【全31社比較】WiMAX 2+おすすめプロバイダランキングBEST10「2019年8月」

悪い評判は本当?GREEN WiMAX2+の7つのデメリットとおすすめしない理由


GREEN WiMAX2+のスペック
初期費用 3,000円
月額料金 4,374円
キャッシュバック額 0円
配送料 無料
発送までの期間 ~1週間
最短契約日数 2年
通信速度 440Mbps
通信方式 WiMAX(TD-LTE)
通信量制限 3日で10GB
制限速度 1Mbps
取扱端末 W04,L01,Uroad Stick
支払い方法 クレジットカード,口座振替,請求書払い
編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

こんにちは。「なるほどwifi」編集部のダイゴです。

グリーンネットISPが運営するWiMAXのGREEN WiMAX2+。マイナーなWiMAXなので情報が少なく困っている人も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、「GREEN WiMAX2+の口コミ」「GREEN WIMAX2+のデメリット」「GREEN WiMAX2+をおすすめしない理由」などについて解説していきます。

GREEN WiMAX2+は2019年5月現在サービス受付を終了していますが、他社WiMAXと比較する目的で紹介記事を残しておきますね!

また、当サイトでは全31社のWiMAXを比較した上で特におすすめのWiMAX10社をランキング形式で紹介しています。下記ボタンリンク先の記事で紹介していますのでWiMAX選びの参考にしてみてください。

全31社比較したおすすめのWiMAXをチェック!

【結論から言うと】GREEN WiMAX2+は月額料金・年間料金ともに「もっともお得に使えるWiMAXではない」ので注意!

サービス名 月額料金 主なキャンペーン 支払総額
GREEN WiMAX2+ 4,723円 特になし 118,075円
※2年契約
Broad WiMAX 0~2ヶ月:27,26円
3~24ヶ月:34,11円
25~36ヶ月:40,11円
他社WiMAXからの乗り換え違約金負担など 131,352円
JP WiMAX 0~2ヶ月:2,800円
3~23ヶ月:3,500円
24〜36ヶ月:4,100円
Amazonギフト券17,000円分など 11,8200円
GMOとくとくBB 0~2ヶ月:3,609円
3~24ヶ月:4,263円
25~36ヶ月:4,263円
キャッシュバック最大37,150円など 118,619円
So-net WiMAX 3,620円 特になし 130,320円
@nifty WiMAX 1~2ヶ月:3,670円
3~36ヶ月:4,350円
30,000円キャッシュバックなど 125,240円
DTI WiMAX 0~1ヶ月:0円
2ヶ月:2590円
3〜36ヶ月:3760円
NTTグループカードの利用で最大6,000円キャッシュバックなど 130,430円
カシモWiMAX 0~1ヶ月:1,380円
2~24ヶ月:3,580円
25~36ヶ月:4,079円
特になし 134,048円
クラウドモバイルWiMAX 0~2ヶ月:2,800円
3~23ヶ月:3,500円
24〜36ヶ月:4,100円
10,000円キャッシュバック
(※Amazonギフト券)
125,200円
朝日ネットWiMAX 0~5ヶ月:0円
6〜36ヶ月:4,290円
キャッシュバック最大10,000円など 12,2990円
novas WiMAX 1~2ヶ月:2,780円
3~36ヶ月:3,980円
特になし 140,880円

まず始めに結論から言うと、GREEN WiMAX2+は月額も支払い総額も高額ですのでお得なWiMAXではありません。

また、2019年5月現在サービス受付を終了してしまっています。そのため、残念ながら申し込む事ができません。

WiMAXの契約を考えているようでしたら、総合満足度の高いBroadWiMAXや業界最安値のJPWiMAXがおすすめですよ!

「GREEN WiMAX2+」の悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

次に、GREEN WiMAX2+の悪い評判の真相についてネット上の悪い口コミと良い口コミをまとめることで分析していきます。

GREEN WiMAX2+の口コミについて気になっているようでしたら、是非参考にしてください。それでは、本文に入っていきましょう。

「GREEN WiMAX2+」の悪い評判

前から気になってたグリーンWiMAX。固定IPが利用できるから契約しようと思ってたけど、受付終わってた(; ̄O ̄)

GREEN WiMAXは固定IPが使える上に縛り期間もないのが良いのだけど、ちょっと料金高すぎるよね…。

弱小プロバイダだから仕方ないのかもしれないけど、グリーンWiMAXのサポート対応が遅すぎる。やっぱりWiMAXは大手だな。

GREEN WiMAX2+のネット上での悪い評判をまとめてみました。結果、「契約受付終了してる」「サポート対応が遅い」などの口コミが多かったです。

GREEN WiMAX2+は既に受付が終了しているWiMAXサービスです。そのため、残念ながら今から申し込むことができないんです。

また、マイナープロバイダのグリーンネットISPが運営しているWiMAXなので「サポート対応が遅い」というのも事実なのでは?と考えられます。

GREEN WiMAX2+は口コミ自体が少なかったので悪い評判をみつけるもの一苦労でしたが、やはりマイナープロバイダというところでサポート面に関する不満を感じている人は多いようですね。

「GREEN WiMAX2+」の良い評判


GREEN WiMAX2+のネット上での良い評判についてまとめてみました。結果、「完全固定IPなのが良かった」という口コミ評判が多かったです。

基本的に、WiMAXはグローバルIPアドレスが変わります。そのため、一部のネットゲームやサーバー運用のための回線としては使う事ができないんです。

ですが、GREEN WiMAX2+は業界で唯一完全固定IPでグローバルIPアドレスを固定して運用できるWiMAXでした。

そのため、一部のネットに詳しくて完全固定IPでWiMAXを使いたいと考えている人からは良い評価を得ていたようですね!

「GREEN WiMAX2+」の評判まとめ

GREEN WiMAX2+のネット上での悪い評判と良い評判をまとめてみました。結果「受付終了してしまった」「サポート対応が遅い」「完全固定IPが良かった」といった口コミが多かったです。

GREEN WiMAX2+は非常にマイナーなWiMAXで、利用者が少なかったのかすでに受付が終了してしまったWiMAXです。

マイナープロバイダなので、大手に比べるとサポート対応は遅いようですね。ただし、グローバルIPアドレスを固定する完全固定IPで利用できる唯一のWiMAXだったので一部の層に人気があったようです。

ただし、完全固定IPでWiMAXを使うメリットがあるのは企業や一部のネットに非常に詳しい人だけなので普通にWiMAX契約したいなら恩恵を受けることはありません。

GREEN WiMAX2+の悪い評判と良い評判をまとめてみた結果、GREEN WiMAX2+は多くの人におすすめできるWiMAXとは言う事ができなさそうです。

「GREEN WiMAX2+」の2つのメリット

GREEN WiMAX2+の口コミ評判について理解できたところで、GREEN WiMAX2+のメリットに関しても解説していこうと思います。

GREEN WiMAX2+には上記2つのメリットがあります。各メリットに関してパートを分けて詳しく解説していきます。是非、参考にしてくださいね♪

メリット①:完全固定IPアドレスが利用できる

GREEN WiMAX 2+ BroadWiMAX GMOとくとくBB
IPアドレス 完全固定
or
変動
変動 変動

GREEN WiMAX2+は業界で唯一完全固定IPアドレスに対応しているWiMAXです。

WiMAXはグローバルIPアドレスが時間毎に切り替わってしまうため、IPアドレスの固定が必要なネットゲームやサーバー運用に使うことはできません。

ですが、GREEN WiMAX2+は完全固定IPに対応しているので、完全固定IPの契約をすれば一部のネットゲームやサーバー運用用途に使うことができるんですよ!

GREEN WiMAX2+の完全固定IPアドレスに対応している点は、一部の層の人に関しては大きなメリットであると言えます。

メリット②:環境保全に貢献できる!

greenwimaxの環境運動に関する画像
GREEN WiMAX2+を契約すると、契約した際に熱帯雨林の失われた森を再生するためにNPO法人を通じて木が1本植林されます。

また、1年間契約を続けるごとに毎年1本ずつNOP法人を通じて木が植林されていきます。

環境意識が高い人にとっては、自分がWiMAXを契約することで熱帯雨林に植林がされることはメリットであると言えます。

「GREEN WiMAX2+」の7つのデメリット

GREEN WiMAX2+のメリットについて解説が済んだところで、GREEN WiMAX2+のデメリットについても解説していきます。

GREEN WiMAX2+には上記7つのデメリットがあります。各デメリットに関して、パートを区切って詳しく解説していきます。是非目を通してみてください。

デメリット①:月額料金が高いこと

GREEN WiMAX 2+ BroadWiMAX JP WiMAX
月額料金 4,374円 3,411円 3,500円

GREEN WiMAX2+の月額料金は4,374円と、ほぼUQ WiMAXと同じ価格で非常に高いです。

一方で、人気のWiMAXの月額の相場は3,500円~3,700円前後です。GREEN WiMAX2+の方が800円近く高いですね。

月800円が積み重なると1年間で9,600円も高いことになります。月額が高いことはGREEN WiMAX2+の大きなデメリットと言って良いでしょう。

デメリット②:支払い総額が高いこと

GREEN WiMAX 2+ ブロードワイマックス JP WiMAX
支払い総額 118,075円
※2年契約
131,352円 118,200円

GREEN WiMAX 2+の契約期間は2年間で、2年間での支払い総額は118,075円です。

実はこの価格、3年契約のJP WiMAXの支払い総額とほぼ同じなんですよね…汗。支払い総額が高めのBroadWiAXと比較しても13,277円しか違いません。

同じサービスを契約できて2年契約しても3年契約しても支払い総額が同じなら、迷わず3年間契約できる方を選びますよね?

GREEN WiMAX 2+の支払い総額が高額なことは大きなデメリットの1つであると言えるのではないでしょうか?

デメリット③:サポート対応が遅いこと

GREEN WiMAX 2+ ブロードワイマックス JP WiMAX
サポート対応

GREEN WiMAX 2+はマイナープロバイダが運営しており会社規模も小さいことから、サポート対応が遅いという口コミがいくつか見受けられました。

一方で、3年間の支払い総額が少々高いもののサポート対応の良さが売りのBroadWiMAXの場合、サポートへの問いあわせはすぐ繋がりますし対応もすごぶる良いです。

そもそも、GREEN WiMAX 2+はどちらかと言えば知識がある人向けのWiMAXなのでサポートはそこまで重視されないのかもしれません。

ですが、やはり、何かあったときのことを考えると、サポート対応が遅いことはデメリットになると言えます。

デメリット④:配送までに時間がかかること

GREEN WiMAX 2+ ブロードWiMAX JP WiMAX
配送までの期間 ~1週間 最短即日 最短即日

GREEN WiMAX 2+は契約してから商品が発送されるまで~1週間程度の時間がかかります。

一方で、最近では人気のWiMAXのほとんどが最短即日発送が基本です。遅くとも翌日には端末が発送されるようになっています。

WiMAXを契約したらなるべく速く手元に端末が欲しいという人は多いと思います。そのため、配送までに時間がかかることはデメリットであると言えます。

デメリット⑤:最新端末の取扱が無いこと

GREEN WiMAX 2+ BroadWiMAX JP WiMAX
取扱端末 W04
L01
Uroad Stick
W06
WX05
L02
HOME01
W06
W05
L01s

GREEN WiMAXは最新端末の取扱がありません。取扱のある端末は「W04」「L01」「Uroad Stick」の3機種です。

一方で、BroadWiMAXやJPWiMAXなど人気のWiMAXは基本的に最新端末のW06の取扱があります。ユーザーが契約する端末もほとんどW06です。

W06とW04では端末の性能に大きな差があり、特に速度に差が出ます。そのため、最新端末の取扱が無いことは大きなデメリットであると言えるでしょう。

デメリット⑥:キャッシュバックが無いこと

GREEN WiMAX 2+ JP WiMAX GMOとくとくBB
キャッシュバック 0円 17,000円 37,150円

GREEN WiMAX 2+は月額料金は高めですが、キャッシュバックキャンペーンは行っていません。

一方で、GMOとくとくBBなど月額料金が高めのWiMAXはキャッシュバックキャンペーンを行っていることがほとのです。

GMOとくとくBBですと、月額料金が「4,263円」と高額な代わりに「37,150円」もの高額キャッシュバックを行っています。

そう考えると、GMOとくとくBBよりも月額が高いのにキャッシュバックキャンペーンが無いことはGREEN WiMAX 2+のデメリットであると言えます。

デメリット⑦:個人にメリットのある特徴が無い

GREEN WiMAX2+ BroadWiMAX JP WiMAX
特徴 完全固定IPアドレス サポートの良さ
独自のキャンペーン
業界最安値

WiMAXプロバイダは各社特徴がありますが、GREEN WiMAX2+の特徴は「完全固定IPアドレス」の設定ができることです。

ですが、普通の人は完全固定IPアドレスの設定をしても恩恵を受けることができません。完全固定IPアドレスを求めている人は企業やネットに詳しい層の人です。

一方で、当サイトおすすめのBroadWiMAXやJPWiMAXは「サポート対応」や「値段」など個人でも恩恵を感じやすい部分を特徴としています。

そのため個人目線で見た場合、個人にメリットのある特徴が無いことはデメリットであると言えます。

WiMAXは速度や対応エリアなどは全て同じ!GREEN WiMAX2+よりもBroad WiMAX or JPWiMAXが一番お得に使えるWiMAX!

GREEN WiMAX2+ Broad WiMAX JP WiMAX
月額料金(無制限プラン) 4,374円 0~2ヶ月:27,26円
3~24ヶ月:34,11円
25~36ヶ月:40,11円
0~2ヶ月:2,800円
3~23ヶ月:3,500円
24〜36ヶ月:4,100円
主なキャンペーン 特になし 他社WiMAXからの乗り換え違約金負担など 最大17,000円キャッシュバックなど
申し込み方法 申し込み受付終了 WEB/電話 WEB/電話
選べる機種の種類 3種類 4種類 3種類
海外ローミング 非対応 非対応 非対応
解約方法 会員サポートページ 会員サポートページ 電話
契約年数 2年間 3年間 3年間
3年間の支払い総額 118,075円
※2年契約
131,352円 118,200円

ここまで記事を読んでくださった方は気付いたかと思いますが、GREEN WiMAX2+はあまりおすすめできるWiMAXではありません。

当サイトではWiMAX全31社を比較した上で、総合的に優れたWiMAXとしてBroadWiMAXをおすすめしています。

その他、3年間の支払い総額を最安値でを契約したい人にはJP WiMAXをおすすめしていますよ♪

このパートでは、BroadWiMAXとJP WiMAXのおすすめポイントについてパートを分けて解説していきます。是非、WiMAX契約の参考にしてみてくださいね♪

月額料金やサポート対応など総合的に優れたWiMAXならBroad WiMAXで決まり!

broadwimax
月額料金 0~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
キャッシュバック額 0円
3年間の支払い総額 131,352円
おすすめ度

BroadWiMAXは、サポート対応や違約金負担などの独自のキャンペーンを展開しており総合的な満足度が高いWiMAXプロバイダです。

3年間の支払い総額こそ最安値と比べて13,000円ほど高いのですが、その代わりサポートは抜群ですし「他社からの転出の場合違約金負担」など優れた独自のキャンペーンがあります。

ちなみに、2年契約のGREEN WiMAX2+と比較しても、3年間の支払い総額は13,000円ほどしかかわりません。最新機種の取扱もありますし、とにかくサポートが良いのでおすすめのプロバイダです。

WiMAX選びで迷ったら、とりあえずBroadWiMAXを契約しておけば後で後悔することはありませんよ!是非、一度契約を検討してみてくださいね♪
BroadWiMAXの公式HPはこちら

3年間の支払い総額を最も安く抑えたいならJPWiMAXがおすすめ!

JPWiMAXのアイキャッチ
月額料金 0~2ヶ月:2,800円
3~23ヶ月:3,500円
24〜36ヶ月:4,100円
キャッシュバック額 17,000円
(Amazonギフト券)
3年間の支払い総額 118,200円
おすすめ度

JP WiMAXは、3年間の支払い総額がWiMAX全31社の中で最安値であることが特徴的なプロバイダです。

3年間の支払い総額は118,200円で、なんと2年契約のGREEN WiMAX2+とほぼ変わらない金額なんですよ!これはおどろきですね…汗

もちろん最新機種のW06も取り扱っています。とにかく安いWiMAXを契約したいようでしたら、JP WiMAXの契約がおすすめですよ…!

JP WiMAXの公式HPはこちら

「GREEN WiMAX2+」の会社概要

正式名称 GREEN WiMAX2+
会社名 ワークアップ株式会社
住所 東京都渋谷区西原2-31-4
電話番号 03-3373-2062
公式HP 公式HPはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA