インターネット事情

「二重ルーター」とは?簡単に出来る確認方法と解消の仕方を徹底解説!

二重ルーター

maenaka
maenaka
こんにちは、「なるほどwifi」編集部の前中です。

今回は、通信状況が不安定になったり、一部ゲームが出来なくなったりする「二重ルーター」について解説していこうと思います。

二重ルーター状態の確認方法から、解消方法デメリットなどなど…気になるポイントを一通りまとめましたので、是非参考にしてみてください!

「二重ルーター」とは、どんな状態のこと…?

二重ルーターがどういう状態なのか、写真付きで解説していきます!

また、よくある「気づかない内に二重ルーターになってしまっているケース」も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

その名の通りルーターを2つ以上設置していること!

二重ルーター状態の画像

「ルーターとしての機能を持った通信機器を2台以上設置している状況」のことを「二重ルーター状態」と言います。

ルーターとしての機能とは、宅内でWi-Fi・有線LANでインターネットに接続している各機器に、プライベートIPアドレスを割り当てるものです。

また、ONUから送られてきた情報が、宅内のどの機器宛なのか?を判別する機能を持ち合わせています。

他にも、セキュリティ機能(ファイアウォール等)も兼ね備えています。ルーターは、固定回線を使ってインターネットを使う際には必須のアイテムですね!

このルーターを2台以上置いてしまうと、各機器のIPアドレス割り当てや、情報の宛先の判別などで、少し手間がかかってしまいます。2台置いちゃっても都合よく処理はしてくれますが、一部コンテンツでは不都合が生じてしまいます…。

気づかない内に二重ルーター状態に…?よくあるケースも紹介!

よくある二重ルーターのケース

  • NURO光・・・NURO提供の通信機器はONU+ルーター機能を備えている
  • ソフトバンク光・・・光BBユニットはルーター機能を備えている
  • フレッツ光光コラボ・・・ひかり電話を契約している場合はONU+ルーター機能を備えたホームゲートウェイが提供される事もある

上記回線で別途ルーターを設置すると、ルーター機能が2つ以上になる=二重ルーター状態になってしまう

※2個目のルーターのルーター機能をOFFにすればOK!

通常、光回線などの「固定回線」を使ってインターネット接続する場合、「ONU(光回線終端装置)」もしくは「モデム」が必須です。

※光回線=ONU、ADSL回線=モデム、光回線(VDSL)=VDSLモデム

光回線でインターネット接続する場合、通信の処理は「光ファイバーケーブル」を伝っていきます。光ファイバーケーブルの中は「光信号」で移動するのですが、光信号のままだとパソコンなどで処理する事ができません。

そこで、光信号をパソコンなどでも理解できる「デジタル信号」へ変換する役割を担うのが「ONU」です…!光回線を使っているなら、ONUは必ず設置されています。

ONU1台だと有線LAN接続1台だけ、Wi-Fiは使用不可なので、別途ルーターの用意はほぼ必須です。つまり、光回線を使う時は「ONU+ルーター」の両方が欲しい訳ですね。

さて、ここからが本題なのですが…、ONUの中にはルーター機能も兼ね備えたものもあります。ホームゲートウェイと呼ばれたりしています。)

設置されたONUにルーター機能が備わっていると知らずに、もう1台ルーターを設置し、知らない内に「二重ルーター」になってしまっているケースもあります…。

よくあるのは「NURO光」です。NURO光で提供されるONUはルーター機能を備えているため、これ1台でWi-Fi接続まで可能となっています。NURO光提供ONUはルーター機能をOFFに出来ないため、別途ルーターを置くと「二重ルーター状態」になってしまいます。

NURO光以外の事業者については、「光電話契約の有無」や「オプション」などで、状況が異なってきます。

二重ルーター状態になっているのかよく分からない…。というケースもあるかと思います。

なので…、「パソコンやスマホを使って二重ルーター状態を判別する方法」も次の項目で紹介していきます!

二重ルーターになっているかどうかの確認方法を解説!

二重ルーター状態の確認方法について解説していきます!

1.パソコンがある場合、「tracert」コマンドで確認する

コマンドプロンプトの開き方

自宅にパソコンがある場合、「コマンドプロンプト」上で「tracert」というコマンドで確認する事が可能です。

Windows10の場合、画像のように「コマンドプロンプト」を検索し、コマンドプロンプトを実行してください。

コマンドプロンプトで「tracert -d 8.8.8.8」と入力します。

結果は下記のように表示されるかと思います。

tracertの実行結果

この時、オレンジ線で囲った「192.168.〇.〇」の部分が2つ以上ある場合、二重ルーター状態になっています。1つだけだった場合は問題ありません!

解消するには、2台あるどちらかの機器のルーター機能をOFFにすればOKです。詳しくは後程解説しています。

2.パソコンがない場合、スマホアプリ「Fing」で確認する

Fing (フィング) - ネットワークツール

Fing (フィング) – ネットワークツール

Fing Limited無料posted withアプリーチ

パソコンを持っていない場合、スマホアプリの「Fing」を利用して調べます。iOS・Android両方に対応しています!

fingの起動画面

ダウンロードしたら利用規約など諸々を確認してください。位置情報は許可、アカウントは不要です。

fingで二重ルーター状態を確認する方法

画面一番下の「Traceroute」を選択し、宛先に「www.google.co.jp」と入力します。

すると、Googleのサーバーまで辿り着く経路を調べてくれます。

fingのtracerouteの実行結果

この時、「192.168.〇.〇」が自宅内のルーター情報となります。もし2つ以上あった場合、二重ルーター状態になっていると考えられます。

「Fing」というアプリは二重ルーター状態の確認以外にも、ルーターのアクセス状況や世界のサーバー障害状況の確認、通信速度測定など、インターネットに関して色々と知れる便利ツールです!

二重ルーター状態を解消するには、ブリッジモードを活用するなりして、片方のルーター機能をOFFにすればOKです!詳しくは次の項目で解説していきます。

二重ルーター状態を解消するには「ブリッジモード」を活用しよう!

ブリッジモードの設定方法

ルーター機能を持った機器を1つだけにすれば、二重ルーター状態は解消されます。

一番簡単なのは、2台目に設置した(一番外側)機器のルーター機能をOFFにする事です。

最近のルーターなら「ブリッジモード」もしくは「AP(アクセスポイント)モード」が搭載されているかと思いますので、この機能をONにしてください。

すると、有線LANやWi-Fi接続機能のみを提供し、ルーター機能(IPアドレスの割り当てなど)はOFFにする事ができます!

「ブリッジモード」への変更方法は機種によって異なりますが、バッファローやエレコムのルーターは、背面のスイッチだけで切り替えれる機種も多いです。
※写真はバッファローのルーターです。

ブリッジモードについて、詳しくは下記記事も参考にしてみてくださいね。

ブリッジモードの使用シーン
ルーターの「ブリッジモード」とは?利用シーンと使い方を徹底解説!ブリッジモードの役割・メリット・利用シーンを徹底解説!ルーター機能をOFFにするブリッジモードの使い方を紹介しています。使い方が難しいですが、是非参考にしてみてください。...

二重ルーター状態が及ぼす問題点(デメリット)について

二重ルーター状態が及ぼす影響について、紹介していきます。

普通に使っている分には、二重ルーター状態でもあまり困らないかと思います。が、一部コンテンツやポート開放を利用したりする時に不都合が生じます。

デメリット1.通信速度が遅くなったり、不安定になったりする

二重ルーター状態になると、データを伝達する際に余計な経路を1つ経由するので、通信速度は少し遅くなってしまいます。また、通信が途切れたり、不安定になってしまう事もあるでしょう。

ただ、対人ゲームや高画質動画など、高品質な通信が必要なシーン以外では、気にならないかと思います。

デメリット2.一部のコンテンツ(ゲームなど)のアクセスが出来なくなる

二重ルーターでよくある症状で、一部のコンテンツが利用できなくなる場合があります。

特にPS4やSwitchのオンラインプレイが出来なくなる、といった症状が多いです。

NATタイプが変動するのも「二重ルーター状態」が原因です。NATタイプについては下記記事で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

NATタイプの改善方法
PS4のNATタイプが「失敗/タイプ3」になる時の原因と対処法4つを徹底解説!PS4やSwitchの「NATタイプ」が原因でオンラインプレイが出来ない時の原因と対処法を解説しています。ポート開放のやり方も解説しているので、是非参考にしてみてください。...

デメリット3.ポート開放の設定が面倒、もしくは不具合が生じる

二重ルーター状態でのポート開放手順

  • 2台目(外側に設置してある)のルーターのWAN側IPアドレスを確認
  • 1台目のルーターで、↑で確認したIPアドレスでポート開放設定を行う(ポート番号は開放したい番号)
  • 2台とも開放したいポートの設定を行う(パソコン等のIPアドレス+開放したいポート番号の設定)

二重ルーター状態だと、ポート開放がうまくいかない場合があります。

上記の手順で一応ポート開放は可能ですが、ルーターの機種や相性などで、うまくいかなかったり、不安定だったりする可能性があります。

ポート開放したい場合は、素直に2台目のルーターをブリッジモードにすべきでしょう。

二重ルーター状態にメリットはあるの…?

二重ルーター状態のメリット

  • ルーターのセキュリティ機能を二重に活用できる
  • ルーター台数が増えるので、接続台数やWi-Fi対応エリアを増やせる
    ※この目的の場合はブリッジモードや中継器、メッシュWi-Fi利用がおすすめ

ここまで二重ルーター状態のデメリットを紹介してきましたが、一応、メリットもあります。

それは、ルーターの「セキュリティ対策」が二重で使えるので、簡単にセキュリティ面を強固にできる、という点です。

ゲームをしない場合や、普段使いたいコンテンツで通信に問題がない場合、二重ルーター状態のままで使っても問題ありません。

また…、「二重ルーターのメリット」という訳ではないですが、単純にルーターを2台以上設置すれば、ネットに接続できる台数やカバーできるエリアを増やせます。

接続台数を増やしたり、広い家全体をWi-Fiをカバーしたい、という目的で2台目以降のルーターを購入する場合は、ルーターではなく「中継器」を使ったり、「メッシュWi-Fi」をブリッジモードで利用したり、を検討してみてください。

メッシュWi-Fi
メッシュWi-Fiとは?中継器との違いやメリットデメリット5つで解説!家内のWi-FIを強化できる「メッシュWi-Fi」について解説しています。簡単な仕組み説明やメリット・デメリット、おすすめのメッシュWi-Fi機種も紹介しています。是非参考にしてみてくださいね。...

まとめ

二重ルーターまとめ
  • ルーター機能を持った機器を2台以上置くと「二重ルーター状態」に
  • ホームゲートウェイなど、ONUにルーター機能を兼ね備えた機器があるので注意
  • 「tracert」コマンドや、アプリ「Fing」で二重ルーター状態を確認できる
  • 二重ルーター状態だと一部コンテンツが利用できなくなる(特にゲームで多い)

この記事では、二重ルーターについて解説しました。

その名の通り「ルーターを2台以上置いていること」を二重ルーターと呼びますが、一部の通信事業者では「ONUにルーター機能を兼ね備えたホームゲートウェイ」を提供している事もあるので要注意です。

現在、二重ルーター状態なのかよく分からない時は「tracert」コマンドや、アプリ「Fing」で確認可能です!

二重ルーター状態は、2台目のルーターのルーター機能をOFFにすれば解消できます。ブリッジモード(APモード)を活用しましょう。

二重ルーター状態で困っている方の参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございます!

ルーターの写真
Wi-Fiルーターの寿命は何年ぐらい?目安や買い替えタイミングを解説!Wi-Fiルーターの寿命について徹底解説!ルーターが寿命だと、インターネットが遅くて不便になります。寿命と買い替えタイミングの目安を紹介しているので、是非参考にしてみてください。...
エレコム製ルーターってどうなの?特徴やおすすめルーターを紹介!エレコム製ルーターについて徹底解説!会社情報から評判、おすすめ機種や設定方法まで解説しています。日本製ルーターなので、あまり回線やルーターに詳しくない方にもおすすめできます。是非参考にしてみてください。...
Google Chromeが重い時の原因・対処法を解説
【2020年版】Google Chromeが重い時の原因&対処法5つを徹底解説! Google Chromeが重くなる3つの原因とは? まずは、Google Chromeが重くなる原因について紹介していき...
オンラインゲームがラグい時の原因・対策まとめ
オンラインゲームがラグい時の対策5つを紹介!ラグい原因とは?ゲームがラグい時の原因・対策についてまとめました。原因のほとんどが「使っている回線の遅さ」なので、回線環境を改善する必要があります。ラグに困っている方は参考にしてみてください。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA