フレッツ光

フレッツ光の工事内容まとめ!工事の流れや期間を徹底解説!

ネット回線工事

編集部yoshi
編集部yoshi
こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部のYoshiです!

「フレッツ光の工事ってなにするの?」「フレッツ光の工事は面倒くさそう」などなど、フレッツ光の工事について調べている人が多いと思います。

私もフレッツ光を始めるときに、工事に関する知識が全くなく、NTTの人に根掘り葉掘り疑問をぶつけたのを覚えてます。

そこで、この記事では「フレッツ光の工事内容」「フレッツ光の工事期間」などについてまとめてみました。

最後まで読んでいただければ、フレッツ光の工事に関することを把握できると思います。

是非参考にしてください。

フレッツ光の工事内容を戸建・マンション別に3ステップで解説!

フレッツ光の工事内容
  • STEP①:光ケーブルを室内に引き込む工事をする。
  • STEP②:光コンセントを経由して回線終端装置(ONU)と接続をする。
  • STEP③:パソコンなどの通信機器でフレッツ光のセットアップをする。

※現在は回線終端装置とホームゲートウェイの一体型「モデム」が主流となっています。

フレッツ光の工事内容を3ステップでまとめてみました。

正常に工事が行われる場合は、工事当日にすべての工事が完了します。
また、工事の所要時間は約1時間程度です。

戸建ての工事内容

戸建てのイメージ
それでは、戸建の工事内容を1つ1つ順番に解説していきます。
工事はすべて工事担当者が行いますが、工事の流れは確認してみてくださいね!

ステップ1:光ケーブルの室内引き込み工事

まず、光ケーブルを室内にストレスなく引き込むために、外壁に金具を取り付けるのが主流となっています。

そして、光ケーブルは一般的に電話用の配管に通して、室内に引き込みます。
室内に引き込まれたケーブル線は光コンセントに接続され、電柱にあるケーブルと繋がります。
以上が、光ケーブルの室内引き込み工事の流れになります。

電話用の配管に空きがない場合があります。
このような場合は、エアコンのダクトを利用します。

配管やエアコンダクトも利用できない場合は、外壁に1cm程度の穴を開けて室内にケーブルを引き込みます。

ステップ2:光コンセントとモデムの接続工事

室内に引き込んだ光ケーブルは、光コンセントを経由して、モデム(回線終端装置・ホームゲートウェイ(WiFiルーター)と接続します。
接続工事のあとは、工事担当者が接続試験を行ないます。

ステップ3:モデムと通信機器の接続工事

モデム(回線終端装置・ホームゲートウェイ(WiFiルーター)とパソコンなどの通信機器を有線ケーブルで接続します。
パソコンに接続されたことを確認してから、フレッツ光のセットアップをして開通完了となります。
※室内でWiFi環境を整えたい場合は、追加機器不要(有償)で利用できます。

マンションの工事内容

マンションのイメージ
続いて、マンションの工事内容を順番に解説していきます。
ご自身が実際にする作業はステップ3からになります。

ステップ1:光ケーブルの室内引き込み工事

マンションの共用スペース(MDF室)に一旦、光ケーブルの引き込み作業を行ないます。

ただ、築年数が経過しているマンションにはMDF室がない場合があります。
その場合は各部屋に直接ケーブルを引き込むことになります。

ステップ2:光コンセントとモデム(ホームゲートウェイ)の接続工事

まず、室内の壁に光コンセントを設置します。

室内に引き込んだケーブルは、光コンセントを経由して、モデム(回線終端装置・ホームゲートウェイ(WiFiルーター)に接続します。
モデムに接続したあとは、工事担当者が接続試験を行ないます。

ステップ3:モデム(ホームゲートウェイ)と通信機器の接続工事

モデム(回線終端装置・ホームゲートウェイ(WiFiルーター)とパソコンなどの通信機器を有線ケーブルで接続します。
パソコンとモデムの接続を確認してから、フレッツ光のセットアップをして開通完了となります。
※室内でWiFi環境を整えたい場合は、追加機器不要(有償)で利用できます。

フレッツ光の工事前に準備しておくべき3つのこと!

工事前の準備
最低限用意するものはパソコンです。
ルーター、回線終端装置、イーサネットケーブルはNTTからレンタルできます。

住居設備によって回線終端装置などが変わるためです。

モデム(ホームゲートウェイ)の設置場所

モデム(ホームゲートウェイ)は光コンセントとパソコン中間地点に置くようにしましょう。

電源タップの設置場所

電源タップはパソコン・モデムの配線がグチャグチャにならないように設置して、配線管理をするとスッキリ収まります。

パソコンの設置場所

パソコンの設置場所は作業をする大切な場所になります。

パソコンとモデム(ホームゲートウェイ)は一般的に有線ケーブルで繋がります。
できるだけ、お互いの距離は近い方がいいでしょう。

フレッツ光の工事費用について!

工事費用
フレッツ光の工事費用を確認してみましょう!

フレッツ光の初期費用として契約料と工事費があります。
初期費用は分割払いも用意されています。

初期費用(契約料・工事費)

戸建て マンション
契約料 800円 800円
工事費

分割払いの場合
(31回払いのみ)

18,000円

初回 3,000円
2回目以降 500円/月×30回

15,000円

初回 3,000円
2回目以降 400円/月×30回

戸建ての工事費は、マンションと比べた場合に屋内配線工事費の分だけ、若干高くなります。

工事費加算額について

上記以外に別途かかる費用はありません。
フレッツ光開通後に、フレッツテレビを視聴することができます。

フレッツテレビ:5800円
※1chごとに800円~900円で視聴可能!
※フレッツテレビの視聴エリアの確認が必要です。

タイプ別のフレッツ光の工事期間について解説!

工事期間
フレッツ光のタイプは住居の設備状況で変わってきます。

既に住んでいる場合はしかたありませんが、入居予定の候補がある場合は、あらかじめフレッツ光のタイプを確認することをおすすめします。

新規お申し込み時の工事期間

初めてフレッツ光を使う場合の工事期間は1週間~10日(繁忙期などは2週間~1ヶ月程度)になります。
ただ、新規申し込みの場合でも、既に部屋までフレッツ光のケーブルが引かれている場合は、工事期間は短くなります。
※立会いの日程で工事期間が前後します。
※物件を探すときの判断基準になります。

タイプ変更時の工事期間

フレッツ光のタイプは住居の設備状況で判断されることは「タイプ別のフレッツ光の工事期間について解説!」の冒頭でお伝えしました。

つまり、タイプが変更することは大規模修繕などがない限り、あまりないと捉えた方が無難です。
※タイプを変更した場合はNTT側の設定のみになります。
費用は2000円です。

転居時の工事期間

引越しなどで転居したときに、引き続き転居先でフレッツ光を利用する場合の工事内容と期間についてお伝えします。

工事内容は転居先の設備状況によって決まってきます。

例えば、前入居者がフレッツ光を利用していて、設備をそのまま状態で引越しした場合は、工事期間は短く、工事費用も抑えられます。
逆に、引っ越しと同時にフレッツ光の設備一式を取り外した場合は改めて工事をする必要があります。

賃貸人(貸主)の意向としては、設備一式取り外す傾向が強いようです。

まとめ:フレッツ光の工事内容

まとめ:フレッツ光の工事内容について
  • フレッツ光の工事期間は、およそ1週間~1ヶ月程度!
  • フレッツ光の工事の所要時間は、およそ1時間程度!
  • フレッツ光のタイプは住居の設備状況で決まる!
  • フレッツ光の申し込み時期は、人が移動しやすい時期は避ける!
  • 引越後すぐに使えるように、計画を経てましょう。

フレッツ光の回線工事は、契約者の立会いが原則必要です。
回線工事(立会い日)を、平日にすることで工事期間はぐっと短くなります。

フレッツ光のタイプは住居の設備状況で判断されます。
転居などで入居先の候補が決まっている場合などは、フレッツ光のタイプをあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

フレッツ光の申し込み時期は、春先などの引っ越しシーズンや人が移動しやすい時期に、フレッツ光の申し込みをしてしまうと、工事が遅くなり、開通までに大幅な時間が掛かってしまうことが予想されます。

できるだけ、引っ越しシーズンなどは避けるようにしましょう。
また、引っ越しなど転居先でもフレッツ光を利用する場合は、引っ越し後すぐに使えるように、計画を経てるようにしましょう。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA