OCN光

【実は違う!】OCN光とOCN光withフレッツの違いを徹底解説

比較を表すイラスト

同じNTTグループ系から提供されている「OCN光」と「OCN光withフレッツ」。

一見、どこが違うの?と思ってしまいがちですが、実はビミョーに違うんです。
ビミョーに違うのならば、「どちらがお得なのか?」、「フレッツ光を使っている人は、OCN光に変更するとどういったメリットがあるのか?」などと気になる人も多いと思います。

ここではOCN光とOCN光withフレッツの違いをまとめ、わかりやすくお伝えしていきます。
是非、参考にしてみてくださいね。

こんなに違う!OCN光とOCNwithフレッツの料金比較表

<各種割引適用前の月額料金>

戸建て住宅 マンション
OCN光 6,200円 4,700円
OCN光withフレッツ 6,800円 4,250円~5,000円

<2年契約割引適用後の月額料金>

戸建て住宅 マンション
OCN光 5,100円 3,600円
OCN光withフレッツ 6,100円 4,150円~4,900円

OCN光とOCN光withフレッツは、利用するインターネット接続サービスもプロバイダもまったく同じです。

そのため、回線速度も上り下りともに最大1Gbpsと優劣はありません。つまり、光回線としての性能・パフォーマンス自体は同じなのです。

しかしながら、上記表をご覧いただけばわかるとおり、料金面において大きな差があります。

利用料金の違いについて

OCN光は『光コラボレーション』ですので、フレッツ光回線料金とプロバイダ料金がすでに合算されています。

そのため、支払い先もシンプルに1つだけで済みます。

ひと月あたりにかかる費用ですが、戸建て住宅の場合なら6,200円(2年自動更新型割引を適用すると5,100円)、マンションですと4,700円(2年自動更新型割引を適用すると3,600円)です。(※上記の表を参照、いずれも税抜価格)

オプションなどを利用しないなら、月々の利用料金はこれ以上一切かかりません。

一方、OCN光withフレッツは、フレッツ光とプロバイダOCNを個別に契約するスタイルですので、フレッツ光の料金とプロバイダの料金が別個に発生します。

例えば戸建て住宅のフレッツ光ネクストギガファミリー・スマートタイプなら月額利用料金は5,700円ですが、これにプロバイダOCNの料金1,100円が加算されますので、トータルで6,800円支払うことになります。

また、集合住宅でOCN光withフレッツのフレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプを利用する場合、フレッツ光の回線料が3,350円~4,350円、プロバイダOCN接続プランとして650円~900円かかりますので、月々の利用料金は4,250円~5,000円かかります。(※いずれも税抜価格)

つまり、OCN光のほうがOCN光withフレッツよりも1,000円近くも安く利用できるということになります。

オプションサービスについて

同じNTTグループ系のサービスなので、オプションに関しては違いはありません。

「ひかり電話」や映像配信の「ひかりTV」はどちらも同様に使えます。

OCNwithフレッツからOCN光へ転用するのがお得でオススメ!

月々の料金の安さや支払先のシンプルさで考えてみると、フレッツ光からOCN光へ転用することがオススメです。

とは言っても、乗り換えるときに手続きが面倒だったり解約金や違約金が発生したりなどで、思わぬ多額の費用が請求されたりするのは避けたいところです。

そこで、下記にて注意点をお伝えしていきます。

OCNwithフレッツからOCN光へ転用する際の5つのポイント

フレッツ光からOCN光などの光コラボレーションに乗り換えることを『転用』と言いますが、現在OCN光withフレッツを利用している人がOCN光へ転用する際に知っておいてほしい5つのポイントを下記にてご紹介していきます。

ポイント1.手続き不要

フレッツ光からOCN光への転用した場合は自動的に解約されます。
また、引き続きプロバイダをOCNで利用する場合、余計な手間はかかりません。
面倒な手続きが不要で転用できる点が良いですね。

ポイント2.解約金不要

フレッツ光の回線を解約したとしても、結局のところOCN光でもフレッツ光の回線を引き続き利用するわけですから、フレッツ光に解約金を支払う必要はありません。

ポイント3.プロバイダの違約金不要

プロバイダであるOCNの契約も引き続き有効ですので、OCNに違約金を支払う必要もありません。

利用者にとって回線を乗り換える際の解約金・違約金は非常に気になるポイントですが、OCN光withフレッツからOCN光に乗り換える際は、解約金・違約金の心配はご無用です。

ポイント4.工事費不要

すでに自宅に導入しているフレッツ光の回線をそのまま利用しますので、工事費用も不要です。

ほとんどのケースにおいて、スタッフの立ち会いも不要で利用開始できますので、日中忙しい方も手間を考えることなく、気軽に乗り換えることができるのです。

ただし、通信速度などのプランを変更する場合は、工事費用が必要になることもあります。

ポイント5.ひかり電話の電話番号はそのままでOK

OCN光withフレッツでひかり電話を利用していた方は、OCN光でもそのままの電話番号でひかり電話を利用できます。

知人や学校、会社などに、電話番号を変更したことを知らせる必要がないので、気軽に乗り換えることができますね。

OCNwithフレッツからOCN光への転用は、いつでも解約金が不要

フレッツ光から他社回線へ乗り換えるときや光コラボレーションに転用するときは、タイミングによっては違約金や解約金を請求されることがあります。

ですが、OCN光withフレッツからOCN光に転用するときは、どのタイミングで申し込んでも違約金も解約金も発生することは一切ありません(プラン変更等の特別な事情は除く)!

そんな訳で、フレッツ光に連絡した後、OCN光に連絡するだけで済むという、簡単なステップで月々の料金を安くしてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

OCN光とフレッツ光の違いまとめ

通信環境とオプションサービスはOCN光もOCN光withフレッツも全く同じ。
違いはサービス名、料金、問い合わせ窓口、契約内容。
コスト面で検討するのならば、月額料金はOCN光の方が安いため、今フレッツ光を使っている人は転用した方がお得になる。
これから契約する人は、OCN光withフレッツよりOCN光の方が安くてお得。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA