本当に無制限?どんなときもWiFiを使って分かったデメリットと評判を暴露!

【2019年最新】どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較!

donnnatokimo-wimax-hikaku-eyecatch

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
なるほどwifi」編集部のダイゴです。

近頃人気急上昇中の「どんなときもWiFi」。同じく人気のモバイルルーターWiMAX」とどちらを契約するべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回の記事ではどんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較していきます…!

どんなときもWiFiとWiMAXどちらを契約するべきか悩んでいる人の参考になれば幸いです♪

どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較!

比較項目 どんなときもWiFi WiMAX
対応エリア ほぼ日本全域 田舎や山間部は弱い
通信速度 10Mbps~30Mbps 20Mbps~60Mbps
回線 softbank 4GLTE
au 4GLTE
docomo 4GLTE
WiMAX2+
端末 GlocalMe D1 W06
WX05
L02
容量制限 無制限 3日で10GB
月額料金 3,480円 4,380円
違約金 19,000円 19,000円
キャッシュバック 無し 最大37,100円
海外利用 可能 不可

ここでは、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較していきます。各項目毎に詳しく比較していくので、モバイルルーター選びの参考にしていただければと思います。

表の比較項目をクリックすると、該当の比較項目の詳細比較に飛びます。こちらもよかったら活用してください。

①対応エリアで選ぶならどんなときもWiFi

どんなときもWiFi WiMAX
対応エリア ほぼ日本全域に対応 田舎・山間部は非対応

電波が届いて通信をすることができる対応エリアに関しては、WiMAXと比べてどんなときもWiFiが圧倒的に優れています。

どんなときもWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、au・softbank・docomoの3大キャリア全ての電波を受信することができます。そのため、ほぼ日本全域で通信することができます。

一方で、WiMAXは田舎や山間部では非対応のエリアも多くなっています。WiFiを対応エリアで選ぶならどんなときもWiFiの方がおすすめです!

「クラウドSIM」とは、端末本体にSIMカードを挿さずにクラウドサーバー上に無数に接続されているSIMカードで通信を行う方式のことです。

例えば、山間部ならドコモが繋がりやすいからドコモのSIMに接続。都心ならauが速いからauのSIMに接続。といったようにその場その場で最適なSIMを選んで接続できる方式になっているんです。

そのため、従来のように1つのキャリアの対応エリアや容量制限に縛られず通信することができるようになっているんですよ♪

②通信速度が速いのはWiMAX!

どんなときもWi-Fi ワイマックス
最大通信速度
(理論値)
150Mbps 1.2Gbps
通信速度
(実測値)
10~30Mbps 20~60Mbps

どんなときもWiFiとWiMAXを通信速度で比較した場合、WiMAXの方が圧倒的に優れています。

WiMAXは首都圏であれば、平均して20Mbps以上の速度が出ます。100Mbps近くでる事もよくありますよ…!ただし、山間部や田舎では思うように速度が出ないので注意が必要です。

一方でどんなときもWiFiは安定して10Mbps~30Mbpsの間の速度になります。また、田舎や山間部でも同じような速度が出るのが強味です。

通信速度を重視しているようでしたら、首都圏在住ならWiMAX。田舎や山間部に住んでいるようでしたらどんなときもWiFiがおすすめです。

③回線品質で選ぶならどんなときもWiFi

どんなときも WiFi wimax
回線の種類 au 4GLTE
softbank 4GLTE
docomo 4GLTE
WiMAX2+
屋内の電波 繋がりやすい 繋がりにくい
速度 普通 速い

どんなときもWiFiとWiMAXの回線を比較すると、それぞれ違った特徴があることがわかります。

どんなどきもWiFiは、LTE回線を受信しているので屋内や地下でも繋がりやすいですが速度はそこまで速くありません。

一方でWiMAX2+回線を受信するWiMAXは、屋内や地下など障害物に弱い反面、通信速度が非常に速い特徴があります。

そのため、屋内や地下・山間部での利用が多いのであればどんなときもWiFi。首都圏での屋外利用が多く速度が速いほうが良いならWiMAXがおすすめです。

④端末の性能で選ぶならWiMAX

比較項目 どんなときもwifi WiMAX
GlocalMeD1 W06 L02
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:1.2Gbps(※1)
上り:75Mbps
下り:1.0Gbps
上り:75Mbps
連続通信時間 12時間 6時間 コンセント給電
wifi規格 IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n
IEEE802.11a/n/ac
IEEE802.11b/g/n
IEEE802.11a/n/ac
重量 151g 125g 436g
最大接続台数 5台 16台 42台

※1:USB接続時の最大通信速度です。
どんなときもWiFiとWiMAXの端末の性能を表で比較してみました!

どんなときもWiFiの端末のGlocalMeU2は、最大通信速度や接続可能台数など全体的に性能は高くありませんが最大通信時間が12時間と長いのが特徴です。

一方で、WiMAXの端末のW06やL02は最大通信速度が非常に速く接続可能台数も多いです。また、「IEEE802.11a/n/ac」に対応しており5GHz帯での通信が可能な点が特徴ですね。

端末の性能で選ぶならWiMAX。電池持ちの良さで選ぶならどんなときもWiFiの端末がおすすめです!

文中の「IEEE802.11a/n/ac」とは、WiFiの通信規格のことで5GHz帯での通信に対応した最新の規格です。

従来の2.4GHz帯での通信と比べて、5GHz帯での通信は電波干渉が少ないため通信時のロスが起こりにくく速度が出やすい特徴があります。

ただし、2.4GHz帯よりも障害物に弱いので部屋の壁を挟んでの通信など障害物を挟んで通信する場合速度が一気に出なくなる点に注意が必要です。

一方で2,4GHz帯での通信は、電子レンジやBlootoothの電波と干渉するため速度が出にくいです。また、レンジの電源を入れた瞬間に通信が切断されるようなこともあります。

モバイルルーターの様な、端末とWiFiルーターが近距離にある通信の場合は速度が出やすい5GHz帯での通信がおすすめです。

⑤容量や速度制限で選ぶならどんなときもWiFi

どんなときもwifi ワイマックス
容量制限 無制限 3日で10GB
速度制限 384kbps 1Mbps

どんなときもWiFiとWiMAXを容量・速度制限の点で比較した場合、どんなときもWiFiが圧倒的に優れています。

まず、どんなときもWiFiは基本的に通信容量完全無制限のWiFiです。当サイトで検証した結果、1日100GB使っても速度制限がかからないことが確認出来ています。

一方で、WiMAXには3日で10GBの制限があるためYouTubeなどの容量を大量に消費するコンテンツを利用した場合速度制限がかかる事が多いです。

速度制限がかかった場合の速度についてはWiMAXの方が速いのですが、そもそもどんなときもWiFiは国内利用であれば速度制限がかかることはほとんどありません。

そのため、たくさん容量を使いたい人にはどんなときもWiFiがおすすめです。また、下記関連記事で無制限の真相について検証しているので、気になる人は読んでみてください。

【遅いは嘘?】どんなときもWiFiの速度や容量無制限の真偽を徹底検証!2019年の3月17日のサービス開始から一気に人気急上昇中の「どんなときもWiFi」。ネット上での評判や佐藤二朗さん出演のCMを見て、速度が遅いって本当?通信量無制限って本当??などと気になっている人も多いのではないでしょうか…?今回の記事では実際にどんなときもWiFiを契約して使っている私が、「どんなときもWiFiの速度」や「どんなときもWiFiの通信制限」などについて解説していきます。...

⑥月額料金がお得なのはどんなときもWiFi

どんなときもwifi WiMAX
月額料金
(割引無し)
3,480円 4,380円
月額料金
(割引考慮)
3,480円 3,207円

どんなときもWiFiとWiMAXを月額料金で比較した場合、どんなときもWiFiが優れています。

どんなときもWiFiの月額料金は2年間一律で、3,480円です。一方で、WiMAXの月額料金は4,380円と900円も高いんです…汗

厳密に言えば、WiMAXはプロバイダ毎に割引きがありますしキャッシュバックがあります。なので、実質月額料金はもう少し差が縮まります。

WiMAXで最も安いGMOとくとくBBの実質月額は3,207円です。ですが、この金額は高額キャッシュバックを受取忘れない前提の金額です。

そのため、月額の点では、何もせずとも2年間一律3,480円と安く使えるどんなときもWiFiが優れていると言えます。

⑦どんなときもWiFiとWiMAXで違約金に違いは無い!

どんなときも wifi wimax
解約違約金 19,000円 19,000円

どんなときもWiFiとWiMAXを解約違約金で比較した場合、両者に差はありませんでした。

どんなときもWiFi・WiMAX共に縛り期間中に解約した場合の違約金の最高額は19,000円です。

契約年数により違約金は安くなっていくのですが、どんなときもWiFi・WiMAX共に19,000円→14,000円→9,500円の金額で下がっていきます。

そのため、解約違約金でどんなときもWiFiとWiMAXを比較した場合の差は無いと言えますね。

⑧キャッシュバックやキャンペーンがお得なのはWiMAX

どんなときもWiFi WiMAX
キャッシュバック なし 最大37,150円
キャンペーン 月額割引き 月額割引き
キャッシュバック
解約違約金負担など

どんなときもWiFiとWiMAXをキャッシュバック額やキャンペーンで比較した場合、WiMAXの方が魅力的です。

どんなときもWiFiは元がお得なので、キャッシュバックやお得なキャンペーンは行っていません。強いて言えば月額割引きキャンペーンを行っているくらいですね。

一方でWiMAXはプロバイダ毎に様々なキャンペーンが展開されており、時期によって変わりますが最大4万円前後のキャッシュバックや乗換時の解約違約金負担などお得なキャンペーンが目白押しです。

そのため、キャッシュバックやキャンペーン内容を重視してWiFiを選ぶならWiMAXをおすすめします。

また、次の関連記事でWiMAXのキャッシュバックがお得なWiMAXを紹介しています。気になるようでしたら読んでみてください!

【2019年10月】WiMAX 2+全31社のキャッシュバックを比較し最善の1社を解説!光回線に匹敵する程高額なキャッシュバックが貰えるWiMAXですが、どこで契約するとキャッシュバックが一番お得なのか知りたい人は多いのではないでしょうか?WiMAXは3年契約ですから、一度失敗すると3年間我慢しなくてはいけません。そのため、なるべく慎重に比較して最もお得なWiMAXを契約したいですよね…!今回の記事では、WiMAX全31社を徹底比較した上で「WiMAXをキャッシュバック額で選ぶ際の注意点」「キャッシュバックが最もお得なWiMAX」などについて解説していきます。 ...

⑨海外利用でも使えるのはどんなときもWiFiだけ!

どんなときもwifi WiMAX
海外利用 可能 不可

どんなときもWiFiは、国内・海外どんなところでも使える事が特徴のWiFiです。一方でWiMAXは、国内向けのWiFiなので海外で使う事はできません…汗

国内でも海外でも手続無しで同じ端末で通信できるのは魅力的ですよね。

どんなときもWiFiを海外利用する場合1日当たり1,280円~と割高ですが、いつもの端末でいつも通り通信できるメリットが勝るかと思います。

そのため、海外旅行に行く事が多い人には、どんなときもWiFiは非常におすすめのWiFiです。

結論!総合的にみておすすめなのはどんなときもWiFiです!

どんなときもwifi

ここまで、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で比較してきましたが総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiです。

どんなときもWiFiは、対応エリアが広く田舎や山間部でも繋がりますし、速度も安定して10Mbps~30Mbps程度出るため誰にでもおすすめできるWiFiです。

また、月額料金も3,480円と安く縛り期間も2年間です。月額が4,380円で3年縛りのWiMAXと比べて料金の面でもお得ですね。

その他、海外でも使える点や端末の電池持ちが良い点などを考えると総合的に見て満足度が高くおすすめできるのが「どんなときもWiFi」なんです!

どんなときもWiFiとWiMAXのどちらを契約するか迷っているようでしたら、どんなときもWiFiを選べば後悔することはありません。

どんなときもWiFiの公式HPはこちら

首都圏在住で速度重視ならWiMAXもあり!

UQ WiMAX

総合的に見ておすすめのWiFiはどんなときもWiFiでしたが、首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXの契約がおすすめです。

WiMAXの特徴はとにかく速度が速いことです。首都圏であれば、平均して20Mbps~60Mbps程度の速度がでますし場所によっては100Mbps以上の速度がでることもあります。

YouTubeの1080pの高画質動画もスムーズに見る事ができますよ!また、pingも平均して50ms以下に収まるので、FPS以外のネットゲームであれば快適にできます。

どんなときもWiFiとWiMAXの契約で迷っていて、「首都圏在住」「通信速度重視」という条件であればWiMAXの契約をおすすめします。

当サイトでは、全31社のWiMAXを比較して特におすすめの10社をランキング形式で紹介しています。WiMAXの契約を検討しているようでしたら是非参考にしてください。

WiMAX全31社比較を見る!

どんなときもWiFiとWiMAXの比較に関するまとめ

今回の記事のまとめ
  • どんなときもWiFiは料金が安く国内・海外どこでも繋がるのが特徴
  • WiMAXは通信速度が速くキャンペーンが豊富なことが特徴!
  • 比較の結果おすすめなのは「どんなときもWiFi」
  • 首都圏在住で通信速度重視ならWiMAXがおすすめ!

今回の記事では、どんなときもWiFiとWiMAXを9つの項目で徹底比較してきました。

比較の結果、どんなときもWiFiは「どこでも繋がる」「料金が安い」WiMAXは「速度が速い」「キャンペーンが豊富」といった特徴があることがわかりました。

WiMAXは、首都圏では通信速度が非常に速いので首都圏在住で通信速度を重視してWiFiを選ぶ人におすすめです。

総合的に見てどんな人にもおすすめできて優れたWiFiは「どんなときもWiFi」です。迷ったらどんなときもWiFiを契約すれば損はしませんよ…!

どんなときもWiFiの公式HPはこちら


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA