本当に無制限?どんなときもWiFiを使って分かったデメリットと評判を暴露!

どんなときもWiFiの海外での利用料金や速度・注意点などを解説!


編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
なるほどwifi」編集部のダイゴです。

2019年3月からのサービス開始から話題の「どんなときもwifi」。海外での料金や使い方について気になっている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、「どんなときもwifiの海外での利用料金」「どんなときもwifiの海外での使い方」などについて解説していきます。

どんなときもWiFiの海外利用を考えている方の参考になれば幸いです。それでは、本文に入っていきましょう!

どんなときもWiFiの海外利用料金を解説!

エリア1 エリア2
料金 1,280円/日 1,880円/日

まずは、どんなときもWiFiの海外での利用料金を解説していきます。どんなときもWiFiの海外での利用料金はエリアによって変わります。

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米地域を含むエリア1では1日当たり1,280円。中東・中米・南米・アフリカを含むエリア2では1日当たり1,880円の料金がかかります。

料金の発生は、どんなときもWiFiの電源を入れた時です。そのため、海外に居ても1日中電源を入れなければ料金が発生することはありません。

また、海外で利用した場合の日額は日本での月額料金に加算されます。例えば、韓国で1日どんなときもWiFiを使った場合、翌月の請求は3,480円+1,280円=4,760円になります。

どんなときもWiFiの利用料金が変わる「エリア1」と「エリア2」に含まれる国については、それぞれ下記にまとめているので気になる人は参考にしてください!

エリア1の対応国


韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー・オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島・アメリカ・カナダ

エリア2の対応国


UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン・コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ・南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

どんなときもWiFiの海外での速度テスト結果を解説!

次に、どんなときもWiFiを実際に海外で使った時の速度について解説していきます。最近、「ギリシャ」と「ハワイ」の2ヶ国に旅行に行ったので、現地での速度測定結果を紹介しますね!

どんなときもWiFiの海外での通信速度について気になっているようでしたら、是非目を通してみてください。

どんなときもWiFiのハワイでの速度テスト結果→15.2Mbps!

どんなときもwifi速度①

どんなときもWiFiをハワイで使って見た結果、問題無く通信できました!

海外でいつもと同じようにWiFiが使えるのは、ノンストレスでありがたいです。

どんなときもwifi速度②

速度テストの結果は、下り「15.2Mbps」でした。日本で使った場合の速度が「10Mbps~30Mbps」なので、日本と同じ程度の速度がでていますね!

海外旅行のためにWiFiをレンタルすると、速度が遅くて困ることがあります。海外でも日本と同じ速度がでるのはとてもありがたいですね。

どんなときもWiFiのギリシャでの速度テスト結果→35Mbps!

どんなときもwifi速度③

どんなときもWiFiをハワイで使って見た結果、やはり問題なく通信できました!

ヨーロッパを訪れるのは初めてなので、とりあえずWiFiが繋がって一安心したのを覚えています。

どんなときもwifi速度④

速度テストの結果は、下り「35Mbps」でした。日本よりも速度が速くて驚きました!

海外のWiFiは遅いものだと思っていたので、日本よりも速い速度がでるのは予想外でした。

どんなときもWiFiの海外での使い方を解説!

どんなときもwifiは海外でも簡単に使えます

どんなときもWiFiの料金や速度について解説できたところで、どんなときもWiFiを海外での使い方について解説していきます。

ズバリ、どんなときもWiFiは海外でも日本と同じように使えます!特に申し込みや特殊な設定をする必要はありません。

海外についたら、電源を入れればそのまま使うことができるんですよ!日本と同じように、現地で最適な回線に接続して通信できるようになります。

どんなときもWiFiの海外利用での3つの注意点!

どんなときもWiFiの海外利用での注意点
  • 1日1GBの制限に注意!
  • 1瞬でも電源を入れるとお金がかかる!
  • 国をまたぐと料金が変わる場合がある!

最後に、どんなときもWiFiを海外利用する際の3つの注意点について解説していきます。

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。どんなときもWiFiの海外利用を考えているようでしたら、是非目を通してみてください。

1日1GBの制限に注意!

容量制限 制限速度
1日1GB 384kbps

どんなときもWiFiを海外で使う際の注意点1つ目は、1日1GBの制限があることです。

どんなときもWiFiは国内で使う場合容量制限はありませんが、海外で利用する際は1日1GBの制限があります。

1日1GBの容量制限を使い切ると、384kbpsの速度制限がかかるのでどんなときもWiFiを使う場合は1日の容量制限に注意しましょう!

1瞬でも電源を入れるとお金がかかる!

電源を入れるイメージ画像

どんなときもWiFiを海外で使う際の注意点2つ目は、1瞬でも電源を入れるとお金がかかる点です。

どんなときもWiFiを海外で使う場合、電源を入れた時点で日額の1,280円か1,880円が請求されます。

仮にその日は使うつもりが無くても、誤って一瞬でも電源をいれれば料金が請求されることになります。

そのため、どんなときもWiFiを使うつもりが無い日は、ホテルに置いておくなど注意する必要があります。

国をまたぐと料金が変わる場合がある!

国を跨ぐと料金がかかるので注意!

どんなときもWiFiを海外で使う際の注意点3つ目は、国をまたぐと料金が変わる場合があることです。

画像の様に、どんなときもWiFiの海外での利用料金はエリアによって2種類あります。旅行中に料金が変わるエリアを跨ぐと、利用料金が2重で請求されることにるんです…!

例えば、エリア1のアメリカからエリア2のチリに1日のうちに移動すると1,280円+1,880円で3,160円請求されることになります。

どんなときもWiFiを海外で利用する場合は、国を跨いで移動する場合の料金に注意が必要です。

どんなときもWiFiのまとめ

今回の記事のまとめ
  • どんなときもWiFiの海外での利用料金は1,280円~1,880円
  • どんなときもWiFiは海外でも日本と同じ程度の速度がでる!
  • どんなときもWiFiを海外で使う場合特に申し込みや設定は不要!

今回の記事では、どんなときもWiFiの海外利用を検討している人に向けて「利用料金」や「速度」「使い方」などについて解説してきました。

どんなときもWiFiを海外で使う場合、渡航先の国によって1日1,280円 or 1,880円の利用料金がかかります。

海外に渡航した先での使い方は、日本と同様です。特に設定や申し込みをする必要は無いんですよ!その場で電源をいれれば日本と同じ感覚で使えます。

また、速度についても日本と同等か日本以上の速度が出るので何も心配する必要はありません!

どんなときもWiFiは海外でも何不自由無く使うことができるWiFiです。海外旅行に行くことが多い人は、是非契約を検討してみてください。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA