【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方|2021年9月

【DTI光のIPv6接続サービスは?】利用のための設定方法を徹底解説

DTI光IPv6
  • DTI光はIPv6に対応しているの?
  • IPv6にすれば快適に利用できるの?

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

結論、DTI光はIPv6に対応しています。

またIPv6を申し込むことで、DTI光は快適に利用できます。

ただし、機器や接続方法によってはDTI光でIPv6にしても遅い場合があるため、対処法の理解が重要です。

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

本記事では、さまざまな光回線の契約に携わってきた私が以下3点を解説します。

  • DTI光のIPv6は快適に利用できるのか
  • DTI光のIPv6に関する口コミ
  • DTI光のIPv6の申込と設定方法

すべて読めばDTI光のIPv6に関する知識が身に付き、自分に合った光回線が選べるようになるでしょう。

DTI光はIPv6に対応で快適に利用できる

DTI光はIPv6に対応しており、快適に利用できます。

ですが、DTI光が快適に利用できる最も大きな要因は接続方法にあります。

「IPv6って何なの?」という方は多いと思うので、ここではIPv6やIPoEなどに関して詳しく解説します。

「IPv6」はIPのバージョンを示すもの

IPv6の、IPは「データ通信方法の決まりごと」のようなものです。v6はバージョンを示すのです。

簡単にいうと、IPv6とは「データ通信方法のバージョン6」となります。

速度はIPv6と従来のIPv4に変化はありません。ただIPv6は、従来のIPv4よりも多くのIPアドレスを識別できます。

IPアドレスとは「コンピューターを識別するための番号」

現在緩やかにIPv4からIPv6への移行が進んでいますが、サーバー側でIPv6への移行が進んでいない場合が多いです。

そのため、IPv6だけでは一部サイトが表示されません。

「IPoE」で接続することでIPv6は速くなる

IPv6は「IPoE接続」ができる大きな特徴があります。

簡単にいうと、IPoE接続とは「従来のPPPoE接続よりも進化した接続方法で、通信が安定しやすくなり混雑を避けられます」

IPoE接続すればIPv6は速くなります。ただしIPv6にしてもPPPoE接続だと速度が変わりません。

「v6プラス」はサービスの名称

DTI光は「v6プラス」といったサービス用いて光回線を提供しています。

v6プラスとは「IPv4 over IPv6」とも呼ばれるサービスで、IPv4とIPv6を切り替えつつ、常にIPoE接続ができます。

IPv6だけでは表示できないサイトがあるため、IPv4とIPv6どちらも利用できるのは非常に便利です。何よりIPv4になっても安定した速度のIPoE接続ができる点が、大きなメリットです。

DTI光のIPv6に関する口コミ

DTI光はIPv6でIPoE接続に対応しているため、速度が安定すると評判です。実際にTwitterに投稿された口コミを見てみましょう。

DTI光でIPv6 (IPoE/IPv4 over IPv6)サービスに申し込んだら、2時間後に反映されてDL速度が170Mbps→300Mbpsに向上した

— yukke (@uk714) January 17, 2020

DTI光の工事がやっと終わった。Ipv6にしてみた。いい速度!

— j_kitakaze (@j_kitakaze) September 3, 2020

DTI光、上り(UPLODE)は何も問題無いのに下り(DOWNLODE)がクソ雑魚すぎる。ADSL以下だぞ。最近夜と休日の日中コレだよ。クソ遅いだろ?IPOE+IPv4 over IPv6なんだぜこれ。

— ケロケロッ (@frog_sings) December 22, 2019

DTI光のIPv6に関する口コミは比較的良好ですが、一部「遅い」との声も見られました。

IPv6でIPoE接続に対応している光回線は他にもありますので、速度だけを重視するなら他の光回線を選ぶのも1つの手です。

後述する「DTI光のIPv6よりも速度の速い光回線」を参考に選んでみてください。

DTI光でIPv6を利用する方法

DTI光でIPv6を利用する方法は、対応機器を購入して、IPv6を申し込むだけです。

それぞれの手順について、詳しく見ていきましょう。

対応機器を購入する

まずはDTI光のIPv6に対応した機器を購入しましょう。DTI光の対応機器はDTI光 対応機器一覧から確認できます。

2021年9月現在、DTI光のIPv6は「v6プラス」での提供です。これから申し込む方は「v6プラス」対応の機器を購入すれば問題ありません。

ただし「OCNバーチャルコネクト」で提供していた時期に、DTI光でIPv6の申込をしている場合は「OCNバーチャルコネクト」に対応する機器を購入しましょう。

IPv6を申し込む

対応機器を購入したらIPv6の申し込みをします。

IPv6の申し込みはMyDTIにログインして「IPv6(IPoE)接続サービス」から行えます。

初期費用や月額料金は無料です。

DTI光IPv6接続の確認方法

DTI光でIPv6接続ができているか確認したい時はDTIのIPv6サービスページにアクセスしましょう。

DTI光IPv6

出典:DTI光

アクセスするだけで、ページ上部の「IPv4接続中」「IPv6接続中」のランプから判別できます。

接続状態を更に詳しく知りたい場合はIPv6をテストでチェックしてみましょう。

IPv6対応のおすすめ回線はNURO光

NURO光LP

速度の速い光回線選びで迷ったら「NURO光」がおすすめです。

NURO光がおすすめの理由

  • 最大通信速度が唯一2Gbps
  • 実測値の3項目がすべて高水準
  • 独自回線の中でもエリアが広い

比較した光回線の中で、最大通信速度が唯一「2Gbps」で実測値も2番目に速いです。

またPing値も21社の中で最も低いため、ZOOM会議やオンラインゲームでラグに悩まされることなくプレイできます。

NURO光概要
月額料金
3年間実質料金
戸建て:4,117円(5,217円)
マンション:4,117円(5,217円)
※セット割適用料金
スマホセット割ソフトバンクスマホを契約中の家族の人数×月額1,100円割引
工事費実質無料
(月額割引30ヵ月間)
事務手数料3,300円
キャッシュバック現金45,000円
違約金負担なし
通信速度最大2Gbps
提供エリア北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/群馬/栃木/静岡/岐阜/愛知/三重/大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/広島/岡山/福岡/佐賀
ルーター無料
契約期間2年
プラン・標準プラン(2Gbps)
・6Gbps、10Gbps、20Gbps
キャンペーン・45,000円キャッシュバック
・基本工事費44,000円実質無料
・設定サポート1回無料
お得な申込窓口公式窓口

NURO光とソフトバンクスマホをまとめて契約すると、おうち割光セットが適用され、3年間の回線料金が3万9,600円もお得です。またキャンペーンを適用すると「基本料金」「事務手数料」以外はかかりません。

提供エリアは他の独自回線よりも広く、主要な21都道府県で利用できます。

そういえば、数日前に我が家にNuro光が導入されたのですが、19時過ぎの段階でこれでした。爆速すぎる。

— はぴや/Happiya (@AthKiri_Happiya) May 21, 2021

昨日からソフトバンクAirからNURO光にWiFiを変えたんだけど、キャンペーンで解約金とかも持って貰えるし、月々の料金安いし、早いから本当切り替えてよかった
あんなに重いAPEXも全然重くないってねこたが喜んでた

— IPみやかわ (@IPmiyakawaaaaaa) August 20, 2021

「オンラインゲームをストレスなくプレイしたい方」「ソフトバンクユーザーでお得に高速回線を使いたい方」におすすめです。

ソフトバンクユーザーなら「おうち光セット割」で毎月1,100円割引

ソフトバンクユーザーなら「おうち割 光セット」というセット割が適用され、月額料金から毎月1,000円(税込1,100円)割引されます。

おうち割 光セットキャンペーンの画像

出典:ソフトバンク

ソフトバンクに契約中のスマホ・タブレットの1回線ごとに1,100円割引されます。
※プランによって割引額は多少前後します

たとえば3人家族でソフトバンクスマホに契約している場合、毎月3,300円割引されます。3年間の回線料金が総額11万8,800円もお得になります。

またおうち光割セット割は、離れて暮らす家族や親戚も合わせて最大10回線まで割引対象になります。

NURO光は「公式窓口」が最もお得な申込窓口

NURO光 公式

申込窓口3社のキャンペーンを比較してみると、NURO光のお得な窓口は「公式窓口」でした。

申込窓口
キャッシュバック
オプション要否受取時期
公式窓口45,000円
不要6ヵ月後
ライフサポート36,000円
不要6ヵ月後
アウンカンパニー35,000円
不要2ヵ月後

NURO光の申込窓口の中で、公式窓口が最も高額なキャッシュバック額です。またオプションなし無条件で開通から6ヵ月後に確実に貰えます。

さらに44,000円分の基本工事費が、31ヵ月利用で実質無料になるキャンペーンも実施しています。

公式窓口の特典

  • 45,000円キャッシュバック
  • オプション申込の必要なし
  • 基本工事費44,000円実質無料
  • セット利用で月額料金が安くなる
  • 設定サポート1回無料

光回線は種類が多いので、どれに決めたら良いか迷ってしまうと思いますが、基本的には提供エリア内ならNURO光を選ぶのが速度が速くコストパフォーマンスがよいでしょう。

\今なら45,000円キャッシュバック/
NURO光公式サイトはコチラ 申込は簡単5分で完了。6ヵ月で振込

NURO光キャッシュバック受取手順

①NURO光の提供エリア内かを確認
公式窓口からNURO光を申し込み
③工事日の予約
④開通工事
⑤利用開始
⑥開通6ヵ月後に申請メール
⑦申請後、キャッシュバック振込

»【評判は悪い?】NURO光のデメリット5つとメリット6つを解説

まとめ:DTI光のIPv6

DTI光ではIPv6が利用でき、通信速度を大幅に改善できます。

ただし通信速度を重視する場合は「DTI光」の利用はあまりおすすめできません。

速度を重視する場合「NURO光」や「auひかり」などの速度の速い光回線の契約を検討することをおすすめします。

【2021年最速の光回線ランキング】主要サービス21社の通信速度を徹底比較【光回線速度ランキングを徹底解説】主要光回線21社の実測値を徹底比較し、本当に速いサービス5社をランキング形式で紹介しています。また選び方のポイントやエリア別でおすすめの光回線についても解説しています。...

»【2021年最速の光回線ランキング】主要サービス21社の通信速度を徹底比較

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA