フレッツ光

フレッツ光利用歴7年の私が年間1.8万円安くする方法と注意点を徹底解説!

フレッツ光利用歴7年の私が安くする方法と注意点を徹底解説!

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
こんにちは!「なるほどWiFi」編集部のヨッシーです!

フレッツ光を安く使う方法ってあるの?」や「フレッツ光を安く使う方法を知りたい!」等はフレッツ光を使っている方なら誰もが思うことです。

ここでは、フレッツ光利用歴7年の私がフレッツ光を安くする方法と注意点を分かりやすく解説していきます!

そもそもフレッツ光は月額利用料が他社と比べて高め…!

おもな光回線 戸建て月額利用料 マンション月額利用料
フレッツ光 5,400円 3,700円
NURO光 4,743円 1,900~2500円
auひかり 5,100円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円

※税別金額。フレッツ光はプロバイダー料が別途要。各プランは最安値。

表記のようにおもな光回線と比較してみましたが、フレッツ光以外はプロバイダー込みの料金ということでフレッツ光は非常に割高になるという結果でした。

表記の比較には工事料金等の初期費用は換算されていませんが、初期費用の有無や価格は各光回線提供会社のキャンペーン等にも影響を受けますので確定値を出せないのが現状です。

しかし、それらを考慮してもプロバイダー料金が別途必要になるフレッツ光は割高になるというのが揺るぎない事実ですね。

そこでフレッツ光利用歴7年の私がフレッツ光の月額利用料を安くする方法を調査しましたので、次のコーナーもぜひご覧ください。

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
おもな光回線の月額利用料(最安値)を比較してみましたが、やはりフレッツ光は割高なんですよねぇ・・・

私が利用するフレッツ光の月額利用料の請求書がこちら!

フレッツ光の最新請求書
2019年5月請求分
固定電話(基本料)込み 固定電話なし
4,110円 3,610円
+プロバイダー料(540円)
4,650円 4,150円

上記画像の請求書は2019年5月請求分(戸建てプラン)のNTTから筆者への最新の請求書(当記事執筆月)です。(プロバイダー料金は別途請求)

私が契約しているプロバイダーは「エキサイト」で月額利用料は540円(税込)となりますので合算して計算してみますね。

上記画像の赤枠部分以外は筆者の私的な利用項目ですので除外して、私の条件のフレッツ光の最低必要な月額利用料を計算しますと・・・

固定電話の基本料込みで必要最低限な月額利用料はプロバイダー料込みで「4,650円」となり、固定電話が不要な場合はプロバイダー料込み「4,150円」となりますね。

この金額となる理由は私がフレッツ光の利用歴が7年目となりますので「光もっともっと割」の割引率が高い設定(-1,790円)となっているからです。

フレッツ光を利用して7年目となった今でも、前述の他の光回線との比較で割高となりますので、私自身も月額利用料を安くする方法を実行する時期と言えるかも知れません。

「光もっともっと割」はすでに新規加入が廃止されたサービスですが「光もっともっと割」の割引率の詳細を確認されたい場合はフレッツ光公式ページにてご確認ください。

フレッツ光はふたつの会社から月額利用料を請求されることを覚えておきましょう!

フレッツ光の月額利用料の内訳例
NTTの月額利用料(戸建て) NTTの月額利用料(マンション)
5,400円 3,700円
プロバイダーの月額利用料+500円
合計5,900円 合計4,200円

※すべて税別金額。プロバイダーはエキサイト。各プランは最安値。

表記の価格はプロバイダー料を月額500円と仮定した一例となります。

NTTからの請求は前述の私自身への請求書のような金額となり、プロバイダーからは個別に契約するプロバイダーごとに異なる月額利用料が請求されます。

筆者の私の契約しているプロバイダーは「エキサイト」で月額利用料は500円(税別)で最安レベルのプロバイダーです。

ただし、プロバイダーは個々のインターネットへの接続条件等で契約先は多岐に渡りますので、ご自身にベストマッチするプロバイダーを探すことが重要です。

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
実はフレッツ光の月額利用料は「NTT」の部分と「プロバイダー」の部分のふたつに分かれているんですよ。

フレッツ光の月額利用料を安くする3つの方法を解説!

安くする3つの方法 現在との差額(月額) 現在との差額(年間)
①:光はじめ割を利用する! 約-1,100円 約-13,200円
②:NURO光に乗り換える! 約-1,200円 約-14,400円
③:光コラボに転用する! 約-1,500円 約-18,000円

ここでフレッツ光の月額利用料を安くする方法なんてあるのか?っとの声が聞こえてきましたので、「フレッツ光の月額利用料を安くする3つの方法」を解説していきます!

ただし、どの方法も第三者的な観点からメリット・デメリットを感じますので、しっかりとご検討された上で「導入する・しない」を判断してくださいね。

安くする方法①:光はじめ割を利用する!

光はじめ割・戸建てプラン
割引サービスを利用しない 光はじめ割適用料金
5,400円 1・2年目 3年目以降
4,300円 4,110円
解約違約金は一律10,000円

※すべて税別金額でプロバイダー料が別途要。

光はじめ割・マンションプラン
対象サービス プラン 割引サービスを利用しない 光はじめ割適用料金
1・2年目 3年目以降
マンション・スーパーハイスピードタイプ隼/マンション・ハイスピードタイプ[ひかり配線方式]/マンションタイプ[ひかり配線方式][VDSL方式] プラン1 3,700円 3,250円 3,080円
プラン2 3,200円 2,850円 2,680円
ミニ 4,500円 3,950円 3,720円
マンションタイプ[LAN方式] プラン1 3,100円 2,650円 2,480円
プラン1 2,600円 2,250円 2,080円
ミニ 3,900円 3,350円 3,120円
解約違約金 一律7,000円

※すべて税別金額でプロバイダー料が別途要。

フレッツ光の割引サービスに「光はじめ割」というオプションサービスがあります。

フレッツ光をすでに利用されている方でまだ、「光はじめ割」を利用されていない方は、このオプションサービスを導入することをオススメします!

メリットとしては月額で平均で約1,100円の減額となりますが、最低利用期間が設定されて指定期間以外での解約は違約金が設定されるデメリットがあります。

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
この方法は「現在の通信環境を出来るだけ変えたくない!」っと言われる方への対処法となります。

安くする方法②:NURO光に乗り換える!

フレッツ光 NURO光
月額利用料(戸建て) NTT東日本 5,700円 4,743円
NTT西日本 5,400円
月額利用料(マンション) NTT東日本 3,350円 1,900~2500円
NTT西日本 3,700円
プロバイダー料 別途必要 不要
回線速度 1Gbps(最大値) 2Gbps(最大値)
セキュリティソフト NTT東日本 400円(3台分) 500円(5台分)
NTT西日本 無料(1台分)
無線LAN(WiFi) NTT東日本 月額300円 無料
NTT西日本 月額550円
回線提供元 NTT ソニーネットワークコミュニケーションズ
回線提供エリア 全国 関東・関西・東海・九州

※すべて税別金額。フレッツ光はプロバイダー料が別途要。各プランは平均値の最安値。

安くする方法を考える上で「どうせなら回線速度の速いところがいい!」っていう考えは当然思い浮かぶことでしょう・・・

それでは思い切って、速くて安いと評判の高いNURO光に乗り換えを検討してみるのも良いと思いますよ!

しかし「NURO光に回線ごと変えてみる!」っと言うのは簡単ですが、回線設置の申し込みや設置工事が伴うデメリットが多く潜んでいることも事実です。

しかし、メリットとしてはフレッツ光より回線速度が速くなる確率は高く、月額利用料は1,000円以上抑えられるメリットが最大の魅力となりますね!

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
この方法は光回線ごと変えてしまう方法で「とにかく安くしたい!」っと声高に言われる方への対処法となります。

安くする方法③:光コラボに転用する!

フレッツ光 ドコモ光 auひかり ソフトバンク光
月額利用料(戸建て) NTT東日本 5,700円 5,200円 5,600円 5,200円
NTT西日本 5,400円
月額利用料(マンション) NTT東日本 3,350円 4,000円 3,400円 3,800円
NTT西日本 3,700円
プロバイダー料 別途必要 不要
回線速度 1Gbps(最大値)
セキュリティソフト NTT東日本 400円(3台分) 契約プロバイダーによる
NTT西日本 無料(1台分)
無線LAN(WiFi) NTT東日本 月額300円
NTT西日本 月額550円
回線提供元 NTT KDDI ソフトバンク
回線提供エリア 全国

※すべて税別金額。回線速度は全国対応の1Gbpsで比較。各プランは平均値の最安値。

表記の光コラボへの転用は「安くて回線工事が原則不要!」っというメリットに惹かれがちですが、じっくりと検討することが重要です。

ここで光コラボへの転用した場合のデメリットを挙げてみますと・・・

「違約金がかかる?」「通信速度が遅くなる?」「プロバイダー選びが不安」などなど・・・

個別の通信環境によってはさまざまな不安要素が噴出してくる可能性がありますし、ここで比較対象とした一番安価なプロバイダーは私も利用している「エキサイト」です。

フレッツ光利用歴7年の私はプロバイダーも「エキサイト」を7年利用していますが、一度も不具合や遅いと感じたことはありません。

しかし、プロバイダー選びは個々の環境と体感的な要素が大きいので「使ってみないと分からない」が本音と言えますね・・・

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
この方法は光コラボに転用する方法で「一円でも安くしたいんじゃ~!」っと大声で言われる方への対処法となります。

次はフレッツ光の月額利用料を安くしたい!という利用者に付け込んで、甘い言葉を巧みに操る、怪しい訪問販売や電話勧誘について解説していきますね。

フレッツ光の訪問販売や電話勧誘での「安くなりますよ〜」には要注意!

こんな言葉を使う営業マンには要注意!

  • 「電話料金が安くなりますよ~」
  • 「インターネットが安くなりますよ~」
  • 「どの会社と契約するよりも、安くなりますよ~」

訪問販売に対して注意する点としてはまず、高齢者の方への無責任な説明による、不要なオプション設定があげられます。

高齢者の方は訪問してくる営業マンに対しても丁寧に接する方が多く、「失礼があってはならない」と考える方が多いので、しっかり説明を聞く傾向があります。

それゆえ、営業マンの言葉巧みな話術で断りづらい状況下となり、しっかりと理解することなく契約をするケースがあります。

また、電話勧誘では確認書類等を比較できないので、営業マンの絶妙な話術に誘導されて若い世代の方でも契約するケースがあります。

とにかくフレッツ光をはじめ「通信回線系の訪問販売や電話勧誘には応じない!」というスタンスをご家族間で共有しておくことが最善策と言えるでしょう。

編集部ヨッシー
編集部ヨッシー
上記の「安くなりますよ~」という”殺し文句”には必ずウラがあると言っても過言ではありません!甘い言葉の訪問販売や電話勧誘には要注意です!

ここまでのまとめ

フレッツ光を安くする方法と注意点
  • フレッツ光はプロバイダー料金が別途必要!
  • フレッツ光は他社と比較して割高である!
  • 甘い言葉の訪問販売や電話勧誘には要注意!

フレッツ光はプロバイダー料金が別途必要であり、他社と比較しても月額利用料が割高なので対応策を講じる必要があります。

しかし、「フレッツ光を安くしたい!」という感情を逆手に取った「甘い言葉を巧みに使う」訪問販売や電話勧誘には要注意です!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA