【17社比較】海外用レンタルWi-FiルーターおすすめBEST10を徹底解説!

機内モードとは?3つの活用方法と5のメリット3のデメリットを全解説!


mori
mori
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のmoriです。

「機内モードって何?」

「機内モードって何のために使うの?」

イマイチ機内モードがなんなのかよくわからないという方が多いのではないでしょうか?

主に機内モードは海外に行った際に利用することが多いですよね。しかし、実は機内モードは何も海外に限ったことではありません。

シーンによっては、日本でも機内モードを上手に活用することができますよ。

今回は、機内モードに関する概要をはじめ、その活用方法からメリット・デメリットまでご紹介していくので、よかったら参考にしてみてくださいね。

目次

機内モードとは?LINEや電話はできないの?

機内モードオンの状態 機内モードオン+Wi-Fi利用
電話
インターネット通信
(メール・LINE・YouTube・Instagram・Facebook・Twitterなど)
GPS
Bluetooth
アラーム
通知

機内モードとは、飛行機の運転に差し支える電波を遮断する機能のことです。機内モードをオンにすることで電話回線・ネット回線・GPS・Bluetoothなどの通信がストップしてしまいます。

機内モードをオンにした状態だとデータ通信量はかかりませんが、インターネット検索はもちろんLINE・電話・メール・YouTube・Instagram・Facebook・Twitterなども利用することができません。

しかし、機内モードでもWi-Fiに接続することで、機内モードの状態では使えなかった通信機能を利用することができます。

主に海外に渡航した際などに利用するケースが多いと思います。機内モードにした状態でWi-Fiに接続してインターネットを利用することで高額請求を避けることができます。

では、他に機内モードにはどういった活用方法があるのでしょうか?次に、機内モードの活用方法を確認していきます。

機内モードの3つの活用方法を解説!

  1. 海外での思わぬ高額請求を防止できる!
  2. LINEの既読を付けずに読むことができる!
  3. Wi-Fiに接続することでインターネット利用ができる!

ここでは機内モードの3つの活用方法についてご紹介していきます。機内モードの利用は何も海外渡航に限ったことではありません。

以下の活用方法を参考に機内モードをシーンに合わせて有効活用していきましょう。

1、海外での思わぬ高額請求を防止できる!

海外にいる場合などで余計な通信量をかけたくないときにとても有効です。普段使っているスマホをそのまま海外で同じように使った場合、高額な料金が請求される可能性があるからです。

というのも自動的に海外の基地局の電波をキャッチしてしまうので、日本の定額制が適用されない海外で使おうとすると料金が異常に高くなります。

思わぬ高額請求をされないためにも海外にいる際は基本的に機内モードにしておきましょう。

2、LINEの既読を付けずに読むことができる!

機内モードの状態なら基本的にLINEを利用することはできませんが、一時的にメッセージの既読を付けずに読むことができます。

方法は簡単で機内モードの状態でLINEを開き、既読をまだ付けたくない相手のトークを開くだけです。

ただし、機内モードを解除した瞬間に既読がついてしまうので解除するタイミングを見計らってするようにしましょう。

3、Wi-Fiに接続することでインターネット利用ができる!

Wi-Fiに接続することで機内モードのままではできなかった、メール・LINE・YouTube・Instagram・Facebook・Twitterなどができるようになります。

接続方法はとても簡単で、機内モードの状態のまま設定からWi-Fiをオンにして、繋ぎたいWi-Fiを選択しパスワードを入力するだけです。

料金に関しては、もちろん有料Wi-Fiでない限りかからないので安心して利用することができますよ。

ですので、基本的に機内モードで過ごすことが多い海外ではとても役立ちます。また、海外Wi-Fiをレンタルしていくことで、渡航先でも自分のタイミングで快適なインターネット利用ができるのでおすすめですよ。

おすすめの海外Wi-Fiをチェックする

機内モードの5つのメリットを解説!

  1. バッテリーの消費を抑える
  2. 充電速度が速まる
  3. ネットの通信状況が改善される
  4. オンオフの切り替えが楽
  5. 予期せぬ着信を防ぐことができる

ここでは、機内モードの5つのメリットについてご紹介していきます。それでは、それぞれチェックしていきましょう。

1、バッテリーの消費を抑えられる!

機内モードオンの状態だと電池の減りをかなり抑えることができます。

ですので、スマホの電池残量が少しの場合、機内モードを活用することで電池を節約して利用することができますよ。

特に電波が悪い場所では、端末が電波を探そうと試み続けてしまうのでバッテリー消費が一層激しくなります。機内モードを活用することでバッテリー消費を軽減することができますよ。

2、充電速度が速まる!

通常よりも充電速度を速めることができます。

機内モードで通信機能がオフの状態になっているので、その分充電のスピードが速まるという感じになります。

劇的に速くなるというわけではないですが、朝急いでいるときなどで少しでも速く充電をしたいときは効果的なのでぜひ試してみましょう。

3、ネットの通信状況が改善される!

ネットの通信状況がいまいち良くない時、機内モードのオン・オフをすることで通信が改善することがあります。

機内モードのオン・オフを繰り返すことで再度電波を拾おうとするからです。通信状況に不具合が感じられる場合は一度試してみてください。

4、オン・オフの切り替えが簡単!

機内モードのオンとオフの切り替えが簡単ですぐにできるのでとても楽なのがいいですね。

上記の3にも関連しているのですが、通信状況の不具合を解消したい時などにわざわざ電源を切る必要もないのでとても便利です。

再起動するものもちろん効果的ですが、時間がかかってしまいますよね。機内モードの場合すぐに切り替えができるので何かと便利です。

5、予期せぬ着信を防ぐことができる!

予期せぬ着信を防ぐことができるので、シーンによってはとても有効活用することができます。

たとえば、映画館で映画を見る時や会社での会議の時などの前に機内モードにしておくと、着信がくることはありません。

余計な着信に妨げられたくないという時は機内モードをオンにしておきましょう。

機内モードの3つのデメリット…

  • 1、電話やSMSの着信が来ない…
  • 2、インターネット利用ができない…
  • 3、地図アプリを使用する際はあらかじめオフラインマップをダウンロードしておく必要がある…

ここでは、機内モードの3つのデメリットについてご紹介していきます。それでは、それぞれチェックしていきましょう。

1、電話やSMSの着信が来ない…

機内モードのデメリットでまず挙げられるのが、電話やSMSの着信が来ないことです。ですので、もちろん着信音がなることや着信画面が表示されることもありません。

機内モードを解除した時に、機内モード中に着信があった旨のメールが届くようになっています。

Wi-Fiに繋いでいるとLINEなどでの着信は可能ですが、通常の電話は着信しないので仕事などで利用する機会が多い場合は機内モードをオフにしておくようにしましょう。

2、インターネット利用ができない…

最初にご説明した通り、機内モードの状態では通信を遮断するためインターネットが利用できません。つまり、インターネット通信を必要とするLINEをはじめ、Instagram・Facebook・Twitterなどといったアプリも同様に利用できないことになります。

そのため、機内モードに設定している間はアプリからの最新情報が入ってこなくなります。ただし、アプリ自体の起動はできるのでメッセージを閲覧することは可能です。

ですので、機内モードの状態でインターネットを利用したい場合はWi-Fiに接続する必要があります。

3、地図アプリを使用する際はあらかじめオフラインマップをダウンロードしておく必要がある…

もし、機内モードで地図アプリを利用したい場合、オンライン環境下であらかじめ「オフラインマップ」を保存しておくか、オフライン環境でも使える地図アプリをインストールしておきましょう。

というのも、機内モードでも携帯のGPSにより地図アプリで現在地を知ることはできますが、GPSが正確に表示されないこともあるからです。また、インターネットに繋がっていないため、地図を検索することはできません。

上の画像はGoogleマップのオフラインマップのダウンロード方法になります。オンラインに比べて機能は制限されていますが、オフラインマップをダウンロードしておくことで、機内モード状態であってもマップの閲覧や経路検索などが行えるので便利ですよ。

機内モードの状態で海外でインターネットを利用するなら海外Wi-Fiがおすすめ!

プラン数の豊富さ サポート おすすめ度
グローバルWi-Fi
イモトWi-Fi
Wi-Ho!(ワイホー)

海外で機内モードでネットを利用するなら海外Wi-Fiがおすすめです。海外Wi-Fiは、専用の海外Wi-Fiルーターに接続することで海外でも日本と同様にインターネットが楽しめるというものです。

通常海外でそのままインターネットを利用しようとすると、高額な料金が請求されかねませんが海外Wi-Fiならその心配はありません。

海外Wi-Fiは高品質なサービスが低価格で受けられますし、サポートまで充実しているので海外でも安心して利用することができますよ。

とは言っても、「無料Wi-Fiで十分じゃないの?」と思われるかもしれません…。

でも実は…無料Wi-Fiだけでは厳しいんです。というのも、無料Wi-Fiは利用できる場所が限られていますし、通信速度や接続の状態が不安定なことが多いからなんです。

わざわざWi-Fiスポットに行くことも面倒ですよね。満足に利用できない状態では観光するのに大変不便です。

海外Wi-Fiなら申し込み・受け取りがとても簡単で、現地についてWi-Fiに接続したらすぐに使うことができます。自分のタイミングで利用できるので、Wi-Fiスポットを探し回る必要もありません。

日本にいる時みたいにLINE・YouTube・SNSが利用できますよ。海外で機内モードの状態でも快適にインターネットを楽しみたいなら日本からぜひ海外Wi-Fiをレンタルしてみてくださいね。

また、他の記事では海外レンタルWi-Fiの比較をより詳細にまとめてあるのでよかったら合わせてご覧になってみてくださいね。

機内モードの設定方法・解除方法を3つのデバイス別に解説!

  1. iPhoneの場合
  2. Androidの場合
  3. PCの場合

ここでは、機内モードの設定方法と解除方法を3つのデバイス別に解説していきます。機内モードの設定方法と解除方法がわからない方は参考にしてみてくださいね。

1、iPhoneの場合

iPhoneの機内モードの設定・解除方法はとても簡単です。

画面をスワイプして1タップで機内モードのオン・オフの切り替えができます。もちろん、設定から機内モードを変更することもできます。

  1. iPhoneの「ホーム」画面を開き、画面を上から下にスワイプします。
  2. 「コントロールセンター」が表示されるので、「機内モード(飛行機のアイコン)」をタップします。
  3. 「機内モード(飛行機のアイコン)」の色が変化すれば完了です。

2、Androidの場合

参考:スマホお悩みサポートメニュー

設定から簡単に機内モードを切り替えることができます。

もちろんAndroidに関しても同じように、画面をスワイプしてから機内モードのオン・オフの切り替えも可能です。

  1. 「設定アプリ」を起動する。
  2. 「データ通信・機内モード」をタップ。
  3. 「機内モード」をタップ。

3、PCの場合

Windowsの場合は、画面右下のWi-Fiアイコンをクリックすると機内モードがあるのでクリックするだけです。

ない場合は、「ネットワークとインターネットの設定」から機内モードを選択することができます。

  1. 画面右下のWi-Fiアイコンをクリック
  2. 機内モードアイコンをクリック
  3. 「機内モードのアイコン」の色が変化すれ完了です。

機内モードに関するよくある質問を解説!

  • Q1、機内モードでLINE(ライン)は使える?
  • Q2、海外で機内モード状態でフリーWi-Fiを使うのはどう?
  • Q3、機内モードオンとモバイル通信オフだったら何が違うの?
  • Q4、機内モードの状態でアラームは鳴るの?
  • Q5、機内モードの状態で緊急地震速報はくるの?

ここでは、機内モードに関するよくある質問をご紹介していきます。よかったら参考にしてみてください。

Q1、機内モードでLINE(ライン)は使える?

機内モードがオンの状態では使えません。既読を付けずにメッセージの確認をすることはできますが、送受信・音声通話はできないので注意しましょう。

ただし、機内モードオンの状態でもWi-Fiに接続することでLINE(ライン)が使えるようになります。

Q2、海外で機内モード状態でフリーWi-Fiを使うのはどう?

正直あまりおすすめはできません。フリーWi-Fiは無料で利用できるので、旅行者からしたらとても助かりますが利用するにあたって不便なことが多いからです。

通信速度・接続・セキュリティ面で不安に感じる点が多く、快適にインターネットを利用したい場合は満足度は低くなるでしょう。

Q3、機内モードオンとモバイル通信オフだったら何が違うの?

機内モードオンの状態だと電話はもちろん、インターネット通信も利用できません。一方でモバイル通信オフの場合、インターネット利用はできませんが電話やSMSは可能です。

データ通信は抑えたいけど電話やSMSを利用したい場合は、機内モードではなくモバイルデータ通信をオフにしておきましょう。

Q4、機内モードの状態でアラームは鳴るの?

鳴ります。データ通信を必要としているものではないからです。

またiPhoneの場合、機内モードと勘違いされがちな「おやすみモード」がありますが、「おやすみモード」に関しても鳴るので注意しましょう。

Q5、機内モードの状態で緊急地震速報はくるの?

きません。機内モードは通信を遮断するモードなので、通知を受け取ることができません。

機内モードをオンの状態にしていると緊急地震速報や避難警告などはならないので注意しましょう。

まとめ

まとめ
  • 機内モードにすると「電話」「インターネット」「Bluetooth」「GPS」などの通信がストップしてしまう。
  • 機内モード状態では、LINE・YouTube・Instagram・Facebook・Twitterといったアプリも利用できない。
  • 機内モードでもWi-Fiに接続することでインターネットが利用できる
  • 機内モードはシーンに合わせて有効活用することができる
  • 機内モードはオン・オフの切り替えが簡単なので便利

今回は【機内モードとは?3つの活用方法と5のメリット3のデメリットを全解説!】についてご紹介しましたがいかがでしたか?

機内モードは普段から頻繁に使うことはないですが、シーンによってはとても有効的です。
ぜひ、今回の記事を参考に機内モードを上手に使ってみてくださいね。
最後までお読みいただきありがとうございました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA