まり!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA