悪い評判は本当?フレッツ光のデメリット5つとメリット3つで全解説!

評判悪い?法人向けwifi「ギガらくWi-Fi」のメリット・デメリット解説!

ギガらくWi-Fi

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

「ギガらくWi-Fi」は、NTT東日本が提供する法人向けのWi-Fiサービスです。

NTTもこのサービスを推しているようで、電話勧誘などで名前を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ギガらくWi-Fiの評判やメリット・デメリットを解説していきます!

店舗用のWi-Fi導入には良いサービスですが、使い方によっては料金が高いだけのWi-Fiになってしまうので注意が必要です…。

解約金も高いので、そういったデメリットもまとめています。気になっている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

「ギガらくWi-Fi」とは?NTT東日本が提供する法人向けWi-Fiサービス!

ギガらくWi-Fi サービス概要
概要 オフィス・店舗向けのWi-Fiサービス
※別途回線サービスが必要
提供サービス ・社内向けWi-Fi
・来訪者向けWi-Fi
・利用状況表示画面
・Facebook Wi-Fi
・指定Webサイト表示
…など
想定利用者層 ・オフィスの従業員向け、来訪者向けWi-Fiを導入したい方
・カフェや販売店などの店舗にフリーWi-Fiを導入したい方
月額料金 ギガらくWi-Fi ハイエンドプラン
・2年タイプ:4,928円(税込)
・5年タイプ:3,630円(税込)
解約金 ・2年タイプ:2年未満に解約時、残月数×4,928円(税込)
・5年タイプ:5年未満に解約時、残月数×1,980円(税込)
初期費用 原則不要
オプション ・カメラオプション
・訪問修理オプション
・リモートアクセスオプション
・LAN給電オプション
提供エリア 日本全国
おすすめ度
オフィス/店舗向けWi-Fiとしておすすめ!
↓提供機器の詳細↓
最大通信速度 IEEE 802.11ac/n/a(5GHz帯)
IEEE 802.11n/b/g(2.4GHz帯)
同時接続台数 1.3Gbps
※利用する回線や使用状況で実測値は大幅に低下します
消費電力 最大20W
寸法 W:250mm D:160mm H:37mm 重さ:0.7kg
付属品 ACアダプタ、LANケーブル
メーカー Cisco

ギガらくWi-Fiは、簡単に言うとNTT東日本が提供する法人向けのWi-Fiサービスです。提供元はNTT東日本ですが、NTT西日本エリアでも使用できます。

主に、オフィスや店舗用のWi-Fiを構築するために利用するサービスになります。社内用のWi-Fiネットワークや、店舗の来客者向けのフリーWi-Fiを提供するのに使用している方が多いです。

個人向けの回線でいう、「Wi-Fiルーターレンタル」と似たようなサービスですね!ただ、店舗・オフィス向けという事でプラスαの機能がたくさんついています。

Wi-Fiを使いたいだけ、という理由で導入するには料金が高いので非推奨です。その場合、10,000円ほどのルーターを購入してWi-Fiを飛ばすだけでOKなので…。

この記事では、ギガらくWi-Fiのメリット・デメリットも紹介しています。料金が高いサービスなので、メリットの項目で本当に必要か?も十分検討してみてください。

ギガらくWi-FiはWi-Fiのアクセスポイント設置のみで、回線はセットになっていません。別途、フレッツ光などの回線サービスを導入する必要があります。

ギガらくWi-Fiの評判は悪い?ネット上の口コミや導入事例を徹底調査!

まずはギガらくWi-Fiの評判を見ていこうと思います!

正直、評判はあまり良くないのですが、サービス内容に対しての不満ではなく、サービス勧誘に関するものが多いです。

実際に導入してギガらくWi-Fiを活用している事業者はたくさんいます。そういった点も踏まえて、口コミも参考にしてみてくださいね。

【悪い評判】代理店の勧誘がしつこく、事前説明のない押し売りでトラブルが多発…

NTTも「ギガらくWi-Fi」を推したいのか、NTTより業務委託を受けた代理店による勧誘が盛んです。ただ、一部の悪質な代理店が、事前説明もしない悪徳勧誘を行っているようですね…。

「最初は無料だから~」と勧誘され、不本意に契約してしまっている方も多いようです。ギガらくWi-Fiは解約金がかなり高額なので、「いらないし解約しよう」となった時に高額な違約金を請求されてしまっています…。

口コミを見ての通り、ギガらくWi-Fiの悪評はこういった内容がメインとなっています。ギガらくWi-Fiへの不満というよりは、悪質な勧誘手口に対する不満ですね。

一方で、サービス内容を十分に把握し、ギガらくWi-Fiを導入している事業者も多いです!次に、導入事例も踏まえてギガらくWi-Fiの良い口コミを紹介していきますね。

【良い評判】店舗用のWi-Fiの設置などで活用している事業者も多い!

【導入事例】農産物直売所

離れた場所にいても、いつでも店舗の様子が確認できるようになった。
来店客数が把握でき、店内のお客さまの行動も確認できるようになった。
ピープルカウントをデータ分析し、マーケティングへ活用。顧客満足度の向上を目指す。

(出典:ギガらくWi-Fi 活用事例)

【導入事例】飲食業

来店者が自由に利用できるWi-Fiを整え、ブログ等へ店舗を紹介してもらえることで、来店者数が増えた。
Wi-Fiカメラの導入で、店舗のセキュリティ強化を実現できた。

(出典:ギガらくWi-Fi 活用事例)

ギガらくWi-Fiのサービス内容をしっかりと把握し、実際に店舗・オフィスに導入して活用している事業者も多いです!

主に来訪者向けのWi-Fiとして提供している事例が多いみたいですね。最近は飲食店や駅、商業施設などにフリーWi-Fiが設置されている事も多いですが、もしかしたらギガらくWi-Fiが使われているかもしれません!

フリーWi-Fiにアクセスする際に、認証画面やFacebook画面が表示された経験がある方も多いかと思いますが、それと同じような事がギガらくWi-Fiでは可能です。

認証画面でお店の宣伝をしたり、Facebookでシェアしてもらったり、知名度を上げるために活用している事例もありますね。

ギガらくWi-Fiには事業者向けの便利機能がたくさんあります。次のメリットでも解説していくので、魅力を感じた方はチェックしてみてくださいね!

ギガらくWi-Fiを導入する5つのメリット

ギガらくWi-Fiは、単にWi-Fiに繋ぐだけの用途で契約するのは絶対に損です!

ここでは、ギガらくWi-Fiを使うメリットを紹介していきますので、しっかりとチェックしてみてください。活かせそうな場合はデメリットにも目を通した上で、契約の検討をしてみてくださいね。

1.社内向けネットワーク&来訪者向けWi-Fiを簡単構築!

ギガらくWi-Fiのサービス説明画像

「ギガらくWi-Fi」で提供されるアクセスポイント(ルーター)1つで、従業員向けと来訪者向けのWi-Fiを別々で構築できます。

「社員とお客様のWi-Fiを同じにするのはちょっと…」と考えている方も安心です!社内システムに繋がるWi-Fiは社員のみ、という形で設定可能です。

同時接続台数も50台まで対応しているので、アクセスポイント1つでも結構な人数に対応できます。

オフィス用のWi-Fiも欲しいけど、来訪者用の専用Wi-Fiも欲しい…!という用途で役立ちますね!

2.電子看板やFacebook連動でWi-Fi利用者に向けて店舗PRが出来る!

ギガらくWi-FiのFacebook連動機能の画像

主に店舗向けのサービスです。ギガらくWi-Fiで店舗用フリーWi-Fiを構築した際に、フリーWi-Fiへアクセスする際に認証用Webページへ飛ばしたり、Facebookによる認証を設定したりできます!

認証用Webページで宣伝することも(電子看板)出来ますし、Facebookによるチェックインで、来訪者のタイムラインに店舗名を投稿してもらう事も可能です。

お客様のWi-Fi使用状況を確認でき、Wi-Fiへアクセスした人の数、滞在時間、訪問頻度を記録する事も可能です。来訪者の情報をマーケティングに活用できます。

フリーWi-Fiとして提供するだけでなく、ついでに知名度も上げたりと、宣伝にも使えちゃいます!

3.複数のSSIDを利用可能!SSID別にアクセス制限・帯域制限も

ギガらくWi-Fiのサービス説明画像

ギガらくWi-Fiで提供されるアクセスポイント(ルーター)1つで、ベーシックプランだと8個のSSIDハイエンドプランだと15個のSSIDが利用可能です!

SSIDとは、Wi-Fiのアクセスポイントの識別名のことです。8個~15個のSSIDが設定可能で、例えば来訪者向け、社内向けで分けたりする事も可能です。

SSIDごとにWi-Fiに通信帯域を制限したり、時間帯によってはOFFにしたり、個別で様々な設定もできます。

4.クラウド型カメラなどの店舗運営で役立つオプションも提供!

ギガらくWi-Fiのカメラオプションの画像
クラウド型カメラサービス
オプション料金 カメラ装置1台あたり 月額2,750円(税込)
機能一覧 ・カメラ撮影、リアルタイム視聴
・カメラ映像はクラウド上で保存
・動体、音声検知機能
・ピープルカウント

ギガらくWi-Fiのオプションとして「クラウド型カメラサービス」が用意されています。

ギガらくWi-Fiの電波範囲内にカメラを設置し、そのカメラで撮影した映像を録画したり、リアルタイムで視聴する事が出来るようになります!

カメラ映像はクラウド上で保存されるため、インターネット環境があればどこからでもカメラ映像をリアルタイムに視聴する事が可能です。

映像記録だけでなく、動体・音声検知機能も搭載されており、撮影場所の動きや音に反応して録画する事も出来ます。防犯にも使えますね!

更に「ピープルカウント」という、カメラを横切る人の顔を認識して計測してくれる機能までついています…!日ごと、週ごと、月ごとの人数データがとれちゃいます!

このカメラ機能も防犯やマーケティングに活かせそうです。月額2,750円と安くはないですが、導入している事業者も多いみたいですね!

5.365日サポート対応で設定・運用はお任せ!トラブル時も安心!

ギガらくWi-Fiのサポート体制の説明画像

ギガらくWi-Fiではサポートが充実しており、導入から運用までプロが対応してくれます。初期設定方法や使い方、通信トラブル時の対応まで、365日(9時~21時)サポート!

初期設定も簡単で、ギガらくWi-FiのWi-Fiアクセスポイント装置の初期設定は、NTT東日本が事前に行ってくれます。届いた端末にLANケーブルと電源コードを挿すだけでOKです!

ハイエンドプランを利用している方限定ですが、指定Webサイト表示機能や指定アプリブロックなどの難しい設定も、サポートセンターが代わりにしてくれます。

「さすが法人向け!」といった感じのサポート内容ですね!

ギガらくWi-Fiを導入する3つのデメリット

続いて、ギガらくWi-Fiのデメリットも紹介していきます。特に解約金の高さは気になるポイントなので、しっかりとチェックしておいてくださいね。

1.契約期間が長い&解約金(違約金)がかなり高い

解約金
(税込)
2年契約プラン 5年契約プラン
ベーシックプラン 残月数×3,278円
ハイエンドプラン 残月数×4,928円 残月数×1,980円

ギガらくWi-Fiの2つのプラン「ベーシックプラン」「ハイエンドプラン」は、共に高額な違約金が設定されています。

例えば「ハイエンド 2年契約プラン」で契約し、6ヶ月のみ利用で解約した場合の違約金は(24ヶ月-6ヶ月)×4,928円=88,704円になります…。同じ時期に5年契約で解約しちゃった場合は106,920円に…。

契約期間経過後であれば、いつ解約しても解約金は0円になります。新しく最低利用期間が更新される事はないので安心してください!
例:2年契約プランの場合、2年経過後ならいつ解約しても0円

特に店舗用のWi-Fiとして検討している場合、2年後 or 5年後も継続して使っているか?は、慎重に考えてみてくださいね。

2.Wi-Fiとして利用するだけの場合、月額料金が高い

月額料金
(税込)
2年契約プラン 5年契約プラン
ベーシックプラン 3,278円
ハイエンドプラン 4,928円 3,630円

ギガらくWi-Fiは、法人向けに様々な付加サービスがついたWi-Fiです。単にWi-Fi機能を使うだけで契約するのは非常に勿体なく、月額料金が高いだけのサービスになってしまいます…。

例えば、Wi-Fiが使えるルーターをレンタルする場合は月額500円ほどで済みますし、Wi-Fiルーター本体を購入してしまえば10,000円ほどの出費で済みます。

先ほど紹介しましたメリットが魅力的に感じない方は、普通にWi-Fiルーターを購入した方がいいです。オフィス・店舗が広い方はメッシュWi-Fiを導入するという手もありますよ!

3.別途フレッツ光などの回線が必要

月額料金 NTT東日本
フレッツ光
NTT西日本
フレッツ東
フレッツ光
【個人向と同プラン】
4,700円

プロバイダ料
4,730円

プロバイダ料

ギガらくWi-Fiはアクセスポイント+付加サービスのみの提供です。回線はセットではないので、別途フレッツ光などの回線を導入する必要があります。

ギガらくWi-Fi単体だと、インターネットに繋げないので注意してください!

同じNTTが提供している「フレッツ光」は、セットで利用可能です。もし現時点で回線がない場合、フレッツ光+ギガらくWi-Fiの同時申込でお得になるキャンペーンもありますので、検討してみてくださいね。

ギガらくWi-Fiはどんな方(事業者)におすすめ?

ギガらくWi-Fiの導入がおすすめな方

  • 店舗を運営しており、お客様向けのWi-Fiを用意したい方
  • 来客人数やデータ使用状況、来客頻度などのデータ収集をし、マーケティングに活かしたい方
  • フリーWi-Fiへのアクセス画面で宣伝、Facebookで宣伝したい方
  • カメラを設置し、防犯や来客人数カウントでマーケティングに活かしたい方

ギガらくWi-Fiは、「店舗でお客様向けWi-Fiを提供しつつ、Wi-Fiを利用した方のデータ収集(アクセス人数・時間・来客頻度など)をしたい、Wi-Fiアクセス画面で宣伝もしたい」といった方におすすめのサービスです!

この記事で紹介したメリットに魅力を感じた方は、この月額料金でも納得できるサービスだと思います。

逆に、メリットを見てもあまり魅力に感じない…という方には、ただ高いだけのWi-Fiサービスとなってしまいます…。

NTT東日本に運用方法について相談するのもおすすめです!ギガらくWi-Fiの公式ページを下記に記載しているので、こちらも見てみてください。

ギガらくWi-Fi(NTT東日本)
https://business.ntt-east.co.jp/service/gigarakuwifi/

フレッツ光+ギガらくWi-Fiの申し込みでお得なキャンペーンが利用可能!

フレッツ光のキャッシュバックキャンペーン
NTT東日本 NTT西日本
キャッシュバック1
ネット+電話で申込
40,000円 45,000円
キャッシュバック2
ネットのみ申込
30,000円 40,000円
ギガらくWi-Fi申込 +10,000円
適用条件 オプション条件等は一切なし
貰える時期 開通月の翌々月末
手続き方法 申込時に電話で振込口座を伝えておく

代理店アウンカンパニーでは、フレッツ光を法人契約した方を対象にキャッシュバック特典を用意しています。既にフレッツ光を契約している方は対象外です。

ギガらくWi-Fiも同時に申込すると、追加で+10,000円のキャッシュバックが貰えます。フレッツ光の申込とあわせて最大55,000円も貰えちゃいます!

「代理店とかキャッシュバックとか怪しい…」という方もいるかと思います。ですが、優良代理店であるアウンカンパニーは”必ず”キャッシュバックを還元して貰えます…!

他社だと書類郵送や半年後に電話連絡など、キャッシュバック受取に超面倒な方法を指定している事が多いのですが・・・アウンカンパニーは申込時に振込口座を伝えておくだけ!

もちろんオペレーターから口座番号を尋ねてもらえるので、フレッツ光の申込が完了=キャッシュバック受取手続きも完了、という事になります。オプション条件もないですし、貰える時期も2ヶ月後と早めです!

フレッツ光+ギガらくWi-Fiのセットで申込を考えている方は、是非ともアウンカンパニーの特典を利用してみてくださいね。

アウンカンパニーのサイトはこちら法人フレッツ光の安心できる申込先です!

ギガらくWi-Fiの解約方法について

ギガらくWi-Fiの解約方法についても解説しておきます。もし、勧誘などで不本意な形で契約してしまった方も参考にしてみてください。

1.解約の際はNTT東日本へ連絡する

第 23 条(契約者による解約)
1 契約者は、本契約を解約しようとするときは、あらかじめ本サービス取扱所に当社所定の方法により申し出ていただきます。

2 当社は、前項の規定により申し出た解約希望日をもって本サービスの解約日とします。ただし、契約者が申し出る解約希望日が、当社に当該申出が到達する日の前日までの日付である場合には、当該到達日を解約日とします。

(出典:ギガらくWi-Fi利用規約)

ギガらくWi-Fiの解約方法については、公式ページで詳しく解説されていませんでした。利用規約に上記のような記載があったので、ギガらくWi-Fiのサポートへ連絡すれば大丈夫でしょう。

また、利用規約によると、急な解約も大丈夫そうです。解約金が高額なので、最低利用期間内の解約には注意してくださいね。

2.不本意に契約してしまった場合、クーリングオフは使用可能?

「ギガらくWi-Fi」というサービスは、光回線のオプション契約という位置づけになります。この場合、契約締結は口頭のみで成立してしまうため、悪質な電話勧誘も多いんですよね…。

まず、「ギガらくWi-Fi」をはじめ、光回線などの通信サービスはクーリングオフの適用外となっています。その代わりに「初期契約解除」という、似たような制度が用意されています。

ただ、「ギガらくWi-Fi」自体は固定回線サービスのオプション的な位置づけです。総務省発行の「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」を読んでみましたが、ギガらくWi-Fi単体で申込した場合に適用されるかは曖昧な部分です…。

また、「第2章 契約前の説明義務 第1節 対象範囲」によると、法人契約の場合は説明義務が適用されないようです。契約期間などの正式な説明がなくても問題ない、という事になってしまいます…。

そのため、法人として契約している場合、騙されるような形で契約してしまった場合でも違約金の免除や返金等は難しいかと思われます。

なので、既に不本意に契約してしまった方には申し訳ないのですが、違約金を免除する事は難しいでしょう…。もし2年契約だった場合、2年間使い続けても解約しても同じ金額支払う事になるので、そのまま契約しておくというのもアリだと思います。

上記は総務省の2019年9月改定「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」に記載されている内容から筆者が読み取った見解です。一応、消費者センターへも相談してみてくださいね。

ギガらくWi-Fiに関するQ&A3選

最後に、ギガらくWi-Fiに関するQ&Aを用意しました。気になる点はチェックしてみてください!

Q1.ギガらくWi-FiはNTT西日本エリアでも使える?

A.NTT西日本エリアでも利用可能です。

ギガらくWi-FiはNTT東日本の提供ですが、西日本エリアでも使用可能です。

Q2.勧誘で無料で使えるって言われたけど本当?

A.代理店の窓口によっては最初の数ヶ月だけ無料特典を用意していたりします。

が、無料は期間限定のものです。2年 or 5年の契約期間の縛り(高額な違約金も)もあるので、契約の際は十分に注意してください。

Q3.接続できない場合はどうすれば?

A.ギガらくWi-Fiの法人向けサポートへ連絡しましょう。

法人向けサービスなので、個人向けサービスよりもサポート品質が高いです。サポート対応も料金に含まれているので、遠慮なく相談してみましょう。

まとめ

ギガらくWi-Fi まとめ
  • オフィス・店舗向けのWi-Fiサービス
  • 最低利用期間が長く(2年 or 5年)、解約金が相当高額なので注意
  • Wi-Fiに加えてオフィス・店舗で便利な付加サービスがついている
  • 店舗でお客様用Wi-Fiを用意したい方、Wi-Fi利用者のデータを収集してマーケティングに活かしたい方へおすすめ!

この記事では、NTT東日本提供の法人向けサービス「ギガらくWi-Fi」について解説しました。

ただのWi-Fiとして使うのは勿体ないので、色々と用意されている付加サービスは是非活用してください!

主に店舗用のフリーWi-Fiとして、便利な機能がたくさん付いています。社内Wi-Fiとしても便利ですし、導入前にNTTへ相談するのもおすすめです。

悪質な勧誘のせいで評判が悪くみえますが、サービス自体はいいものです。オフィス、店舗へのWi-Fi導入を考えている方は是非検討してみてくださいね。

ギガぞうのトップページ
評判はどう?公衆無線LAN「ギガぞう」メリットデメリット7で全解説!公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスの「ギガぞう」について徹底解説!サービス内容詳細・料金・評判などを紹介しています。料金がかなり安く、外出先でのデータ通信量を節約したい方にはおすすめのサービスです!...
VPN接続のアイキャッチ画像
VPN接続とは?仕組みや利用目的を簡単に解説!【利用シーン5つ紹介】 VPN接続とは?セキュリティ対策として効果的! VPN接続とは「Virtual Private Network」の略で、イ...
フレッツ光の法人向けキャッシュバックキャンペーン NEXT
【法人向け】フレッツ光のキャッシュバックキャンペーン8社を徹底比較!法人向けのキャッシュバックキャンペーンのみを実施している「フレッツ光」のお得な申込先を紹介しています。法人向けサービスが多種用意されているフレッツ光の契約を検討している方は参考にしてみてください。...
フレッツ光の法人契約と個人契約の違いを徹底比較!
フレッツ光の法人契約について徹底解説!メリットや個人との違いは?「フレッツ光の法人契約と個人契約の違いってなに?」や「フレッツ光の法人契約と個人契約の具体的な違いを知りたい!」等はフレッツ光の利用を検討している方なら必ず考えることです。ここでは、フレッツ光の利用歴7年の私が、分かりやすく解説していきます!...
料金を確認・検索する
【フレッツ光の料金確認方法】プランと明細をしっかり把握しよう!フレッツ光の月額料金をすぐに確認・検索する2つの方法を紹介します。問い合わせ窓口は「電話」「公式サイト上」とこちらの都合に合わせて利用できるので、外出先でも簡単に確認することが可能です。NTTが提供するビリングサービスに登録しておくと、月額料金が100円以上安くなるのでお得です!...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA