フレッツ光

フレッツ光の速度測定方法まとめ!平均速度を理解して快適に使おう!

光回線が家庭に届く様子

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

フレッツ光を使っていて「通信速度はどれくらいなんだろう…?」と、気になったことはありませんか?

「混雑時間で遅い…」「途切れたりする」「快適だと思ってたけど遅いのかな…?」などなど、様々な疑問もあるかと思います。

そこで、この記事ではフレッツ光の速度測定方法と、計測結果の見かたを徹底解説していきます!

平均速度も記載しているので、ご自身のネット環境がどんなものなのかチェックしてみてくださいね。遅かった方向けに簡単な改善方法も紹介しています!

フレッツ光の速度計測サイトを3つ紹介!

通信速度 上り下りの測定 ping値の測定
BNRスピードテスト ×
Radish Network
Speed Testing
Speedtest by
Ookla(Speedtest.net)

フレッツ光をはじめ、光回線やネットの通信速度を計測する場合は「スピードテストサイト」を利用します。

ただ、スピードテストサイトによって通信速度の結果は変動します。どこでもいいという訳ではないので、2019年の現状でよく使われている3つのサイトを紹介していきます!

測定サイトに迷った方は「3.Speedtest by Ookla」の利用がおすすめです!

1.BNRスピードテスト

BNRスピードテストのトップページ
URL BNRスピードテスト
測定項目 ・通信速度 下り
・通信速度 上り

2000年に誕生した、速度計測サイトの老舗「BNRスピードテスト」です。2000年というと、NTTのフレッツADSLのサービス開始時期と同じぐらいですね…!

ADSLが普及する以前は「フレッツISDN」という、今思えばとてもつなく遅い回線でインターネットに接続していたのですが、ADSLの登場で通信速度はかなり速くなりました。

更に光回線も普及して、ADSLも遅いと感じる時代に…!通信技術の発達は本当に早くてビックリですよね!

話がそれてしまいましたが、BNRスピードテストは「フレッツADSL」と同じ時期に登場したサイトです。シンプルなサイトですが、計測にはFlash Playerが必要です。2019年の現在、Flash Playerが必要なサイトはかなり減っているので、計測出来ない環境の方もいるでしょう。

速度測定は「下り」と「上り」を分けて、それぞれ測定します。測定したい方をチェックしてみましょう。BNRスピードテストの測定結果は、他のサイトと比べて「遅め」となる特徴があります。

2.Radish Network Speed Testing

ラディッシュのトップページ
URL Radish
測定項目 ・通信速度 下り
・通信速度 上り
・RTT

BNRスピードテストより少し遅れて登場した「Radish Network Speed Testing」は、みんなの測定結果を見れるのが特徴のサイトです。

速度測定では「通信速度 下り上り」のほか、「RTT」も計測する事が可能です。※RTTはpingと同じ意味です。

速度測定するまでに色々と条件を入力しないといけないので、少し面倒なのが難点です…。ですが、みんなの測定結果を見れるのは便利ですね!気になっている光回線の実測値を調べるのにも便利なサイトです。

3.Speedtest by Ookla(Speedtest.net)

speettest.netのトップページ
URL Sppedtest.net
測定項目 ・通信速度 下り
・通信速度 上り
・ping

「Speedtest by Ookla」は、シンプルな構造が特徴の速度測定サイトです。2019年現在、速度測定をする際はこのサイトを利用している方も多いのではないでしょうか。Twitterを見ていても、このサイトの測定結果をよく見かけますね!

速度測定は「通信速度 下り上り」と「ping」を計測できます。また、測定用のサーバーを選択できるのも特徴ですね。

測定は真ん中の「GO」ボタンを押すだけで、非常に簡単です。とりあえず速度測定してみたい方には一番おすすめのサイトです!

接続中のプロバイダ名やIPアドレスも出るので、速度結果を公開する方は注意しましょう。

通信速度の測定結果の見かたを解説!

測定結果の見かた
各項目の見かたと意味
ping データ送信から返答までの応答速度
単位は「ms」(1/1000秒)

上記画像の「11ms」の場合、0.011秒の遅延があるという意味です。ゲームをする方は気にしたい項目ですね。

通信速度
(下り)
通信速度というと、通信速度(下り)の事を示す場合が多い
単位は「Mbps」

インターネットのページを開く時、アプリを開く時、画像をダウンロードする時、動画を見る時など、ネットに繋ぐ場合はほとんどの場合で使用する項目です。

通信速度
(上り)
通信速度(上り)は、動画のアップロードや配信をする際に使う項目
単位は「Mbps」

Youtubeや配信をする方には重要な数値ですが、普通に使う分にはそこまで必要ありません。

プロバイダ名 測定時に利用しているプロバイダ名と、IPアドレスが表示されます。
計測用サーバー 計測用のサーバーの所在地が記載されています。

上記は「Speedtest by Ookla」で測定した結果の各項目の説明になります。

特に「通信速度(下り)」が重要ですね!100Mbps程あれば快適ですが、30Mbpsでもそこまで不便ではないです。5Mbpsとかになってくると、少しストレスになるかと思います…。

ゲームをする方は「ping」も重要で、数値が大きいとそれだけ入力に遅延が発生してしまいます。感じ方は人にもよりますが、30ms以下なら快適でしょう。

ご自身のネット環境の測定結果はいかがでしたでしょうか?他の方がどれくらいの速度なのかを知っていた方が参考になると思いますので、フレッツ光の平均速度についても紹介していきます!

フレッツ光の平均速度は?測定結果と比べてみよう!

excellentをさす画像

フレッツ光の平均速度は、実測値で50Mbps~150Mbps程と言われています。なぜ曖昧な表現なのか?というと、NTT側で平均値を公表している訳ではないからです。

BNRスピードテストでは、一定期間ごとに集計した平均値を算出し掲載しています。2019年2月~7月の平均値だと、フレッツ光NEXTファミリーで42.71Mbpsマンションで50.72Mbpsという結果でした。
(出典:BNR統計情報 2019/02/01~2019/07/01

また、Radish Network testではみんなの測定結果を見る事もできます。こちらも見てみると、BNRの測定結果よりも速い数値(100~300Mbps)が多いですね。測定サイトによって異なるので、ハッキリとした平均値を算出するのは難しいのが現状です…。

なので、Radishの結果やBNRの統計情報、Twitterなどの口コミを照らし合わせて比較してみることをおすすめします。その目安として50Mbps~150Mbpsという数値を紹介させていただきました。

50Mbpsを大きく下回るようであれば、ご自身のネット環境 or 回線側に何かしら問題があるかと思います。次の項目で対応策を紹介しているので参考にしてみてください!

「そもそもフレッツ光は最大1Gbpsなのに、なぜその半分すら速度が出ていないの…?」と、疑問な方もいるかと思います。

最大1Gbpsというのは理論上の話で、実測値では900Mbpsすら出ない事がほとんどでしょう。

また、フレッツ光をはじめとした光回線では通信速度を保証しない「ベストエフォート」での提供となっています。

そのため、10~100Mbpsしか出ていなくても事業者側へ文句は言えないのです…。

※非常に高額ですが、法人向けでは最低速度を保証した光回線もあります。

フレッツ光の通信速度が遅い時の対処法について

速度が遅い時の対処法
  1. ルーター・モデム(ONU)を再起動する
  2. LANケーブル・ルーターなどの通信機器を高性能なものにする
  3. 混雑時間に遅い場合はIPv6を利用する
  4. より速いプロバイダ、光回線へ乗り換える

速度測定結果が遅かった方向けに、通信速度の改善策を紹介していきます!

1.まずはルーター・モデム(ONU)を再起動する

「速度結果が遅いな~」と感じたとき、「使っていて不調だな~」と思ったときは、とりあえずルーター・モデム(ONU)を再起動してみてください!

これだけで改善する事も多いです。あまり改善されない場合は次のステップへ進みましょう。

2.LANケーブル・ルーターなど通信機器を高性能なものにする

LANケーブルやルーターが足を引っ張っている可能性があります。古い通信機器をそのまま長く使っている方は、一度新しい機種を買って乗り換えてみてください。

LANケーブルは「cat6」や「cat6e」と記載されたものを選べば間違いないです。Amazonで1,000円程で購入できます。

ルーターは「BUFALLO」や「NEC」などの大手メーカーの物を買っておけば安心でしょう。Amazonで6,000円~10,000円程の物を目安にしてみてください。

通信機器のグレードアップで、かなり改善されますよ…!

3.混雑時間に遅い場合はIPv6を利用する

混雑時間の遅さにお悩みの方は「IPv6」の利用をおすすめします!プロバイダによってサービス名称が違うのですが「v6プラス」と呼ばれている事が多いです。

従来使われていた「IPv4」によるインターネット接続は同時接続に対応するための容量が少なく、もはやパンク寸前なのです。そのため、混雑している時間帯に通信速度が遅くなっていました。

「v6プラス」による接続は、新しいIPアドレス「IPv6」を利用したもので、IPv4とは別の経路を使います。そのため、混雑による速度低下を回避できるんです…!

「v6プラス」を利用した時の速度UPにはかなり期待できます。まずは契約中にプロバイダに「v6プラスを使いたい」と問い合わせてみてください。

4.より速いプロバイダ・光回線へ乗り換える

通信速度 キャッシュバック
フレッツ光 最大1Gbps
NURO光 最大2~10Gbps 35,000円
auひかり 最大1~10Gbps 52,000円

最終手段ですが、一番手っ取り早い話でもあります。速いプロバイダ・光回線へ乗り換えてしまいましょう!

通信速度を求めているなら、利用者が多すぎるフレッツ光はあまりおすすめできません…。フレッツ光回線を借り受けて提供している「光コラボレーション」も同じく非推奨です。(ソフトバンク光ドコモ光は光コラボレーションの一種です)

通信速度を重視するなら、最大2Gbpsの高速回線を提供している「NURO光」が最もおすすめです!ただ、NURO光は対応エリアが狭いという難点があります…。

次点で、通信速度の満足度が高い「auひかり」もおすすめです!こちらは日本全国で提供しているため、提供エリアも大丈夫な場合が多いでしょう。

光回線の乗り換え作業は面倒ではありますが、一番速度UPを見込める手段です。NURO光やauひかりはキャッシュバックやキャンペーンも豪華なので、この機会に是非検討してみてください…!

NURO光利用者の満足度調査結果のベスト3の項目
【2019年9月最新】NURO光キャッシュバックキャンペーン15社徹底比較!NURO光のキャッシュバックキャンペーンについて徹底解説!公式や代理店など15社を比較し、最もおすすめの申込先を紹介しています。実際にキャッシュバックを受け取るまでの流れも解説しているので、悩んでいる方は是非参考にしてみてください。...
auひかりの代理店NEXTの公式ホームページ
【2019年9月最新】auひかりキャッシュバックキャンペーン15社徹底比較!auひかりのキャッシュバックキャンペーンについて解説!申込先15社を徹底比較し、最もお得な申込み先はどこか検証しています。キャッシュバックを実際に受け取るまでの流れも解説しています!かなりお得に申し込めるので、ぜひ参考にしてみてください。...

まとめ

フレッツ光の速度測定まとめ
  • 速度測定は「Speedtest by Ookla」がおすすめ!
  • 遅かった場合、まずは通信機器を全て再起動してみる
  • より高性能な通信機器へ買い換えるのも効果的
  • 最速を求めるなら「NURO光」への乗り換えがおすすめ!

この記事では、フレッツ光の速度測定について解説しました。

2019年現在、フレッツ回線は利用者が多く、混雑による速度低下がひどい状況になっています…。フレッツ回線を使う場合は、「IPv6」に対応しているプロバイダの利用を強く推奨します!

この記事を参考に、速度測定してみて現在のネット環境で問題ないか?チェックしてみてくださいね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA