悪い評判は本当?ドコモ光のデメリット3つとメリット8つで全解説!

ドコモ光のIPv6接続とは?対応プロバイダやルーターの設定方法を紹介!


編集部ウッチー
編集部ウッチー
こんにちは「なるほどwifi」編集部のウッチーです。この記事ではドコモ光のIPv6接続について解説します。

通信速度が速くなると話題のIPv6ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

IPv6に対応しているドコモ光のプロバイダや、通信速度が速くなる接続方法についてお伝えしていきます。

光回線の速度が遅くて困っている人は、この記事を読んでIPv6接続について正しく理解しましょう!

そもそもIPv6接続とは?通信速度が速くなるの?

まずはIPv6とはそもそもどのような通信規格なのかをお伝えしていきます。

専門的な用語も多く少し難しい内容になりますが、一つ一つ丁寧に解説するのでじっくり読んでみて下さいね!

IPv6はIPアドレスの不足を解消するために開発された通信規格!

点滅する世界各地

IPv6とは、従来の通信規格であるIPv4の問題点を解消するために開発された通信規格です。

インターネットが急速に普及したため、ネット上の住所にあたる『IPアドレス』の数が足りなくなってしまいました。

その問題を解消するために開発されたのがIPv6なのですが、IPv4方式でのIPアドレス43億個に対して、IPv6でのIPアドレス数は340潤個となっています。

『潤(かん)』とは、10の36乗にあたり、実質無限大に近い数だと言えるでしょう。

IPv6接続の開発により、IPアドレスの不足問題は解消できたと言っても間違いないと思います。

IPv6接続ではPPPoE方式とIPoE方式での接続が可能!

PPPoE方式(トンネル方式) IPoE方式(ネイティブ方式)
正式名称 PPP over Ethernet Internet Protocol over Ethernet
特徴 専用の宅内機器(トンネルアダプタ)が必要 IPv6接続用の宅内機器が不要
アドレスの使い分け トンネルアダプタにより2つのIPv6アドレスを使い分ける IPv6アドレスの使い分けは不要
IPv6アドレスの払い出し ISP事業者が払い出し BBIXが払い出し

勘違いしている人も多いのですが、IPv6接続は通信速度の改善のために開発されたという訳ではありません。

そのため、IPv6接続を利用したからと言って、通信速度が速くなる事は無いのです。

ただし、IPv6接続を利用すれば、IPoE方式という通信方式を利用することが出来ます。その結果、従来の通信方式よりも高速での通信が利用できるのです。

ドコモ光のプロバイダは、全てIPv6接続に対応しています。ただし、IPoE方式に対応していないプロバイダもあるので要注意!

詳しくは次の章でお伝えしていきますが、IPv6接続に対応しているからと言って油断することは出来ないのです…。

PPPoE方式にしか対応していないプロバイダではなく、IPoE方式に対応しているプロバイダを選ぶようにしましょう!

IPv6接続に対応しているドコモ光のプロバイダ一覧!

プロバイダ名 通信方式 申込要否
ドコモnet IPoE 不要
plala IPoE 不要
So-net IPoE 不要
GMOとくとくBB IPoE 不要
@nifty IPoE 不要
DTI IPoE 必要
IC-NET IPoE 必要
Tigers-net.com IPoE 必要
BIGLOBE IPoE 不要
andline IPoE 必要
シナプス IPoE 必要
BB.exicite PPPoE 不要
エディオンネット PPPoE 不要
スピーディアインターネットサービス IPoE 必要
TikiTikiインターネット PPPoE 不要
hi-ho PPPoE 必要
ネスク PPPoE 必要
01光コアラ PPPoE 必要
OCN IPoE 必要
@T COM PPPoE 不要
TNC PPPoE 不要
AsahiNet IPoE 不要
WAKWAK IPoE 不要
@ちゃんぷるネット PPPoE 不要

ドコモ光のIPv6対応プロバイダについて、通信方式や申込要否を一覧でまとめました。IPoE接続に対応しているプロバイダを選ぶことが大切です!

申込不要のプロバイダであれば自動的にIPv6接続が適応されますが、申込が必要なプロバイダもあるのでご調子下さい。

なるほどwifiでおすすめしているドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBを選んでおけば自動的にIPoE接続が適応されるので、手軽に高速通信が楽しめるはずですよ!

また、GMOとくとくBBではIPv6接続に対応したルーターが無料でレンタル出来ます。

次の章では、実際にGMOとくとくBBから届いたバッファローのルーターについてレビューしていきますね!

ドコモ光のIPv6対応ルーターの設置方法と設定方法をレビュー

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像①

では、IPv6接続に対応しているドコモ光の一押しプロバイダ、GMOとくとくBBのルーターについてレビューしていきます。

GMOとくとくBBでは、IPv6に対応しているルーターが無料でレンタルできるので、有線でも無線でも高速通信が楽しめますよ!

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像②

箱の横面にはルーターの各部位について写真で解説されていました。今回レビューするバッファローのルーターには4つのLANポートと1つのUSBポートがあります。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像③

箱の裏面ではルーターの特徴について解説されていました。大型可動式アンテナで電波の向きを最適化出来るのが、こちらのルーターの最大の特徴だと言えるでしょう。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像④

こちらの面ではスマホから初期設定出来ることや、簡単に操作設定できることなどが記載されていました。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑤

裏面にはインターフェースや製品構成などの基本情報が。では、実際にルーターを取り出して見てみましょう。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑥

箱を開けると取り扱い説明書が。しっかり読んで、ルーターの組立方法や使い方を理解しておきましょう。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑦

こちらがルーター本体及び同梱物です。一つ一つチェックしていきましょう!

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑧

ルーターの取り扱い説明書です。一通り目を通してからルーターの組み立てや設置を進めていきましょう。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑨

こちらがバッファローのルーター本体です。このままでは立てることが出来ないので、スタンドを設置しましょう。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑩

このようにスタンドを取り付けることで、ルーターを立てることが出来ます。しっかり奥まで入っていることを確認してくださいね。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑪

続いて、3本の大型可動式アンテナを取り付けていきます。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑫

接続端子にアンテナを差し込んで回すだけで取り付けられるはず…。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑭

アンテナの取付が完了しました。残りの2本も同じように取り付けてみます。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑮

3本のアンテナを取り付けることが出来ました。アンテナは簡単に曲げられるので、電波の向きを調整するのも難しくないはずです。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑯

では、アダプターを取り付けてみましょう。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑰

ルーターの一番下にアダプターの差し込み口があります。

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑱

こちらは付属のLANケーブルです。ルーターとパソコンを繋ぐ際にはこちらのLANケーブルを使いましょう!

 

ドコモ光のIPv6対応ルーターレビュー画像⑲

このようにLANケーブルを差し込み、反対側にはパソコンを繋ぎましょう。モデムからのLANケーブルは水色のLANポートに繋ぐようにして下さい。

GMOとくとくBBなら、ルーターを接続すると自動的にIPv6に接続されるので、画面の指示に従ってIDやパスワードを入力すれば、IPoE接続の高速通信が楽しめるはずですよ!

ドコモ光以外の光回線でもIPv6接続は利用可能だけど…

IPv6に対応しているドコモ光以外の光回線
  • NURO光
  • auひかり
  • SoftBank光
  • ビッグローブ光
  • フレッツ光など

IPv6接続に対応しているのはドコモ光だけではありません。以上のような人気の光回線でも、IPv6接続は利用可能です。

ただし、IPv6接続が利用できても、IPoE方式で接続できなければあまり意味がありません…。

ドコモ光以外の光回線を利用する場合には、各光回線のホームページをしっかりと確認して、IPoE方式で接続できるようなサービスを選びましょう。

プロバイダによって接続方式が変わるような場合もありますので、なるほどwifiの他の記事も参考にしながら、通信速度の速いサービスを選ぶようにして下さいね!

ドコモ光のIPv6接続についてまとめ

  • IPv6とは最新の通信規格である
  • ドコモ光のプロバイダは全てIPv6接続に対応している
  • IPoE方式に対応しているプロバイダを選ぼう
  • ドコモ光以外にもNURO光やauひかりでIPv6接続は利用可能

以上のような内容をお届けしました。英字が多くて難しいと感じるかも知れませんが、この記事でおすすめしているプロバイダを選べば問題ないはずです。

光回線の速度が遅くて困っている…。そんな人はドコモ光のIPv6接続を試してみてはいかがでしょうか?


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA