【初心者マニュアル】自宅&外出用のWi-Fiを契約する全手順を解説!

【無料フリーWi-Fiは危険?】その理由と危機の回避方法を徹底解説!

ハッキングする悪人
編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
こんにちは!なるほどWi-Fi編集部のヨッシーです!

無料のフリーWi-Fiを設置しているお店や場所がたくさんあるけど、フリーWi-Fiって危険なの?」や「よくフリーWi-Fiは危険だ!って言われてるけど、すべてのフリーWi-Fiにあてはまるの??」など・・・

外出先で高速通信を無料で使える便利なフリーWi-Fi。その反面、一部の悪意がある人によってハッキングされる危険性があることも事実・・・

「本当にすべてのフリーWi-Fiが危険なのか?」とか「安全なフリーWi-Fiと危険なフリーWi-Fiの見分け方を知りたい」など、最近はこれらの疑問を頻繁に耳にするようになりました。

ここでは「フリーWi-Fiを利用する際に注意する点や危機回避の方法を知りたい!」というアナタの疑問にわかりやすくお答えします!

無料フリーWi-Fiが危険と言われるおもな理由は暗号化の有無だった!

情報を盗もうとする悪人結論から言いまして、無料のフリーWi-Fiはほとんど暗号化されていません。コンビニや公共施設等で使えるフリーWi-Fiですがその利便性の反面、セキュリティに危険が伴います

暗号化がされていない無料のフリーWi-Fiは常に悪人によるハッキングの可能性と隣り合わせです。

暗号化されているフリーWi-Fiも、そのほとんどが利用者全員が同一のパスワードであるケースが多いです。

悪意のある人がその気になれば、少しの知識と簡素な道具で簡単に他人の情報を盗み取ることが可能です。

厳密に言えば、自宅で使用している無線LANのパスワードが外部に漏れれば、フリーWi-Fiと同様の危険性は発生しますが、その確率はかなり低いですよね?

誰もが簡単に利用できるフリーWi-Fiは『利用者全員で同じパスワードを共有、もしくはパスワードが不要のフリーアクセス』という特徴があります。

ですので、その特徴をよく理解して利用の必要性を検討してください。ここではフリーWi-Fiの暗号化の必要性と脆弱性を解説していきます。

無料のフリーWi-Fiが暗号化されていないのはナゼ?

まず、暗号化されていないことの何を恐れているのかと言いますと、「パスワード不要、もしくは同一のパスワードで不特定多数の人が同じアクセスポイントを共有する」ことが最も危険なことなのです。

本来ならコンビニや公共施設等で使えるフリーWi-Fiの安全性を極めるなら、利用者ひとりひとりに専用パスワードが付与されるのが最善で理想的な方法です。

しかし、現行のシステムで不特定多数の方が利用するフリーWi-Fiで利用者ひとりひとりに専用パスワードを付与することはシステム的にもコスト的にも困難極まりないことかも知れません。

無料のフリーWi-Fiは別の呼び方で「公衆無線LAN」とも言われています。その公衆性を担保するためには複雑かつ、高コストの登録システムは導入しづらいのでしょう。

ですので、無料のフリーWi-Fiは利用者側で危機回避の対応策を講じて利用する必要は、もはや必須と言えるでしょう。

実は無料のフリーWi-Fiは暗号化されていても危険がある!

店舗や場所によっては暗号化されている無料のフリーWi-Fiが設置されているケースもあります。しかしその性質上、不特定多数の人が利用し続けるという状況が変わることはありません。

暗号化されているということは、パスワードがあるということですが、問題はそのようなフリーWi-Fiのほとんどのケースとして、利用者全員が同じパスワードを共有しているという点です。

これでは、利用者の中に悪意を持ったハッカーが潜んでいれば、ハッキングの危険が常に伴います。

ですので、繰り返しになりますが無料のフリーWi-Fiは利用者側で危機回避の対応策を講じて利用する必要は、もはや必須と言えるでしょう。

場所別に無料フリーWi-Fiの危険度を解説!

提供元の信頼性 暗号化設定率 ハッカー潜伏率 危険度判定
ホテル ★☆☆☆☆ ★☆☆☆☆
空港 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
カフェ ★★★☆☆ ★★★☆☆
コンビニ ★★★☆☆ ★★★★☆
公共施設 ★★★★☆ ★★★★★

まず、最初に筆者の私は無料フリーWi-Fiの利用に対して、かなりの慎重派です。

後述で詳細を解説しますが、無料フリーWi-Fiを便利に使えるスマホアプリでも、無料フリーWi-Fiへの『自動接続』は非推奨の立場です。

基本的に無料フリーWi-Fiを使わざるを得ない状況で、一番最適な無料フリーWi-Fiを必要最低限のアクセス時間で最大のセキュリティ対策をとる形が前提での解説となりますことをあらかじめご了承ください。

ホテルの無料フリーWi-Fiについて

危険度判定  提供元の信頼性 暗号化設定率 ハッカー潜伏率
ホテル ★☆☆☆☆

なるほどWi-Fi編集部が「一番安全性がマシ」だと判定したのはホテルのWi-Fiです。

まず、提供元がホテルなのでWi-Fi設置に対して悪意は無く信頼性が高いこと。そして、暗号化設定率が高いこと。

これはチェックイン時に自室に表記がある場合が多く、利用対象者が宿泊客のみとなるので危険度は抑えられると判断しました。

最後にハッカー潜伏率は低いと判断しました。これは宿泊客を特定することが困難であり、宿泊料を支払ってまでもハッキングするメリットが無いのでは?との考えからです。

ただし、悪意のある者がゼロという保証はどこにも無いので出来る限り、無料フリーWi-Fiの利用は控えるべきという意見は変わりません。

空港の無料フリーWi-Fiについて

危険度判定 2 提供元の信頼性 暗号化設定率 ハッカー潜伏率
空港 ★★☆☆☆

空港は無料フリーWi-Fiの利用者が一番多い場所ではないでしょうか?国際線のある空港ならなおさらだと思います。

近年の訪日客が多い状況で無料フリーWi-Fiの整備が一番求められる空港が提供元なので、悪意は無く信頼性が高いと言えるでしょう。

ただ、暗号化の設定率は高いと言えません。これは外国人でも簡単に無料フリーWi-Fiにアクセス可能とする利便性を考えると仕方ないことかも知れません。

空港でのハッカー潜伏率は低いと判断しました。無料フリーWi-Fiの利用者は群を抜いて多いですが、ログインIDやパスワードが必要なサイトにアクセスする確率が低いと考えます。

空港ではまず、ガイド系のサイトへのアクセスが多いと思いますので、ハッキングするメリットが無いのでは?と考えてしまいます。

ただし、空港でも悪意のある者がゼロという保証はどこにも無いので出来る限り、無料フリーWi-Fiの利用は控えるべきという意見は変わりません。

カフェの無料フリーWi-Fiについて

危険度判定 3 提供元の信頼性 暗号化設定率 ハッカー潜伏率
カフェ ★★★☆☆

カフェは無料フリーWi-Fiの利用者が多い場所のひとつです。カフェで無料フリーWi-Fiの利用者の特徴として、ビジネスへの用途が多いことがあげられます。

それゆえ、無料フリーWi-Fiの設置率は高いですが、大手のカフェから個人経営のカフェまで幅広い提供元なので、悪意は無くとも信頼性はすべてにおいて良好とは言えないかも知れません。

また、暗号化の設定率も高いと言えません。空港同様、不特定多数の来客者に対して、サクッと無料フリーWi-Fiにアクセス可能とする利便性を考えると仕方ないことでしょう。

カフェでのハッカー潜伏率は高くもなければ、低くもないと判定しました。「カフェが一番ハッキングに最適な場所なのでは?」との考えもあります。

しかし、カフェで無料フリーWi-Fiの利用者はITリテラシーが高い方も多いですし、大手のカフェではセキュリティ強化を訴えて注意喚起も行っています。

ですので、ハッカー潜伏率は普通と判定しました。ただ、普通ということは「必ず潜伏している」とも取れますので、セキュリティへの配慮はMAXにしておく必要はあります。

前述のホテル・空港と同様に悪意のある者がゼロという保証はどこにも無いので出来る限り、無料フリーWi-Fiの利用は控えるべきという意見はここでも変わりません。

コンビニの無料フリーWi-Fiについて

危険度判定 4 提供元の信頼性 暗号化設定率 ハッカー潜伏率
コンビニ ★★★☆☆

コンビニは無料のフリーWi-Fiの存在が最も知られている場所で、フリーWi-Fi利用者が非常に多い場所です。

コンビニのほとんどが大手の経営となるので、信頼性に関しては悪意が無く安心できる点が最大のメリットと言えるでしょう。

ただ、暗号化の設定率はかなり低いです。これも不特定多数の来客者に対して、無料フリーWi-Fiにアクセス可能とするためには設定しづらいのでしょう。

しかし、事前登録制を採用していて、メールアドレスの入力とその有効性の確認が必須のコンビニもあります。

コンビニでのハッカー潜伏率は意外と高いと判断しました。その理由はATMの存在です。コンビニの無料フリーWi-Fiは駐車場の車内からもアクセス可能で、ATM利用者の行動を目視可能です。

たとえば、コンビニでATMを利用した後に、ネットバンキングを使って振込する人は多いですよね?

ATMを使った後にスマホを触りだす人をターゲットにするが簡単にできるコンビニはハッカー潜伏率は高いと考えます。

ですので、ネットバンキング等の重要なサイトへのアクセスは、無料フリーWi-Fiの利用は控えるべきという意見は絶対です!

公共施設の無料フリーWi-Fiについて

危険度判定 5 提供元の信頼性 暗号化設定率 ハッカー潜伏率
公共施設 ★★★★☆

行政が管轄する公共施設での無料フリーWi-Fiの存在はあまり知られていないのが現状ですがその反面、訪日客のフリーWi-Fi利用者が非常に多い場所です。

公共施設と言っても、多岐にわたり点在し、システム設置に関しては信頼性に関しては悪意が無く安心できると言えます。なんせ オカミ 行政ですから・・・

ただし、暗号化の設定率は絶望的に低いです。

これは不特定多数の来客者に対して、無料フリーWi-Fiにアクセス可能とするためというより、セキュリティは利用者責任としてインフラ整備の面だけを強調する 行政 「オカミあるある」と言えるかも知れません。

なるほどWi-Fi編集部は公共施設でのハッカー潜伏率が最も高いと判定しました。その理由は公共施設は利用者に対して根拠のない安心感を与えます。

それゆえ、公共施設や役所内での長くなりがちな待ち時間等では、自宅と同様のネット閲覧をする人が多いと考えたからです。

ログインIDやパスワードを入力するサイトへ無造作にアクセスする環境はハッキング天国と言えるでしょう。

最終的な結論として、なるほどWi-Fi編集部は無料フリーWi-Fiの利用は控えるべきという立場であります!

無料フリーWi-Fiを使うときにiphoneなら大丈夫ってホント?

iphoneかアンドロイドか?
結論から言いまして、「iphoneだから無料のフリーWi-Fiでも大丈夫だ!」っということはまったくありません。

その反面、「Androidだから無料のフリーWi-Fiは危険だ!」っということでもありません。どちらも危険性は常に同様に存在しています。

ただし、後述のとおり有料・無料問わずセキュリティアプリはあります。アプリによっては「iOSだけ」とか、「Androidのみ対応」等の細かい条件があります。

セキュリティアプリの導入は、無料のフリーWi-Fiを利用する時における最大の危機回避の対応策となり得ますね。それゆえ利用料が高価なアプリが多いですが検討の余地はあるでしょう。

「iphoneだから無料のフリーWi-Fiでも大丈夫だ!」や「Androidだから無料のフリーWi-Fiは危険だ!」ということはなく、どちらも危険性は常に同様に存在しています。

【危険】無料フリーWi-Fiに接続中にやらないほうが良い3つのこと!

フリーWi-Fiの罠

結論から言いまして、無料のフリーWi-Fiは使わないほうが無難です。

しかし、どうしても無料のフリーWi-Fiを使いたいシーンは多かれ少なかれ、誰にでも発生することかも知れません。

であれば、無料のフリーWi-Fiを利用する際に注意する点を解説しなければなりません。これから説明する「してはいけない3つの大事なこと」を確実に覚えていてください。

①ログインIDやパスワードが必要なサイトの閲覧

無料のフリーWi-Fiに接続中にログインIDやパスワードが必要なサイトの閲覧は絶対に避けてください。特にネットバンキングやクレジットカードを使ったショッピング等も控えてください。

セキュリティの技術は日々進歩していますがその反面、残念ながらハッキング技術も日々進化しています。

どこでハッキング被害に遭遇するかわかりませんので、最低限のリスク回避は常日頃から心がけておきましょう。

②店舗内でPCの画面をそのままにして席を立つこと

カフェ等の店舗で無料のフリーWi-Fiの設置は常識といえるレベルに達してきました。しかし、安全が担保されている訳ではありません

無料のフリーWi-Fiの利用はすべて、自己責任が問われることです。こんな想像をするのは嫌なことですが、たとえばアナタの隣の席の人が悪意あるハッカーだったら・・・

考えただけでもゾッとしますがトイレや急用で短い間、離席せざるを得ない場合もありますよね。

本来ならPCを持って離席したいですが、そうもいかない場合は最低でもPCの画面は閉じて移動しましょう。

そんなチョットしたことでも、ハッキング被害に遭遇する確率は格段に低くなるので、覚えておいてください。

③SSIDを確認せずにフリーWi-Fiに接続すること

代表的な店舗のフリーWi-Fi SSID
セブンイレブン 7SPOT
ローソン LAWSON Free Wi-Fi
ファミリーマート Famima Wi-Fi
マクドナルド 00_MCD-FREE-WIFI

SSIDとは無線LANのアクセスポイントを識別するための名前でいわゆる「ネットワーク名」です。

実はこのSSIDをチェックすることを軽視している方が多いです。無料のフリーWi-Fiはほとんどの提供元がSSIDを公表していますので、フリーWi-Fiと接続する時には必ず確認するようにしましょう。

たとえば、悪意のあるハッカーがアルファベットの「O」数字の「0」の変えたSSIDの「LAWS0N Free Wi-Fi」というWi-Fi電波をローソンの近辺で発信していたとします。

これを知らずに偽のポイントにアクセスしてしまった人は残念ながらハッカーの餌食となってしまします。

ですので、無料のフリーWi-Fiは極力利用しない方が良いのですが、どうしても利用する場合は、SSIDの重要性を忘れないようにしてください。

無料フリーWi-Fiの危険を回避する方法はこの3つ!

危機回避する男

無料のフリーWi-Fiは便利ですが、その副作用として常に情報漏洩等のハッキングの脅威と表裏一体です。

そんな、無料のフリーWi-Fiを「どうしても安全に使いたい!」とワガママなアナタに必要最低限の危機回避策を3つお伝えします。

しかし、①と②の方法は完全ではなく、実行する際は自己責任でお願いします。結論的に③のみが完璧に危機回避できる方法となります。

①無料のフリーWi-Fiに接続中は『https』のサイトだけを利用する

まず、絶対的に重要かつ、基本的なポイントがあります!

  • 無料のフリーWi-Fiに接続する場合はブラウザでのネット閲覧のみ
  • それも『https』で始まるサイトにだけアクセスすること

「セキュリティのこと言われてもチンプンカンプンで分からない!」このようなユーザーは多いです。しかし、分からない!と大声をあげても悪意の魔の手は防げません。

本来ならば、このようなケースでは無料のフリーWi-Fiは利用しない判断をするべきですが、どうしても利用しなければならない方は「Safari」や「Chrome」等のメインのブラウザのみを使用し、アプリの使用は控えることを忘れないでください。

そして、ブラウザからも「https」で始まるURLのサイトにだけアクセスすることを忘れないでください。こうすることで最小限のハッキング対策となります。

②無料のフリーWi-Fiへ接続する際に『VPN』を利用しよう!

次に紹介する危機回避の対応策が「VPN(Virtual Private Network)」を利用することです。httpsともWi-Fiの暗号化とも違う方法で、サーバーとクライアントとの間の通信を暗号化する技術です。

技術面の詳細な解説は複雑で混乱を招きますので割愛しますが、簡単に言えば通信網をトンネルの中に通して通信させて、周囲から盗み見出来ないようにする技術です。

このVPNの利用法は有料・無料と料金面も含めていろいろ存在しますが、ここでは筆者も使っている無料のスマホアプリを紹介します。なお、筆者はiphoneユーザーですので、iOS版アプリで説明します。

WiFiプロテクト

WiFiプロテクト

TownWiFi Inc.無料posted withアプリーチ

 

まず、この『WiFiプロテクト』をスマホにインストールします。これで無料でVPNが利用可能となり、基本的にすべてのWi-FiをVPN経由することも可能となります。

wifiプロタクト wifiプロタクト
  1. 「次へ」をタップします。
  2. WIFI通信を「保護する」をタップします。
  3. 通知を「許可・許可しない」を選択してタップ。(どちらを選択してもでOK)
  4. インストゥールするために「Allow」をタップします。
  5. 「接続しているWIFIを保護する」をタップ。(自宅のWi-Fiでも保護します)
  6. 自宅のWi-Fi等で不要な場合は「保護をやめる」をタップ。

これでVPNの設定は完了です。ただし、「WIFIプロテクト」は無料のサービスですのでご利用の際は、いかなる事象にも自己責任でお願いします。

なるほどWi-Fi編集部としまして「フリーWi-FI自動接続機能」は非推奨ですので、この他のアプリや方法を活用して自動接続機能を設定される場合は自己責任でお願いします。

③なるほどWi-Fi編集部の総括は『無料のフリーWi-Fiは使わない!』

結論から言いまして、無料のフリーWi-Fiの最大の危機回避策は、無料フリーWi-Fiは使わないこの一択です。

無料のフリーWi-Fiのセキュリティを考えれば、前述の「HTTPS」や「VPN」の利用は必須と言えるでしょう。

しかし、ご自身のスマホからの情報漏洩を恐れ、無料のフリーWi-Fiのセキュリティを重要視するなら、無料のフリーWi-Fiは利用しない選択が最も無難です。

外出先で安全なWi-Fiで自由にネットにアクセスしたい!と切望される方は、有料とはなりますが無料のお試し利用もできる「WiMAX」等の携帯型Wi-Fiを利用されることをオススメします!

あわせて読みたい
WiMAXの無料お試しの申し込み方法や申し込み時の3つの注意点!「WiMAXのお試しってどうやって申し込むの?」「WiMAXのお試しをする時の注意点は…?」などなど、WiMAXのお試しについて調べている人は多いですよね…!そこで、この記事では「WiMAXの無料お試しの申し込み方法」「TryWiMAXを申し込むときの注意点」などについてまとめていきます。最後まで読んでいただければ、WiMAXのお試し(TryWiMAX)について基本的なことが理解出来ます。是非参考にしてくださいね…!...

ここまでのまとめ

無料フリーWi-Fiは危険?
  • 基本的に無料のフリーWi-Fiは常に危険と隣り合わせ!
  • フリーWi-Fiに接続中はログインIDやパスワードが必要なサイトへはアクセスしない!
  • なるべくなら無料のフリーWi-Fiは使わない!

基本的に無料のフリーWi-Fiは常に危険と隣り合わせということを忘れないで、なるべくなら無料のフリーWi-Fiは利用しないことが最大の危機回避策です。

「外出先で安全なWi-Fiで自由にネットにアクセスしたい!」や「どうしても外出先でビジネスのためにネットにアクセスすることが必要」と言われる方は、無料のお試し利用もできるWiMAX等の携帯型Wi-Fiを利用されることをオススメします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA