【元販売員が語る光回線の全て!】2019年のおすすめを徹底比較!

評判悪い?府中インターネットのデメリット4つとメリット6つで全解説

府中インターネット

転送量・帯域制限 制限なし
回線速度 1Gbps ベストエフォート型
初期費用 2,500円
月額料金 4,464円~
特徴
  • 通信総量制限・通信制限がない
  • 契約期間の縛りがない
  • 初月無料で利用できる
  • 違約金がない
  • 年間まとめ払いなら1ヵ月無料
  • クレジットカード以外の支払いも選べる
編集部Jun
編集部Jun
こんにちは「なるほどwifi」編集部のJunです。

この記事では、府中インターネットの評判を調査し、
メリットとデメリットをまとめてた上で、徹底的に分析してみました。

「通信総量制限」「通信制限」がないというのが、府中インターネットの特徴ですが、プロバイダとしての評判やデメリットが気になっているのであれば、この記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

府中インターネットのお申込みはこちら

目次

府中インターネットの悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

まずは府中インターネットのネット上の評判を調査し、悪い評判と良い評判をそれぞれ徹底解説しています。府中インターネットユーザーの生の声を参考にプロバイダとしての評価をみていきましょう。

府中インターネットの悪い評判

悪い評判は回線速度が遅いという声が多くみられました。

どのプロバイダでも評判を調べると、回線速度についての不満は出ますが、府中インターネットでも回線速度が遅いという評判が見られました。回線速度以外のサポートや契約時の不満などについてはあまりみられませんでした。

それでは続いて良い評判をみていきましょう!

府中インターネットの良い評判

府中インターネットに回線を乗り換えたら、表示速度が速くなったという口コミが多く、おすすめプロバイダとして紹介している口コミも見られました。

府中インターネットの評判まとめ

インターネット上の評判は、全体的には良い評判の方が目立っていました。

悪い評判については、主に「回線速度が遅い」ということでしたが、逆に良い評判では「回線速度が早い」という声がかなり聞かれたので、総合的にみると良い評判が、多くみられました。

回線速度については、使う時間帯、場所などさまざまな要因があるので、速度が速いと評判のプロバイダでも、速度がそれほどでないというケースもありそうです。

プロバイダを10社以上使用したうえで、速いという口コミや、プロバイダを府中インターネット乗り換えたら今までと比較にならないくらい早いといった評判もあります。

回線を増強したという評判もあり、インターネット環境の整備も定期的に行われている印象で、接続環境の品質を上げたいというユーザーへの配慮もみられたように感じました。

以上のようにインターネット上の評判を総合的に見ると府中インターネットの評判は良いといえます!

次に、こちらの口コミを踏まえたうえで府中インターネットのメリット・デメリットをみていきましょう!

府中インターネットの6つのメリット

それでは府中インターネットの6つのメリットを順にみていきましょう!

府中インターネットのメリット①:通信総量制限・通信制限がない

プロバイダ名 通信総量制限 通信制限
府中インターネット なし なし
NURO光 なし なし
auひかり 1日30GB(週3回) なし
So-net光 1日30GB 混雑時規制
GMOとくとくBB なし P2P規制

まず府中インターネットの最大のメリットは「通信総量制限」「通信制限」がないことです。主要なおすすめプロバイダと比較しても通信総量制限・通信制限がないのは魅力です。

通信総量の制限は、たくさんの動画を見たり、大きなファイルをダウンロードしたりと、ネットでのデータのやりとりが多い場合に制限がかかります。

そもそも制限にかかってしまうユーザーは、普段から多くのデータをやりとりする人なので、制限が入り通信速度が極端に遅くなると通常のユーザーよりも大きなストレスになります。

プロバイダ側は大量のデータを通信されると、サービスを提供している他の利用ユーザーが影響を受け、安定したネット回線の環境を提供することができなくなります。プロバイダは、多くのユーザーに快適にネット環境を利用してもらうために通信総量の制限をかけています。

また特定の通信方式である「P2P」などは大量のデータをファイル転送するため、プロバイダで制限をかけていることが多く、制限がかかってしまうとファイル転送やオンラインゲームなどが快適に利用できなくなります。

「通信総量制限」「通信制限」がないということは、とても大きなメリットといえます!

あわせて読みたい
P2P
【P2P規制・制限なし】おすすめプロバイダを徹底比較!P2Pの規制・制限がないおすすめのプロバイダを「転送量」「帯域制限」「速度」「料金」などで徹底比較して紹介します!P2P規制なしのプロバイダを選ぶときの3つのポイントを解説したうえで、おすすめプロバイダを紹介して、なぜP2P規制があるのかも解説しています。P2P規制なしプロバイダ選びの参考にして下さい!...

府中インターネットのメリット②:契約期間の縛りがない

プロバイダ名 最低契約期間
府中インターネット なし
NURO光 2年間の継続契約
auひかり 6カ月間
So-net光 長割適用の場合
GMOとくとくBB 1カ月

府中インターネットは契約期間の縛りがありません。多くのプロバイダではサービスの利用が、申し込みから最低6カ月は解約できないことが条件だったりします。

利用してみてあまり回線のスピードが出ないので、やっぱり他のプロバイダに乗り換えたいという場合にも、契約期間を気にせずすぐに乗り換えが可能です。

府中インターネットのメリット③:初月無料で利用できる

利用初月無料
府中インターネットは初月は無料で利用できます。申し込み時に初期費用が必要になりますが、その分初月の月額利用料がかかりません。

他プロバイダと比べて初期費用がかかるということが気になる方もいると思いますが、利用料が初月無料ということは実質初期費用がかからないプロバイダと条件は同じと考えても問題ありません。

府中インターネットのメリット④:違約金がない

プロバイダ名 違約金
府中インターネット なし
NURO光 9,500円
auひかり 7,000円~15,000円
So-net光 20,000円
GMOとくとくBB 9,500円~24,800円

府中インターネットは解約の時に違約金がありません。ネット環境に不満があったり、他プロバイダに乗り換えたい場合でも解約するのに費用がかかりません。

例えば、2年で契約が更新されてしまうプロバイダの場合、契約時期を気にしながら利用する必要があります。契約時期を忘れていて知らないうちに自動更新され、また違約金が高くなっていたなどの心配はありません。

府中インターネットのメリット⑤:年間まとめ払いなら1ヵ月無料

年間まとめ払い
年間でまとめて支払うと、1ヵ月分の費用が無料になるので、支払う総額費用がおトクになります。一括支払いができるのであれば、ぜひまとめ払いを利用して府中インターネットをおトクに利用しましょう!

府中インターネットのメリット⑥:クレジットカード以外の支払いも選べる

クレジットカードで支払う
クレジットカード払いしか利用できないプロバイダもありますが、府中インターネットは月々払いは「クレジットカード」「口座振替」の2つの支払い方法が選べます。

年間まとめ払いであれば「クレジットカード」「口座振替」に加えて、コンビニやネットバンク、ATMで支払える「マルチペイメント」も利用することができます。

以上府中インターネットの6つのメリットを解説しました。次章ではデメリットについて紹介していきます。

府中インターネットの4つのデメリット

府中インターネットのデメリットは主に費用に関する部分となります。それでは4つのデメリットについて解説していきますね。

府中インターネットのデメリット①:キャッシュバックがない

プロバイダ名 キャッシュバック
府中インターネット なし
NURO光 35,000円
auひかり 38,000円~50,000円
So-net光 38,000円~45,000円
GMOとくとくBB 15,000円

府中インターネットにはキャッシュバックがありません。2年縛りだったとしても総額4万~5万のキャッシュバックを受けることが出来れば、総額費用にかなりの違いが出てきます!

月額費用にそれほど違いがなくてもキャッシュバックを受けられるかどうかで、総額費用を抑えることができるので、キャッシュバックがないことは府中インターネットのデメリットになります。

府中インターネットのデメリット①:初期費用(2,500円)がかかる

プロバイダ名 初期費用
府中インターネット 2,500円
かもめインターネット 0円
ちょっパヤ!ネット 無料
auひかり 初期費用相当額割引

初期費用無料というプロバイダが多い中、府中インターネットでは2,500円の初期費用がかかります。ですが、そのかわりに初月の利用料が無料になるので、他プロバイダと比べる場合、初月無料になるかも比較する項目として確認することをおすすめします。

府中インターネットのデメリット③:利用料は日割り計算されない

日割りを計算している
府中インターネットでは利用料は日割り計算されないので、解約する場合、月の途中でサービスを止めることができず月末で利用終了となります。

府中インターネットのデメリット④:年間まとめ払いで支払うと途中解約でも返金されない

まとめ払い
まとめ払いについては、途中解約でも返金されません。

まとめ払いは支払い費用が1ヵ月おトクになりますが、途中でサービスをやめたくなったり、プロバイダを乗り換えたい場合は、支払い分が返ってこないので、途中解約しなければいけない場合はとても困りますよね。。

まとめ払いは、返金されないリスクも考えて選ぶ必要がありそうです。

上記からわかった!府中インターネットをおすすめする人しない人

6つのメリットと3つのデメリットをふまえて、府中インターネットをおすすめする人、しない人をまとめました。プロバイダはライフスタイルに合わせて選ぶことで、最適なネット環境を選んだり、ムダな費用を支払わないようにすることができます。

府中インターネットが自分のライフスタイルにあっているかどうか確認してみてくださいね!

府中インターネットをおすすめしない人

府中インターネットをおすすめしない人
  • 動画やゲームなどを利用しない人
  • ニュースサイトの閲覧やSNS、メールくらいしかネットを利用しない人
  • 今のプロバイダで満足している人

府中インターネットをおすすめしない人ですが、ネットの利用はニュースサイトの閲覧やSNS、メールくらいであまり多くのデータやりとりが必要ない人にとっては、「通信総量制限」「通信制限」がないことにそれほどメリットはありません。

「通信総量制限」「通信制限」は動画をみたり、ゲームをしたり、ファイルのやりとりを行ったりなどデータ転送量の多いユーザーにとってはとても魅力のあるメリットですが、ネット利用がそれほど多くない人には必要ないので、もっと費用が安いプロバイダの利用をおすすめします。

府中インターネットをおすすめする人

府中インターネットをおすすめする人
  • データの容量を気にせずネットを利用したい人
  • P2Pや、特定ポートの利用など気にせずネットを利用したい人
  • まとめ払いでも良いので費用の総額を安くしたい人
  • 現在のプロバイダの回線速度に不満がある人

ここまで何度もご紹介していますが、まず府中インターネットの最大の特徴は「通信総量制限」「通信制限」がないことです。日々のデータ容量を気にせずネットを利用したい人やP2Pでデータのやりとりを行いたい人には、とてもおすすめのプロバイダです。

口コミや評判でもご紹介したように、回線速度も満足しているユーザーが多くみられるので、ご自身がおすすめする人に当てはまるようであれば、府中インターネットの利用も検討してみましょう!

府中インターネットの申し込み方法⇒工事⇒解約までの流れ

府中インターネットの申し込み方法から工事、解約までの流れまでを解説します。

申し込み方法は3ステップでカンタンに行うことができますし、解約も申請フォームから解約申請するだけで手続きは完了します。工事についてはインターネット回線を既に利用している方は必要ありません。こちらも順を追って解説していきます。

府中インターネットの申し込み方法について!

申し込み3つのSTEP
  1. STEP1:公式Webサイトの専用フォームから申込みをする
  2. STEP2:利用料金の支払い
  3. STEP3:利用開始の案内がメールで届く

申し込み方法は、以上の3つのSTEPで完了します。
詳細については下記公式サイトを参考にしてみてください。

専用フォームから申込みを行うと、事務局からお手続きに関するご案内が届くので、支払いを行います。

支払いについては「クレジットカード」「口座振替」「マルチペイメント」の3つの方法を選ぶことが出来ます。

支払いが済んだら、利用開始をメールが届くので、アカウントを設定すれば利用を開始できます。

府中インターネットの工事費や工事の流れをザックリ解説!

府中インターネットはプロバイダなので、すでにフレッツ光などの回線を利用しているのであれば、工事は不要になります。
プロバイダを乗り換える場合はサービスを申し込み接続設定を行うだけなので、工事はいりません。

インターネット回線を初めて利用する場合に、府中インターネットのプロバイダ契約とは別に「フレッツ光」などののインターネット回線工事費がかかります。

フレッツ光」の場合、新規で申し込む場合通常15,000円程度の工事費用がかかります。加えて土日の工事の場合3,240円の追加費用がかかります。
工事費用の詳細は下記の公式ホームページで確認できます。

インターネット回線の工事自体は1時間程度で終わり、設備状況によっては立会いが不要な場合もあります。
「フレッツ光」の場合、インターネット回線の工事の流れの詳細は、下記公式ホームページで確認してみてください。

府中インターネットの通信速度が遅い&繋がらないという事象について

ネット上の評判や、Webサイトを確認すると、「通信速度が遅い」とか「繋がらない」などの内容がみられます。

また障害が発生すると、復旧まで時間がかかるなどのウワサもあります。

府中インターネットは公式サイトのトピックスで障がい情報を公開しており、障害状況を確認すると2017年は4件、2016年は6件の障害が発生していますが、2018年は障害発生がなく、ネットが繋がりにくくなるのは、定期メンテナンス時のみだったので、現在のネットの通信環境は比較的安定しているといえます。

府中インターネットの解約方法について

府中インターネットの解約は、公式ホームページの「解約申請フォーム」に、必要事項を入力して解約申請すれば完了します。

注意点として解約は前月末日までに連絡する必要があるので、解約をしたい月の前月末までに申請を行いましょう。もし利用料金の未納がある場合は、解約をすることができないので、未納金がある場合も注意が必要です。

解約申請後は、事務局より所定のアドレスにメールが届くので、解約手続きのメールが届いて、解約は完了になります。府中インターネットの解約手続きはとてもカンタンですね。

続いて、府中インターネットの7つのよくある疑問について解説します!

府中インターネットのよくある7つの疑問を解決!

Q1:帯域制限はありますか?

府中インターネットは、帯域制限は特にありません。

ただし以下の3つの条件に当てはまる場合、帯域制限をかけることがあるようです。通常のネット利用では特に問題ない条件だと思いますが、帯域制限が気になる方は条件を確認しておきましょう!

  1. 法令や規約、注意事項に違反する行為があった場合
  2. 通信設備などに過度の負担がかかる。またはかかる事が予見できる場合
  3. 著しく他のユーザーに影響を与える通信をしている場合

Q2:最大通信速度は常に保証されますか?

府中インターネットはベストエフォート型のサービスですので、通信速度は保証されていません。

サイト上の表示速度は、ベストな状況のときの下りの通信速度であり、ネットワークの混雑状況や、他の回線からの干渉などによって通信速度の低下が生じることがあるので、必ず表示スピードがでるわけではありません。

Q3:モデムやルータのレンタルはありますか?

府中インターネットはプロバイダのみのサービス提供なので、モデムやルータなどの機器のレンタルはしていません。

モデルのレンタルが必要であれば「フレッツ光」などのネット回線事業者からレンタルをしましょう。ルータを使用したい場合は自分で用意する必要があります。

Q4:ルータの設定はどうすればいいですか?

ルータの設定については、ルータを販売しているメーカーに問い合わせてみましょう。府中インターネットではルータを取り扱っていないので、ルータの設定についてはサポート外となります。アカウント情報通知書を元にルーターの製造メーカーへ相談してみましょう。

Q5:接続の設定方法を教えていただけますか?

各OSの接続設定についてはインターネット接続の設定方法により確認できます。

電話でのサポートも対応しているので、接続設定で困った場合は、サポートコールセンター(0800-800-6244)まで連絡してみましょう。

Q6:DNSの設定はどうすればいいですか?

DNSの設定は「自動取得」が推奨されています。通常は初期設定で「自動取得」になっているので特にDNSの設定は必要ありません。

Q7:何度試してもネット接続が上手くいきません。

まずアカウント名・パスワードの入力に間違いが無いか確認をしてみましょう。

接続設定は、郵送で案内が来る「会員証」に「接続アカウント・接続パスワード」が記載されています。

パスワードには大文字、小文字の区別があるので、大文字と小文字にも注意します。また利用中のNTT回線と府中インターネットのお申込み時に選択した種別が違うと接続できない場合もあります。

以上に問題が無い場合は、各機器の電源・LANケーブル・ランプ等に異常が無いか確認してみます。あとはNTT回線自体が利用できる状態かも確認してみましょう。

府中インターネットの会社概要

運営会社 株式会社ネットフォレスト(NETFOREST,Incorporated)
住所 〒221-0052 横浜市神奈川区栄町5番地1 横浜クリエーションスクエア16F
電話番号 045-548-5548
主な事業 Web デザイン・Web システムの開発(企画立案から運用まで)
ネットワーク・運用管理(BGP・オペレーションからサーバ構築・運用まで)
インターネットサービスプロバイダー事業
セキュリティ製品の販売・サポート(Dr.Web、脆弱性診断)
ビデオオンデマンドシステムの販売・サポート
コワーキングスペース・貸し会議室
加盟団体 (一社)日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
(一社)日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)
(一社)神奈川県情報サービス産業協会(KIA)
NPO 法人 地域間高速ネットワーク機構(IXO)
NPO 法人 日本情報技術取引所(JIET)
ニッポンクラウドワーキンググループ(NCWG)
設立 2000年4月

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA