ポケットWi-Fi

【ガチ無制限】どんなときもWiFiの評判と8のメリットデメリットを解説!

どんなときもWiFiのスペック
初期費用 3,000円
月額料金 3,280円
配送料 無料
発送までの期間 最短即日
最短契約日数 2年間
通信速度 150Mbps
通信量制限 無制限
制限速度 384kbps
取扱端末 U2s
支払い方法 クレジットカード,口座振替
編集部ダイゴ
編集部ダイゴ
「どんなときもWiFiの口コミ評判が知りたい」「どんなときもWiFiのメリットデメリットは?」などなどが気になって、どんなときもWiFiを使っている人の生の口コミを探している人は多いと思います。

私は実際にどんなときもWiFiを契約していますが、契約前にはTwitterや5chで口コミを徹底的に調べました。なので、その気持ちはとってもよく分かりますよ♪

そこで今回の記事では、どんなときもWiFiを実際に利用している私が「どんなときもWiFiの口コミ」「どんなときもWiFiのメリット・デメリット」などについて解説していきます。

最後まで読んでいただければ、どんなときもWiFiに関する疑問が解決します。契約を考えているのであれば必ず役立つ情報を見つけることができるでしょう。是非、参考にしてください。

どんなときもWIFIの公式HPはこちら

目次

「どんなときもWiFi」の悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

このパートでは、どんなときもWiFiのTwitterでの悪い評判と良い評判についてまとめて、徹底分析していきます。

Twitter上の口コミを調べるのは、ステマが少なく素人のユーザーの生の声が大量に投稿されているからです。

「本当に容量制限は無いの?」「速度はどの程度?」など契約前に気になる疑問に答える口コミをピックアップしていきます。是非読んでいってくださいね♪

「どんなときもWiFi」の悪い評判

どんなときもWiFiは本当に通信がかからなくて便利だよ!でも、ルーターが大きくて重いのがちょっと気になるかな…。

最近契約したどんなときもWiFi、ルーターの右上の出っ張りがひっかっかって持ち歩きにくい。速度も出るし容量制限も無いから便利なんだけどそこだけ気になります。

どんなときもWiFiの悪い評判について調べてみました。

結果、悪い評判で多かったのは「ルーターが大きくて重い」「ルーターの形状が使いづらい」といった内容でした。

どんなときもWiFiのルーターは「クラウドsim」という最新技術に対応しているため、端末が少し大きめにつくられているのは事実です。

WiMAXの最新機種W06と比較すると、厚みが3mm程厚く30gほど重くなっています。

ただし、端末の使いづらさよりも容量制限が無いことや通信速度が速いことのメリットが大きいのであまり気にする必要は無いと思います。

「どんなときもWiFi」の良い評判


どんなときもWiFiのネット上での良い評判について調べてみました。

結果、い評判で多かったのは「どこでも繋がって便利」「速度がしっかりでる」といった内容でした。

どんなときもWiFiは複数のsimを使い分ける「クラウドsim」を採用しているため、繋がり易く速度が速いのは事実です。

速度・対応エリア・速度制限のどの面から見ても非常に優れているWiFiであると言えます。

「どんなときもWiFi」の評判まとめ

どんなときもWiFiの悪い評判と良い評判をまとめて分析してみました。結果、全体の9割以上が良い口コミ評判でしたよ♪

どんなときもWiFiの評判としては「ルーターの形状がいまいち」「どこでも繋がって便利」「通信速度も快適」といった内容でした。

どんなときもWiFiは容量制限も無く、対応エリア・通信速度どの面から見ても非常に優れたWiFiです。

そのため、ルーターの形状さえ気にならなければ是非契約して欲しい非常におすすめできるWiFiです。

「どんなときもWiFi」の5つのメリット

このパートでは、どんなときもWiFiの5つのメリットについて紹介していきます。

それぞれのメリット毎にパートを区切って詳しく解説していきます。是非、参考にしてくださいね♪それでは、本文に入っていきましょう。

メリット①:クラウドSIM採用で3つのキャリアの回線が使える!

クラウドsimの説明画像
どんなときもWiFiは、日本で数少ない「クラウドsim」を採用した最先端のWiFiです。

クラウドsimとは、端末自体にsimカードを挿さずにクラウドサーバー上にあるsimカードを使って通信する方式です。

そのため、ルーターを起動する度に「au」「softbank」「docomo」の内の最適な回線に接続することができます。

そのため、simカード1枚で通信する通常のルーターと比べて「対応エリア」「速度」の面で優れているんです…!

メリット②:他社に比べて月額料金が安い!

どんなときもWiFi 縛りなしWiFi Broad WiMAX
月額料金 3,280円 3,300円 2,726円
~
4,011円

どんなときもWiFiの月額料金は「3,280円」です。2年目以降は3,980円となりますが、一度解約して契約しなおせば3,280円になります。

当サイトおすすめのBroadWiMAXや縛りなしWiFiと比較しても、月額料金は最安値なんですよ…!

それに加えて、対応エリア・速度の点で劣っているわけでも無くむしろ優れていると言えます。

サービスの品質も良く月額料金が非常に安いことは、どんなときもWiFiの非常に大きなメリットの1つであると言えます。

メリット③:国内外どこでもこれ一台で通信することができる!

国内 国外
利用可能地域 日本全国 世界107ヶ国

どんなときもWiFiは、これ1台で日本でも海外でも手続無く通信することができるんです…!

SIMカードを自動的に切り替える「クラウドSIM」を採用しているため、日本でも海外でもその場に合った最適なSIMを選んで通信してくれるんですよ♪

普通海外での通信には、事前の手続が必要ですし、そもそも海外で利用できないルーターがほとんどです。

そのため、日本でも海外でも手間無く通信できることはどんなときもWiFiの大きなメリットの1つであると言えます。

メリット④:最短即日発送ですぐに使うことができる!

どんなときもWiFi 縛りなしWiFi Broad WiMAX
発送 最短即日 最短即日 最短即日

どんなときもWiFiは、平日と土曜日ならそれぞれ13時と11時までに申し込むことでその日のうちに端末が発送されることが補償されています。

当サイトおすすめの縛りなしWiFiやBroadWiMAXも最短即日発送ですので、配送に関しては同等であると言えます。

その他のサービスに目を向けてみると、契約から配送まで2~3日かかるサービスも多いため最短即日で発送されることは大きなメリットであると言えます。

メリット⑤:容量制限が無く無制限で使い放題!

どんなときもWiFi FUJIWiFi Broad WiMAX
容量制限 無制限 300GB 3日で10GB

どんなときもWiFiは国内利用であれば容量制限無しで使える無制限WiFiです。サポートセンターに問い合わせたところ、実際に1TB通信しても制限がかからないそうです。

サポートセンターへの質問のスクリーンショット

このように、サポートセンターの方も「基本的に制限はかからない」と明言しています。「明らかにネットワークに負荷がかかる」というのは「DOS攻撃」など犯罪目的で異常な通信を行った場合です。

個人利用の場合、どんなときもWiFiは本当に速度制限がかからない「無制限WiFi」なんですよ…!

「どんなときもWiFi」の3つのデメリット

このパートでは、どんなときもWiFiの2つのデメリットについて紹介していきます。

それぞれのデメリット毎にパートを区切って詳しく解説していきます。是非、参考にしてくださいね♪それでは、本文に入っていきましょう。

デメリット①:2年間の縛り期間がある…

どんなときもWiFi 縛りなしWiFi SPACE WiFi
縛り期間 2年間 なし なし

どんなときもWiFiには残念ながら2年間の縛り期間があります。レンタルWiFiの中では珍しく2年間の縛り期間があるんです。

同じくレンタルWiFiの縛りなしWiFiやSPACE WiFiはもちろん縛り期間がありません。

非常に優れたサービスを安価で提供しているため仕方ないことかもしれませんが、縛り期間があることはデメリットであると言えます。

デメリット②:端末を返却する必要がある…

どんなときもWiFi 縛りなしWiFi Broad WiMAX
使用後の端末 返却する 返却する 返却しない

どんなときもWiFiは、「レンタルWiFi」なので解約する際は端末を返却する必要があります。

同様にレンタルWiFiの縛りなしWiFiも返却する必要がありますが、WiMAXやPocketWiFiは返却の必要がありません。

サービス解約後のWiFiルーターには使い道があまりありませんが、返却の手間がかかることを考えるとデメリットの1つであると言えます。

デメリット③:WiMAXと比較して速度が若干遅い…

どんなときもWiFi WiMAX
通信速度(実測値) 20~40Mbps 30~60Mbps

どんなときもWiFiは、「au」「softbank」「docomo」のキャリアのLTE回線を受信するモバイルルーターです。

そのため回線自体のスペックの問題でWiMAXと比較すると、通信速度が若干遅いことがデメリットとしてあげられます。

ただし、通常のWiFiルーターと違ってその場その場で最も電波が強い回線を選んで通信しているため普通のモバイルルーターよりは速度が速いです。LTE回線ですが、常時20~40Mbps程度の速度が期待できます。

LTE回線を受信するモバイルルーターとしては速度は速いほうなので、速度に対して強い拘りがある人以外は気にならない問題であると言えます。

上記からわかった!「どんなときもWiFi」をおすすめする人しない人

このパートでは、どんなときもWiFiのメリット・デメリットから言えるどんなときもWiFiを「おすすめする人」「おすすめしない人」について解説していきます。

「おすすめする人」「おすすめしない人」それぞれについてパートを区切って一覧形式で紹介していきます。

どんなときもWiFiの契約を考えているようでしたら必ず参考になります。是非、読んでいってくださいね♪

「どんなときもWiFi」をおすすめしない人

どんなときもWiFiをおすすめしない人
  • 解約した後も端末に格安simを刺して活用したい人
  • 縛り期間のないWiFiを契約したい人

どんなときもWiFiを特におすすめできない人は「縛り期間のないWiFiを契約したい人」です。

どんなときもWiFiはレンタルWiFiですが、2年間の縛り期間があります。縛り期間中に解約すると最大で19,000円の違約金を請求されることになります。

そのため1ヶ月や半年など短期間のレンタルの場合や、いつでも気軽に解約できるWiFiを契約したい人にはおすすめできません。

「どんなときもWiFi」をおすすめする人

どんなときもWiFiをおすすめする人
  • 繋がりやすいWiFiを契約したい人
  • 安定して速度がでるWiFiを契約したい人
  • 海外旅行に行くことが多い人
  • 月額料金が安いWiFiを契約したい人
  • 容量制限の無いWiFiを契約したい人

どんなときもWiFiを特におすすめする人は「容量無制限のWiFiを契約したい人」や「月額料金が安いWiFiを契約したい人」です。

どんなときもWiFiは多くのWiMAXやレンタルWiFiと違って本当に容量制限がありません。そのため月間1TB使っても速度制限がかからないんです…!

その上、月額料金は2年間一律で3,280円と業界最安値の水準です。容量無制限でたくさん使いたい人や、月額料金をなるべくお得にしたい人にはとてもおすすめのWiFiと言えます。

どんなときもWIFIの申し込みはこちら

「どんなときもWiFi」を損せずに契約するまでの全手順を徹底解説!

STEP① 支払い方法を選ぶ
STEP② ACアダプターオプションの有無を決める
STEP③ あんしん補償の有無を決める

このパートでは、どんなときもWiFiを損せずに契約するために注意すべき全手順について解説していきます。

注意すべきポイントを3ステップに分けて詳しく解説していきます。契約を考えているようでしたら必ず参考になります。是非読んでいってください。

ステップ①:支払い方法を選ぶ

クレジットカード 口座振替
月額料金 3,280円 3,980円

どんなときもWiFiを損せず契約するためには、まず始めに支払い方法を選びましょう。

支払い方法は「クレジットカード」と「口座振替」の2種類から選ぶことができて、クレジットカードに比べて口座振替は月額700円高くなります。

2年間に換算すると、16,800円の違いです。クレジットカードを持っているなら、なるべくクレジットカード払いで契約することをおすすめします。

ステップ②:ACアダプターオプションの有無を決める

オプション Amazon
価格 1,800円 1,780円

次にACアダプターオプションの有無を決めます。ACアダプターオプションは、1,800円で急速充電対応の充電器を購入できるオプションです。

ちなみに、Amazonで同等の商品を購入した場合の価格が1,780円ほどです。

価格を考えると特に高すぎるということもないので、充電用のACアダプターを持っていないのであればオプションで購入しても良いと思います。

ステップ③:あんしん補償の有無を決める

あんしん補償有り あんしん補償無し
破損 0円 18,000円
紛失 18,000円 18,000円

最後にあんしん補償の有無を決めておきましょう。あんしん補償は月額400円で端末破損時の弁済金が無料となるオプションです。

ただし、盗難・紛失や改造など故意の破損の場合は弁済金は補償されず、18,000円の弁済金がかかります。

2年契約すると9,600円ですから、一度でも端末が破損することがあればお得なオプションと言えます。

ただし、WiFiルーターを壊してしまうことなんてあまりないと思います。そのため、日頃から端末を大切に扱う事ができるのであればオプションは付けなくてもいいと思います。

「どんなときもWiFi」の解約方法についても事前に理解しておこう!

どんなときもWiFiの解約方法
  • STEP①:カスタマーセンターに解約の連絡をする
  • STEP②:レンタルしている端末を返送する
  • STEP③:返却確認のメールが届き次第解約完了

どんなときもWiFiを損せず契約する方法が理解できたところで、解約方法についても軽く解説しておきます。

解約を希望する場合カスタマーセンター(0120-048-277)に電話して解約希望である旨を伝えましょう。

その後、端末の返送方法や返送先について指示があるので指示に従って端末を返送します。

最後に、どんなときもWiFiから端末の返送確認と解約完了のメールが届いたら解約手続は完了です。

「どんなときもWiFi」の会社概要

正式名称 どんなときもWiFi
会社名 株式会社 グッド・ラック
住所 福井県福井市栂野町第15号1番地2
電話番号 0120-048-277
公式HP 公式HPはこちら

まとめ

今回紹介したこと
  • どんなときもWiFiの悪い口コミの真相
  • どんなときもWiFiをおすすめする人・しない人
  • どんなときもWiFiの損しない契約方法
  • どんなときもWiFiのの解約方法
  • どんなときもWiFiに関する細かいFAQ

今回の記事では、どんなときもWiFiを実際に利用している私がどんなときもWiFiの悪い評判の真相や8つのメリット・デメリットについて解説してきました。

どんなときもWiFiの口コミ評判には「ルーターの形状が使いづらい」「繋がり易くて快適!」「速度が出て良い!」などの評判が多かったです。

私も実際に使って見て、繋がりやすさや速度の速さを実感しています。ルーターの形状に関しては出っ張っている部分が気になります。ポケットに入れて持ち運ぶのはきついですね…。

ですが、モバイルWiFiルーターで重要な「繋がり安さ」「速度」に加え容量制限が無く無制限に使えるメリットを考えると全く気にならないデメリットです。

どんなときもWiFiは月額料金が安く容量無制限のWiFiを探している人におすすめのWiFiです。契約を検討しているようでしたら、契約して後悔する事はありませんよ!

どんなときもWIFIの公式HPはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA