インターネット事情

評判悪い?ちょっパヤ!ネットのデメリット3つとメリット3つで全解説

ちょっパヤ!ネット
転送量・帯域制限 制限なし
回線速度 1Gbps ベストエフォート型
初期費用 無料
月額料金 4,841円~
キャッシュバック なし
特徴
  • 転送量制限がない
  • 通信制限がない
  • 固定IPアドレスが利用できる
  • 長期契約縛りがない
  • 解約違約金がなく月額費用のみで利用できる
編集部Jun
編集部Jun
こんにちは「なるほどwifi」編集部のJunです。

この記事では、ちょっパヤ!ネットの評判を調査し、メリットとデメリットをまとめた上で、徹底的に分析してみました。

「通信総量制限」「通信制限」がなく、「固定IPアドレス」が使えるというのが、ちょっパヤ!ネットの特徴ですが、ちょっパヤ!ネットのプロバイダとしての評判やデメリットが気になっているのであれば、この記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

ちょっパヤ!ネットの悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

まずはちょっパヤ!ネットのネット上の評判を分析し、悪い評判と良い評判をそれぞれ解説しています。ちょっパヤ!ネットユーザーの生の声を参考にプロバイダとしての評価をみていきましょう!

ちょっパヤ!ネットの悪い評判

悪い評判は回線品質によるものが目立ちました。

他にも回線スピードに対する不満や、サポートや運営に対する不満も多いようです。月額費用もサービス内容に対して高いという印象ですね。

それでは続いて良い評判をみていきましょう!

ちょっパヤ!ネットの良い評判

P2Pに対する規制、帯域制限、転送量規制がないプロバイダとして、おすすめする口コミもありました。あとはスピードに満足している評判もあり、利用者の回線に対する評価は良いといえます。

ちょっパヤ!ネットの評判まとめ

インターネット上の評判は、全体的には良い評判の方が目立っていて、悪い評判については、回線品質や回線速度が遅いということがありましたが、総じて悪い口コミは少ない印象でした。

ネットゲームをするユーザーにとっては「P2Pに対する規制」「帯域制限」「転送量規制がない」プロバイダは魅力のようで、好意的な評判も多くあります。

以上のようにインターネット上の評判を総合的に見るとちょっパヤ!ネットの評判は良いといえます!

次章では口コミの評判を踏まえたうえで、ちょっパヤ!ネットのメリット・デメリットを解説していきます!

ちょっパヤ!ネットの3つのメリット

それではちょっパヤ!ネットの3つのメリットを順に解説していきます!

ちょっパヤ!ネットのメリット①:プロバイダの通信制限なし

プロバイダ名 通信制限
ちょっパヤ!ネット なし
NURO光 なし
auひかり なし
So-net光 混雑時規制
GMOとくとくBB P2P規制

まず最初にちょっパヤ!ネットの最大のメリットは、なんといってもプロバイダの「通信制限がない」ことがあげられます!主要なオススメプロバイダと比較してみても、「通信制限がない」のはとても魅力のあるプロバイダといえます。

例えば、特定の通信方式である「P2P」方式での通信は大量のデータを転送するので、プロバイダは「P2P」での通信に制限をかけていることが多く、この「P2P」制限があるとファイル転送やさまざまなオンラインゲームが利用できなくなってしまいます。

ですから「通信制限がない」ということは、特定のWebサイトやオンラインゲームが遊べないなどのサービスの制限がないので、プロバイダとしてはとても大きなメリットといえます!

P2P規制・制限なしのおすすめプロバイダが知りたい方は下記の記事も参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
P2P
【P2P規制・制限なし】おすすめプロバイダを徹底比較!P2Pの規制・制限がないおすすめのプロバイダを「転送量」「帯域制限」「速度」「料金」などで徹底比較して紹介します!P2P規制なしのプロバイダを選ぶときの3つのポイントを解説したうえで、おすすめプロバイダを紹介して、なぜP2P規制があるのかも解説しています。P2P規制なしプロバイダ選びの参考にして下さい!...

ちょっパヤ!ネットのメリット②:転送量制限なし

プロバイダ名 転送量制限
ちょっパヤ!ネット なし
nuro光 なし
auひかり 1日30GB(週3回)
so-net光 1日30GB
GMOとくとくBB なし

転送量の制限は、動画を頻繁にみたり、大容量のファイルをダウンロードしたり、ネット上で多くのデータをやりとりした場合、制限がかかる規制になります。

プロバイダ側は個々のユーザーが大量のデータ通信をすると、回線状況が混雑して、安定したネット回線サービスを提供することができなくなってしまいす。ですので、通常プロバイダは、多くのユーザーに快適にネット環境を利用してもらうためにデータ転送量の制限をかけます。

データ転送量の制限がないということは、動画を気にせず視聴したり、大容量のファイルも気にせずやりとりができるということになりますので、転送量制限なしもユーザーにとっては、とても魅力的なメリットですね。

ちょっパヤ!ネットのメリット③:固定IPアドレスが安く利用できる

プロバイダ 固定IP8個利用時の費用
ちょっパヤ!ネット 5,142円
So-net 7,200円
OCN 18,800円

ちょっパヤ!ネット3つ目のメリットとして固定IPアドレスが安く利用できるということが挙げられます。固定IP8個利用のプロバイダ費用はOCNだと月額18,800円かかりますが、ちょっパヤ!ネットだと月額5,142円とかなり安く利用できます。

固定IPアドレスを利用すれば、外出先からでも自宅に設置したWebカメラで、ペットの様子を確認したり、他の部屋にいる子供の様子を確認したり、ハードディスクに保存したデータをスマホで確認できたりとさまざまなメリットがあります。

また外出先から自宅パソコンを遠隔操作できたり、自宅のサーバーをネットに公開したりとさまざまな使い方ができとても便利です。その便利な固定IPアドレスが安く利用できるのは、とても魅力がありますね。

固定IPアドレスについて詳しく知りたい方は、ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
IPアドレス
固定IPアドレスとは?5つのメリットと2つのデメリットを徹底解説!固定IPについてわかりやすく説明し、利用方法やメリット・デメリットを徹底解説します!IPアドレスを固定にすることで、Webカメラを利用したり、ハードディスクに保存したデータをスマホで見たりなど、さまざまな使い方やメリットがあります。固定IPサービスを提供するプロバイダや料金、メリットやデメリットについても解説しています...

以上ちょっパヤ!ネットの3つのメリットについて解説しました。次章ではデメリットについて解説していきます。

ちょっパヤ!ネットの3つのデメリット

ちょっパヤ!ネットは費用に関することがデメリットになります。それでは3つのデメリットについて解説していきますね。

ちょっパヤ!ネットのデメリット①:費用が高い

プロバイダ名 月額費用
ちょっパヤ!ネット 3,395円~6,121円
NURO 1,900円~4,743円
auひかり 3,400円~5,600円
ソネット光 3,500円~5,200円
gmoとくとくBB 2,170~4,000円

ちょっパヤ!ネットのデメリットはまず月額費用が高いということです。他の主要プロバイダと比べても月額費用は高めで「P2Pに対する規制」「帯域制限」「転送量規制がない」という特徴はありますが、2つ目のデメリットで解説するキャッシュバックもないので、総支払い金額は他のプロバイダより高額となります。

ちょっパヤ!ネットのデメリット②:キャッシュバックがない

プロバイダ名 キャッシュバック
ちょっパヤ!ネット なし
NURO光 35,000円
auひかり 38,000円~50,000円
So-net光 38,000円~45,000円
GMOとくとくBB 5,000~35,000円

ちょっパヤ!ネットにはキャッシュバックキャンペーンがありません。他プロバイダで2年縛りの契約だったとしても総額4万~5万のキャッシュバックを得られれば、総額費用に相当な違いがあります。

キャッシュバックを受けられるかどうかで、総額費用を抑えることができるので、キャッシュバックがないことはちょっパヤ!ネットのデメリットになります。仮に2年縛りで4万のキャッシュバックがあれば、月額にすると約1,600円の違いがでてきます。月に1,600円の高くなるのはかなり大きなデメリットといえますね。

ちょっパヤ!ネットのデメリット③:初回3ヶ月分の利用料金を前払いしなければいけない

プロバイダ名 初回請求額
ちょっパヤ!ネット 10,185円~18,363円
NURO光 4,900円~7,743円
auひかり 3,400円~5,600円
So-net光 3,500円~5,200円
GMOとくとくBB 5,000円前後

ちょっパヤ!ネットでは初回3ヶ月分の利用料を前払いする必要があります。最初にある程度まとまった金額を用意するのは、当然月々支払うより初期の負担が大きくなるので、他のプロバイダと比べるとデメリットといえそうです。

以上ちょっパヤ!ネットの3つのデメリットを解説しました。デメリットの数は多くはありませんが、プロバイダ費用は毎月の固定費としての負担となるので、金額面のデメリットはプロバイダを選ぶ上ではとても大きいといえます。

ちょっパヤ!ネットの利用を検討しているのであれば、紹介したデメリットについてもよく検討してみてくださいね。続いてちょっパヤ!ネットをおすすめする人としない人について解説していきます。

上記からわかった!ちょっパヤ!ネットをおすすめする人しない人

ここまで紹介したぞれぞれ3つのメリットとデメリットをふまえて、ちょっパヤ!ネットをおすすめする人、しない人をまとめてみました。プロバイダは自分のライフスタイルに合わせて選ぶことで、最適なネット環境を選んだり、ムダな費用を支払わないようにすることができます。

ちょっパヤ!ネットが自分のライフスタイルにあっているかどうかも確認してみてくださいね!

ちょっパヤ!ネットをおすすめしない人

ちょっパヤ!ネットをおすすめしない人
  • 動画やゲームなどをあまり利用しない人
  • ニュースサイトの閲覧やSNS、メール程度しかネットを利用しない人
  • 今のプロバイダで満足している人

ちょっパヤ!ネットをおすすめしない人ですが、ネットはニュースサイトの閲覧やSNS、メール中心で動画や、ゲームなどをやることが少なく、多くのデータ通信が必要ない人にとっては、「通信制限」「転送量制限」がないことにそれほどメリットはありません。

「通信制限」「転送量制限」がないプロバイダは動画をみたり、ゲームをしたり、ファイルのやりとりを行ったりなどデータ転送量の多いユーザーにとってはとても魅力のあるメリットですが、ネット利用がそれほど多くない人には必要ないので、もっと費用が安いプロバイダの利用をおすすめします。

ちょっパヤ!ネットをおすすめする人

ちょっパヤ!ネットをおすすめする人
  • データの「転送量制限」を気にせずネットを利用したい人
  • P2Pや、特定ポートの利用など「通信制限」を気にせずネットを利用したい人
  • 現在のプロバイダの回線速度に不満がある人

ちょっパヤ!ネットのメリットは「P2Pに対する規制」「帯域制限」「転送量規制がない」がないことです。日々のデータ転送量を気にしないで、ネットを利用したい人やP2Pでのデータのやりとりを行いたい人には、とてもおすすめのプロバイダです。

回線速度も口コミを見る限り、評判も上々で満足しているユーザーが多くみられたので、この記事を読んで、おすすめする人に当てはまるようであれば、ちょっパヤ!ネットの利用も検討してみても良いかと思います。

ちょっパヤ!ネットのお申込みはこちら

次章ではちょっパヤ!ネットの申し込み方法から工事、解約までの流れまでを解説していきます。

ちょっパヤ!ネットの申し込み方法⇒工事⇒解約までの流れ

ちょっパヤ!ネットの申し込み方法から工事、解約までの流れまでを解説します。

まずNTTフレッツ回線のご契約が無い方・プロバイダを新規でご契約される方はNTTフレッツ回線のご契約が必要となるので、プロバイダ契約前に事前にNTTとのご契約と、開通工事のご調整を済ませておきましょう!

NTTの連絡先
ネットから:NTT東日本NTT西日本
電話番号:0120-116-116

NTTフレッツ回線の用意があれば、申し込み方法は3ステップでカンタンに行うことができ、解約も申請フォームから解約申請するだけで手続きは完了します。工事についてはインターネット回線を既に利用している方は必要ありません。こちらも順を追って解説していきます。

ちょっパヤ!ネットの申し込み方法について!

申し込み3つのSTEP
  1. STEP1:専用フォームからお申し込み
  2. STEP2:書類一式が届いたら任意の支払い方法に応じた手続きをする
  3. STEP3:利用開始の案内がメールで届く

申し込み方法は、以上の3つのSTEPで完了します。
詳細については下記公式サイト「ご入会の流れ」を参考にしてみてください。

専用フォームから申込みを行うと、事務局からお手続きに関するご案内が郵送で届くので、支払いを行います。

支払いについては「クレジットカード」か「口座振替」を選び支払いを行います。

支払いが済んだら、利用開始をメールが届くので、アカウントを設定すれば利用を開始できます。

ちょっパヤ!ネットの工事費や工事の流れを解説!

ちょっパヤ!ネットはプロバイダなので、すでにフレッツ光などの回線を利用しているのであれば、工事は不要になります。

プロバイダを乗り換える場合はサービスを申し込み接続設定を行うだけなので、工事は必要ありません。

インターネット回線を初めて利用する場合に、ちょっパヤ!ネットのプロバイダ契約とは別に「フレッツ光」などののインターネット回線工事費がかかります。

「フレッツ光」の場合、新規で申し込む場合通常15,000円程度の工事費用がかかります。加えて土日の工事の場合3,240円の追加費用がかかります。
工事費用の詳細は下記の公式ホームページで確認できます。

インターネット回線の工事自体は1時間程度で終わり、設備状況によっては立会いが不要な場合もあります。
「フレッツ光」の場合、インターネット回線の工事の流れの詳細は、下記公式ホームページで確認してみてください。

ちょっパヤ!ネットの解約方法について

ちょっパヤ!ネットの解約は、公式ホームページの会員サポート内「退会・解約」ページのフォームに、必要事項を入力して解約申請すれば完了します。

注意点として解約は前月末日までに連絡しなければいけないので、解約をしたい月の前月末までに忘れず申請をしましょう。もし利用料金の未納がある場合は、解約をすることができないので、未納金がある場合も注意が必要になります。

解約申請後は、入会時に登録したメールアドレスにメールが届くので、解約手続きのメールが届いたら解約は完了となります。ちょっパヤ!ネットの解約手続きはとてもカンタンです。

続いて、ちょっパヤ!ネットの7つのよくある疑問について解説します!

ちょっパヤ!ネットのよくある7つの疑問を解決!

Q1:退会を希望する場合はどういった申請が必要ですか?

会員様専用ページの「退会届」より退会申請を行います。
退会希望月の月初に事務局から連絡があります。

Q2:入会時に支払った初回三か月分利用料金は返金されますか?

入会時に支払った初回三か月分の費用は期間内に解約しても返金はされないので、注意しましょう。

Q3:専用ページ以外の退会届申請方法はありますか?

もしアカウント・パスワードを忘れてしまった場合や、インターネット環境が利用できない状況であれば、書面での退会も可能です。サポートに連絡をして退会届を郵送してもらいましょう。退会届けに必要事項を記入して事務局に返送すれば退会処理を行ってくれます。

フリーダイヤル 0800-800-6244
営業時間 平日(月~金)10:00~12:00 / 13:00~17:00

Q4:月途中に申し込みをした場合の月額はどうなりますか?

ちょっパヤ!ネットで20日以降に利用開始となった場合は当月無料になります。
日割りでのご請求はなく、20より前であれば1ヵ月分の費用が必要になります。

Q5:お申し込み後、利用開始まで何日かかりますか?

最短だと3営業日ほどでご利用可能になります。お手続きを早めにすませることができれば、その分早く利用できます。

Q6:利用料金の支払い方法にはどういった方法がありますか?

ちょっパヤ!ネットの支払方法はご指定口座からの「口座振替」もしくは「クレジットカード払い」の2つになります。
利用サービスに応じた月額料金を口座振替の場合は毎月3日(土日祝日の場合は翌営業日)、クレジットカード支払いの場合はご利用のカード会社の引き落とし日に準じて請求されます。

Q7:ドコモ光など光コラボレーションの回線で利用できますか?

光コラボレーションの回線はNTTの回線を利用したサービスなので、ちょっパヤ!ネットでも利用できます。
申し込みの時に回線の種類を選択する必要があるので、ご契約中のサービスがNTTのどのような回線に該当するかを事前に確認しましょう。不明な点があれば光コラボレーション事業者へお問い合わせしてみましょう。

ちょっパヤ!ネットのまとめ

ちょっパヤ!ネットのまとめ
  • ちょっパヤ!ネットのネット上の評判は悪くはない。
  • メリットは「接続制限」「転送量規制」がなく固定IPが安く利用できる
  • デメリットは費用が高く、初期負担額が大きい
  • 動画をたくさん観たり、P2P制限や大容量ファイル転送するなら検討しても良い
  • 費用面では割高なのでオススメとまでは言えない

以上ちょっパヤ!ネットについてまとめました。

ちょっパヤ!ネットはネット上の評判は良い印象でした。メリットは「接続制限」「転送量規制」がなく固定IPが安く利用できるということなので、動画をたくさん観たり、P2P制限や大容量ファイル転送するなら検討しても良いプロバイダと言えます。

ですが、費用が高く、初期負担額が大きく割高という印象があるので、オススメとまではいえないプロバイダという印象です。

ちょっパヤ!ネットを検討している方は、この記事を参考にメリット、デメリットをよく検討した上でサービス利用を考えてみてください。

ちょっパヤ!ネットの会社概要

運営会社 株式会社ネットフォレスト(NETFOREST,Incorporated)
住所 〒221-0052 横浜市神奈川区栄町5番地1 横浜クリエーションスクエア16F
電話番号 045-548-5548
主な事業 Web デザイン・Web システムの開発(企画立案から運用まで)
ネットワーク・運用管理(BGP・オペレーションからサーバ構築・運用まで)
インターネットサービスプロバイダー事業
セキュリティ製品の販売・サポート(Dr.Web、脆弱性診断)
ビデオオンデマンドシステムの販売・サポート
コワーキングスペース・貸し会議室
加盟団体 (一社)日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)
(一社)日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)
(一社)神奈川県情報サービス産業協会(KIA)
NPO 法人 地域間高速ネットワーク機構(IXO)
NPO 法人 日本情報技術取引所(JIET)
ニッポンクラウドワーキンググループ(NCWG)
設立 2000年4月

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA