【17社比較】海外用レンタルWi-FiルーターおすすめBEST10を徹底解説!

【VPN必須】中国旅行におすすめの無制限レンタルWi-Fi厳選5選!

北京の風景

hiroshi
hiroshi
こんにちは、「なるほどwifi」編集部のhiroshiです。

中国ではネットに関する規制が厳しいことで有名ですよね。そのまま現地のWi-Fiに繋いだだけでは使えないアプリが多いのが現状です。

そのため、中国現地で日本と同じようにLINE・YouTube・SNSなどを利用するには海外wi-fiが必須になります。

そこで、この記事では中国で使えるレンタルWi-Fiを比較し、どれを選べばよいのか解説しています。

中国のレンタルWi-FiはVPNなどの特殊事情もあり、初心者にはややこしく感じる部分があると思うので、よかったら最後まで目を通してみてくださいね。

中国でおすすめのレンタルWi-Fiを今すぐチェック

中国で使うレンタルWi-Fiルーターの3つの選び方を解説!

ここでは、中国で使うレンタルWi-Fiルーターの3つの選び方をご紹介していきます。中国のWi-Fi事情は他国と異なり少し特殊なので、以下のポイントをしっかりチェックするようにしてみてくださいね。

1、VPN接続機能が付いていること

中国で日本と同様にインターネットを利用するためにも、VPN接続に対応したレンタルWi-Fiを選びましょう。

中国のWi-Fiはネット規制がとても厳しくなっています。中国国内で普通にWi-Fiに繋いだだけでは、LINE・YouTube・Gmail・Googleマップ・Twitter・Facebook・Instagramなどが使えません。

そこで、日本でレンタルしたWi-FiルーターがVPN接続に対応している、またはオプションで付けられると、海外経由で接続した状態になり、中国の通信規制を免れることができます。

旅行中にLINEなどが使えないのは非常に不便なため、必ず事前にVPN接続が可能かチェックしましょう。

VPN接続とは、中国にいながら別の国からアクセスしている状態を擬似的に作り出す接続方法です。

これを行うことにより、中国に居る状態でも中国で規制されているサイトやアプリに接続できるようになります。

2、自分が使う空港でWi-Fi機器の受け取り・返却ができること

利用する空港でWi-Fi機器の受け取りが可能なレンタルWi-Fiなら、手続きがとてもスムーズなので便利です。空港受け取りを選択することで、余計な手間を省くことができますよ。

家にWi-Fi機器を置き忘れる心配も無いですし、空港カウンターで受け取る際にスタッフさんが丁寧に説明してくれるので安心して出発できます。

また、帰国時に空港ですぐに返却ができることで、期限内に返却し忘れることもなく、簡単に手続きを済ませることができますよ。

3、サポートがしっかりと整っていること

最後に、サポートがしっかりと整っているレンタルWi-Fiがおすすめです。どうしても利用するプランや金額に目が行きがちですが、いつ現地でトラブルが起こるかわかりません。

海外だからこそ、万が一に備えることはとても大切です。実際、レンタルWi-Fiのサポートは、会社によってかなり差があります。

24時間365日対応していて、電話やメールだけでなく、LINE・Skype・SNSなどからでも問い合わせに対応していると心強いですよ。

特に海外旅行に慣れていない場合は、サポートのしっかりしているレンタルWi-Fiを選んだほうが安心です。

【無制限ありは11社】中国で使えるレンタルWi-Fiルーター16社を徹底比較!

VPN接続 空港受取 サポート体制
グローバル
WiFi

全国18箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
VPN接続 空港受取 サポート体制
イモトの
WiFi

×
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
ワイホー
(Wi-Ho!)

×
全国7箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
チャイナDATA
(グローバルモバイル)
× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
エクスモバイル
※ローミング通信での規制回避
全国6箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
VPN接続 空港受取 サポート体制
フォートラベル
全国18箇所の空港で可能 電話
メール
LINE
Skype
VPN接続 空港受取 サポート体制
jetfi
×
全国10箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
Lucky wifi
×
全国7箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
Fast-fi
× ×
全国3箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
テレコムWi-Fi
×
全国7箇所の空港で可能 電話
VPN接続 空港受取 サポート体制
JAL ABC
× ×
全国4箇所の空港で可能 なし
VPN接続 空港受取 サポート体制
アジアンデータ
(グローバルモバイル)
× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
ワールドDATA
(グローバルモバイル)
× ×
全国4箇所の空港で可能 電話
メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
JAPAEMO
×
不可 なし
VPN接続 空港受取 サポート体制
iVideo
×
全国6箇所の空港で可能 メール
VPN接続 空港受取 サポート体制
SAKURAモバイル
× ×
全国5箇所の空港で可能 電話

中国で使えるレンタル海外wifiを比較して上記の表にまとめました。

VPN接続に関して、○はオプションや追加プランで利用できるもの、△は規制回避が難しい可能性があると記載されているもの、 ✕はVPNに対応していない、もしくは言及がなく恐らく使用不可と思われるものです。

それでは、この比較表をもとに次に中国で使えるレンタルポケットWi-Fiのおすすめランキングトップ5をご紹介していきます。

中国で使えるレンタルポケットWi-Fiのおすすめランキングトップ5!

ここでは、上記の比較表を含めて、中国で使えるレンタルポケットWi-Fiのおすすめランキングトップ5をご紹介していきます。

「中国でもレンタルポケットWi-Fiでネットを楽しみたい!」という場合はぜひ参考にしてみてくださいね。

1位:グローバルWiFi

Global-WiFi
価格(1日あたり) ・特別回線 無制限プラン(4G):1日2,270円
・特別回線 1.1GB(4G)/日:1日1,770円
・特別回線 600MB(4G)/日:1日1,570円
・特別回線 300MB(4G)/日:1日1,370円
・1.1GB(4G)/日:1日1,370円
・600MB(4G)/日:1日1,170円
・300MB(4G)/日:1日970円
・特別回線 600MB(3G)/日:1日1,370円
・特別回線 300MB(3G)/日:1日1,070円
・600MB(3G)/日:1日970円
・300MB(3G)/日:1日670円
評価
備考 通信容量は無制限・1.1GB・600MB・300MBの4種類から選べる / 24時間サポートあり / LINE対応 / VPN対応  / 10プランから選べる / 受取空港が最多 / 知名度が高く安心 / 充電器が無料で貸出 / 補填オプション200~500円 / 申込期限は最短で出発日の前日15時まで

グローバルWi-Fiは、中国でレンタルWi-Fiを借りる際に最もおすすめのWi-Fiです。プラン数が多く、無制限プランも用意されています。

さらにプランはVPN対応プランと非対応プランに分かれています。VPN対応プランは特別回線と表示されているものです。やはり、安全性と利便性を考えると4G・特別回線プランがおすすめです。

上海・北京・広州・深セン・東莞・天津・武漢・瀋陽・南京・重慶など中国のほぼ全域で使えるため、カバー範囲も広いですよ。

また、グローバルWi-Fiは24時間サポートを行っており、渡航先からLINEやSkypeでもサポートを受けられるので安心感があります。ですので、中国でどのWi-Fiをレンタルしようか迷ったらグローバルWi-Fiがイチオシですよ。

グローバルWiFiの受取空港一覧
  • 新潟空港
  • 小松空港
  • 伊丹空港
  • 旭川空港
  • 新千歳空港
  • 仙台空港
  • 成田国際空港第1ターミナル
  • 成田国際空港第2ターミナル
  • 羽田空港国際線ターミナル
  • 渋谷ちかみち
  • 静岡空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 関西国際空港 第1ターミナル
  • 関西国際空港 第2ターミナル
  • 大分空港
  • 北九州空港
  • 鹿児島空港
  • 福岡空港
  • 宮崎空港
  • 那覇空港

グローバルWi-Fiの公式サイトを見る

2位:イモトのWiFi

イモトのWiFi
価格(1日あたり) ・プレミアム回線 無制限プラン(4G):1日2,280円
・プレミアム回線 1GB/日(4G):1日1,780円
・プレミアム回線 500MB/日(4G):1日1,480円
・無制限プラン(4G):1日2,080円
・1GB/日(4G):1日1,580円
・500MB/日(4G):1日1,280円
・500MB/日(4G):30日23,000円
・500MB/日(3G):1日680円
・1GB/日(3G):1日980円
・500MB/日(3G):30日14,200円
評価
備考 VPN対応プランあり / アジア周遊プランあり / 世界周遊プランあり / 24時間サポートあり /  知名度が高い / 7箇所で受取可能 / 予備バッテリー200円~ / 出発日2日前までの申し込み / 補填オプション200円~

イモトのWi-Fiは知名度が高いサービスです。3G回線と4G回線の2つの回線が用意されています。プラン数が豊富で無制限プランもあり、たくさん使いたい方にもピッタリです。

また、プレミアム回線ならVPN対応プランなので中国でもLINEやYouTube・SNS等も楽しめますよ。

対応都市は上海・北京・広州・大連・青島・深セン・蘇州・天津・杭州・瀋陽・無錫・成都 ・東莞・南京・アモイなどと広いエリアに及びます。

サポート体制に関しては、24時間365日専属の日本人スタッフが対応してくれるので、何かトラブルがあった際もすぐに相談できるので安心です。

イモトのWiFiの受取空港一覧
  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 関西国際空港 (空港ロッカー受取)
  • 福岡空港

イモトのWi-Fiの公式サイトを見る\1月31日~3月31日の期間限定で50%0FFキャンペーン実施中!/

3位:ワイホー(Wi-Ho!)

ワイホー
価格(1日あたり) ・無制限プラン(4G):1日1,780円
・1GB(4G)/日:1日1,180円
・500MB(4G)/日:1日980円
・300MB(4G)/日:1日680円
※VPNオプション:300円
評価
備考 4G回線 / VPNオプションあり / 4つのプランから選べる / アジア周遊プランあり / 世界周遊プランあり /  補填オプション330円~ / 予備バッテリー220円~ /最短前日の正午まで受付 / 7空港で受取可能

ワイホーは、4G回線の4つの容量プランから選ぶことができます。無制限プランがあるので、気にせずたくさんインターネットを楽しむことができますよ。

ただし、プラン自体に特別回線が組み込まれているわけではないので、オプションでVPNを付ける必要があります。オプションでVPNを付けることでLINEなども通常通り利用することができますよ。

また、ワイホーなら直前予約サービスが利用できます。受け取り当日の30分前までWEB予約が可能なので、急なレンタルにも対応していますよ。

ワイホー(Wi-Ho!)の受取空港一覧
  • 羽田空港
  • 成田空港第1ターミナル
  • 成田空港第2ターミナル
  • 新千歳空港
  • 中部国際空港セントレア
  • 関西国際空港
  • 松山空港
  • 福岡空港

ワイホー(Wi-Ho!)の公式サイトを見る

4位:チャイナDATA(グローバルモバイル)

グローバルモバイル
価格(1日あたり) ・無制限:1日880円
・マンスリープラン:21,000円
・500MB:1日780円
・マンスリープラン:18,000円
評価
備考  通信容量無制限プランあり / 配送料無料 / 接続時間8~12時間 / 同時接続5~10台/ 料金最安 / 受取空港4箇所 / 補填オプション200円~ / バッテリー100円 / 前日17時まで申込

チャイナDATAは、利用料金の安さが魅力のレンタルWi-Fiです。無制限プランと1日500MBまで使えるプランが用意されていて、もちろん、インターネット閲覧やLINE・SNSなども利用することができますよ。

チャイナデータは、グローバルモバイルというサービスの一つのサービスですが、グローバルモバイルは13年以上もの実績があるので信頼度は高めです。

受け取り先の空港が少ないことやサポート体制が弱いことは気になりますが、ある程度海外旅行に慣れている人は利用を検討するのもおすすめです。

チャイナDATAの受取空港一覧
  • 成田国際空港内第一ターミナルQLライナーカウンター(4F 南ウイング)
  • 成田国際空港内第二ターミナルQLライナーカウンター(3F)
  • 羽田空港国際線ターミナルJALエービーシーカウンター(3F出発カウンター)
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局(1F)
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局(2F南)

チャイナDATAの公式サイトを見る

5位:エクスモバイル

エクスモバイル
価格(1日あたり) レンタル料:1日198円
・2GBプラン:3,000円/30日間有効
(追加3,500円/30日間有効)・4GBプラン:5,000円/30日間有効
(追加5,500円/30日間有効)
評価
備考 1日の通信制限なし / 2GB・4GBから選べる / 容量の追加ができる / 7空港で受取可能 / ローミング通信での規制回避

エクスモバイルでは、中国ネット規制回避プラン(データパック)というものがあります。通常のプランとは少し形態が異なっています。

「1日の通信制限がない」「容量の追加ができる」この2つがポイントです。プラン自体は2つのみですが、足りなくなったら後で追加が可能なので万が一データ容量を使い切ってしまったとしても安心です。

ちなみに、ネット規制回避の通信方法はVPN接続ではなく、ローミング通信での規制回避となっています。

エクスモバイルの受取空港一覧
  • 成田空港 第一ターミナル
  • 成田空港 第二ターミナル
  • 羽田空港(国際線)
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港(セントレア)
  • 福岡空港(国際線)
  • 新千歳空港(国際線)

エクスモバイルの公式サイトを見る

中国でレンタルWi-Fiを利用するならVPN接続に対応した「グローバルWi-Fi」がおすすめ!

Global-WiFi

以上、中国で利用できるレンタルWi-Fiをランキング形式で紹介しましたが、どのサービスが良いか迷ってしまうかもしれません。そんな時は、料金も安くてサポートにも定評がある、「グローバルWi-Fi」がおすすめです。

「グローバルWi-Fi」は中国のほぼ全域で利用可能な上に、VPN接続機能も使うことができます。中国国内の正式サービスとして提供されており、VPN接続が安定しているので中国旅行に最適なレンタルWi-Fiだと言えます。

もちろんプランは豊富ですし、サポート体制も充実しています。また、国内の空港で当日レンタルをすることもできるので、旅行直前にWi-Fiのレンタルを忘れたことに気がついても安心です。

ただし、当日レンタルできるかどうかは在庫の状況次第になるため、余裕を持って申し込みをするようにしましょう。

ぜひ「グローバルwifi」で中国でも快適にインターネットを楽しんでみてくださいね。よかったら下記から詳細をチェックしてみてくださいね。

グローバルWi-Fi公式サイト

【規制でLINEができない!】中国の無料Wi-Fi事情について解説!

上海の街中中国の都市部ではかなり無料Wi-Fiが発達しています。空港・ホテル・カフェやレストランなどに無料Wi-Fiがあり、日本よりもWi-Fiが飛んでいるのが一般的になっています。

しかし、スターバックスなどでは中国国内の携帯電話番号での認証が必要になるため、旅行者は使えないので注意しましょう。ので注意しましょう。また、ホテルに関しては部屋内でWi-Fiを使う場合有料の場合もあります。

注意したいのが、これらの無料Wi-Fiは実質使えないということです。というのも中国国内の無料Wi-Fiは規制がかかっているため、日本で当たり前のように普段から利用しているLINE・Youtube・Twitter・Facebook・Gmail・Instagramが利用できません。

そのため、いかに無料Wi-Fiが充実していようともWi-Fiに繋ぐだけでは意味がないということになります。

なぜ中国のWi-Fiには規制があるの?回避するにはVPNが必要!

上海の風景

中国のWi-Fi事情は少し特殊になっています。中国国内の通信回線は、通信規制によりアクセスが制限されていることで、LINE・Twitter・Facebook・Gmail・Youtubeなどを見ることができない状況になっています。

なぜこのような規制が行われているのかということについては、政府は公式のコメントを出していません。しかし、恐らくSNSを利用して反政府的な扇動が行われることを中国政府が懸念しているからではないかと言われています。

もともと中国は、1990年代後半から「ネット上の国境を敷く」という理念を発表していました。最近では自国のネット環境は自国で開発するという理念も発表しており、TwitterやFacebookなどが利用できる状態ではネット上のグローバル化を止めることができないため、これらの規制を敷いていると考えられます。

このようにインターネットが規制されている以上、LINEが使えないため友達と現地に行っても連絡を取り合うことが難しく、通信手段がかなり限られてしまいますよね。

また、Googleマップすら使うことができないため、他の国への旅行に比べてかなり不便となります。

これらの規制をくぐるには、VPNというオプションを利用する必要があります。VPNを使うことで、中国にいながらも普段同様LINEなどを利用することが可能です。

VPNはWi-Fiサービスによっては用意されていないものもありますので、必ず事前にチェックするようにしましょう。

参考:諸外国における公衆無線 LAN の整備状況(総務省)

中国のホテルで無料Wi-Fiに繋がらない?VPN接続済みなら問題なし!

Wi-Fi利用(VPN接続済み) ホテルランク 備考
Hotel Nikko Guangzhou
(ホテル・ニッコー広州(広州日航酒店))
広州発の日系ホテル。「天河インテリジェンスシティ」に位置している。プール・フィットネス・スパもあり。部屋が広く、食事もおいしいと好評。
White Swan Hotel
(ホワイト スワン ホテル(広州白天鵝賓館))
広州で最初の5つ星ホテル。地下鉄1&6号線黄沙駅から徒歩で約10分。設備が充実。ホテルからの景色は抜群。

無料Wi-Fiを利用できるホテルはたくさんあります。ただし、うまく繋がらないこともありますし、先ほどもご説明させていただいた通り、基本的に中国国内のホテルのWi-Fi利用では日本で利用しているアプリの大半が使えません。

ただ、中にはVPN接続済みのホテルも存在します。VPN接続済みのホテルならLINE・Youtube・Twitter・Facebook・Gmail・Instagramも問題なく使えるので安心です。

ですので、ホテルの無料Wi-FiでLINEなどを利用したい場合は、できるだけVPN接続済みのホテルを選ぶようにしましょう。

ただし、確認できる限りやはり利用できるホテルが少なく、ほとんどのホテルではVPN接続に対応していないと思っていた方が良いでしょう。

中国旅行・出張の際にレンタルWi-Fiは本当に必要?

中国には無料のWi-Fiスポットは多数存在しますが、結論から言うと国旅行の際にはレンタルWi-Fiがあったほうが確実に便利です。

無料のWi-Fiスポットと言っても、中には中国の電話番号が必要な場合もありますし、そもそもインターネットが制限されているからです。

LINE・Youtube・Twitter・Facebook・Gmail・Instagramなどの利用が規制されてしまっており、VPN接続機能があるWi-Fiルーターを使わないと利用できません。

VPN接続可能なWi-Fiルーターを使用することで、中国国内にいながらでもLINEをはじめとした上記のサービスを利用することができます。

中国でもいつもと同じようにインターネット利用をしたいならVPN接続機能があるWi-Fiルーターをレンタルすることを強くおすすめします。

中国旅行・出張の際のレンタルWi-Fiについてまとめ

中国旅行・出張の際のWi-Fiについてまとめ
  • VPN接続に対応しているWi-Fiを選ぶ
  • 中国国内のWi-Fiは規制が厳しい
  • 無料Wi-Fiは規制の対象なのでLINE・Youtube・Twitter・Facebook・Gmail・Instagramなどが使えない
  • VPNが安定していておすすめできるのは「グローバルWi-Fi」!

以上のような内容をお届けしました。中国のインターネット事情は少し特殊なので、何も知らずに現地に行くとLINEが使えないなんてことになりかねません。ですので、ぜひVPN接続対応のレンタルWi-Fiを活用してみてくださいね。

この記事を参考に中国でも快適にインターネットを楽しんでいただけたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

中国でおすすめのレンタルWi-Fiランキングに戻る
イモトのWiFi-追従バナー


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA