【フレッツ光は評判悪い?】ネット上の口コミで分かった全メリット・デメリット

【フレッツ光は高い?安い?】月額料金・初期費用と最安で契約する方法

フレッツ光料金アイキャッチ画像
  • フレッツ光の料金はいくら?
  • どんな割引があるの?

と悩んでいる方はいるでしょう。

フレッツ光はプランは大きく3つにわかれます。

戸建てマンション
フレッツ光
クロス
6,930円
フレッツ光
ネクスト
5,940〜6,270円2,860〜4,950円
フレッツ光
ライト
3,080〜6,600円2,200〜5,940円

さらに別途プロバイダー料金も必要なので、料金を左右する条件が多いです。

ただし「にねん割」や「光はじめ割」のように使いやすい割引制度があり、料金プランを理解するとお得に契約できます。

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

本記事では、長年通信販売してきた私が以下3点を解説します。

  • フレッツ光の3つの料金プラン
  • フレッツ光でかかる費用のまとめ
  • フレッツ光を安く使うポイント

すべて読めば、フレッツ光の料金プランを理解でき、あなたにあった光回線かどうか判断できるでしょう。

フレッツ光公式サイト:
https://flets.com/next/

※本記事の料金表示はすべて税込み

関連記事:【フレッツ光は評判悪い?】ネット上の口コミで分かった全メリット・デメリット

フレッツ光の月額料金プラン

フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供する全国展開の光回線です。

料金プランを見る前に以下2つのポイントを押さえてください。

  • 東日本と西日本で料金プランや割引が違う
  • 月額料金とは別でプロバイダー料金がかかる

プランごとの月額料金を5つにわけて紹介します。

プラン戸建てマンション
フレッツ光
クロス
6,930円提供なし
フレッツ光
ネクスト
(東日本)
5,940〜6,270円3,135〜4,455円
フレッツ光
ネクスト
(西日本)
5,940円2,860〜4,950円
フレッツ光
ライト
(東日本)
3,080〜6,380円2,860〜4,730円
フレッツ光
ライト
(西日本)
3,520〜6,600円2,860〜5,940円

※リンクを押すと各プランの詳細に飛びます

フレッツ光クロス

フレッツ光クロス

出典:フレッツ光

フレッツ光クロスは「戸建てタイプのみ提供の最大通信速度10Gbpsのプラン」です。

高性能なぶん月額料金は6,930円と高いです。NTT西日本のフレッツ光の2年契約なら、月々5,720円で利用できます。

フレッツ光クロスの料金
月額料金6,930円
割引適用時
(西日本)
5,720円
プロバイダー料金
(3社から)
1,100〜2,420円
ルーターレンタル550円
合計8,030〜9,900円

フレッツ光クロスは2020年4月から提供を開始したばかりで、2021年9月現在の対応エリアは一部地域のみです。

【フレッツ光クロスの提供エリア】

東京都(23区と一部地域)/大阪市/名古屋市

また、通信速度を活かすためにはWi-Fi6対応ルーターが必要です。

月額550円でWi-Fi6対応のルーターを借りられますが、設定や設置をお願いする場合は以下の追加料金が発生します。

  • 設置工事費…1,650円
  • 設定工事費…1,100円

フレッツ光ネクスト(東日本)

東日本のフレッツ光ネクストは「最大通信速度1Gbpsの標準プラン」です。

以下2タイプにわかれます。

  • スマートタイプ
    …ルーター付きで光配線方式のみ対応
  • ギガラインタイプ
    …ルーターを持っている方向けのプラン
フレッツ光ネクスト(東日本)の月額料金
戸建てマンション
スマート
タイプ
6,270円・4契約以上…4,785円
・8契約以上…4,125円
・16契約以上…3,685円
ギガライン
タイプ
5,940円・4契約以上…4,455円
・8契約以上…3,795円
・16契約以上…3,355円
ハイスピード
タイプ
5,720円・4契約以上…4,235円
・8契約以上…3,575円
・16契約以上…3,135円

スマートタイプの月額料金は戸建て・マンションともに高いです。

ただしにねん割とギガスマート割を併用でき、以下の月額料金で使えます。

スマートタイプ割引適用

  • 戸建て…月額5,087円
  • マンション…月額3,300円

一方でギガラインタイプはベースの料金が安いですが、割引はにねん割のみです。

【にねん割の割引額】

  • 戸建て…月額770円割引
  • マンション…月額110円割引

そのため住んでいるマンションの契約見込み数の確認をおすすめします。

基本的には速度が遅いためハイスピードタイプはおすすめできません。

最大通信速度が200Mbpsまで落ちますが、にねん割で110円割引されてもギガラインタイプと300円しか変わりません。

フレッツ光ネクスト(西日本)

西日本のフレッツ光ネクストは「光配線方式なら最大通信速度1Gbpsプラン」です。

マンションタイプでVDSL方式やLAN方式の場合、最大通信速度が100Mbpsのみです。

【光回線の接続方式】

  • 光配線方式
    …光ファイバーケーブルのみ
  • VDSL方式
    …光ファイバーケーブルと電話回線
  • LAN方式
    …光ファイバーケーブルとLANケーブル
フレッツ光ネクスト(西日本)の月額料金
戸建てマンション
5,940円光配線方式
VDSL方式
・6契約以上…4,950円
・8契約以上…4,070円
・16契約以上…3,520円
LAN方式・6契約以上…4,290円
・8契約以上…3,410円
・16契約以上…2,860円

マンションタイプの月額料金は、見込める契約数が多いほど安いです。

また光はじめ割やグループ割を使えば、以下の月額料金まで割引できます。

  • 戸建てタイプ…4,730円
  • マンションタイプ…3,135円

割引内容を詳しく知りたい人はフレッツ光の料金を安くする5ポイントを参考にしてください。

フレッツ光ライト(東日本)

基本料金は安いですが、フレッツ光ライトはデータ使用量にしたがって月額料金が高くなります。

フレッツ光ライト(東日本)の月額料金
戸建てライトプラス3,000MBまで10,000MB未満10,000MB以上
4,180円4,180円
+26.4円/100MB
6,050円
ライト200MBまで1,200MB未満1,200MB以上
3,080円3,080円
+33円/10MB
6,380円
マンション200MBまで970MB未満970MB以上
2,860円2,860円
+33円/10MB
4,730円

ライトプランはフレッツテレビやひかり電話をメインとして、ネットをほとんど使わない人におすすめです。

データ量目安は以下で、簡単な調べ物がメインの人でないと料金を安く抑えられません。

  • 3,000MB
    …動画16時間orホームページ2,000ページ
  • 200MB
    …動画1時間orホームページ133ページ

たくさんネットを使いたい場合は、フレッツ光ネクストを検討してください。

フレッツ光ライト(西日本)

西日本のフレッツ光ライトは、基本料金と上限の料金が決まっており、その間は使用量に応じた支払いです。

フレッツ光ライト(西日本)
戸建て320MBまで1,320MB未満1,320MB以上
3,520円3,520円
+30.8円/10MB
6,600円
マンション320MBまで1,110MB未満1,110MB以上
2,860円2,860円
+30.8円/10MB
5,940円

戸建てタイプなら「フレッツ・あっと割引」「光ライト割」が適用できます。

データ通信量標準料金フレッツ・あっと割引
の適用料金
光ライト割
の適用料金
320MBまで3,520円3,080円2,530円
1,320MB未満3,520円
+30.8/10MB
3,080円
+30.8円/10MB
2,530円
+30.8円/10MB
1,320MB以上6,600円6,160円5,610円

基本料金と上限金額がそれぞれ安くなります。

フレッツ光の料金・初期費用総まとめ

フレッツ光の月額料金以外の費用を以下の表にまとめました。

フレッツ光で支払う料金まとめ
プロバイダー
利用料金
539〜2,420円
初期費用契約料…880円
工事費…2,200〜19,800円
解約金工事費・プロバイダによって異なる
引越し費用初期工事費相当
オプション料金無料オプションあり

それぞれ詳しく解説します。

プロバイダー利用料金

フレッツ光は月額料金と別でプロバイダー料金がかかります。

プロバイダーとは「回線をインターネットにつなげる業者のこと」です。プロバイダーは回線・地域・建物によって違い、どれを選ぶかで料金や通信速度が変わります。

最安で539円から契約できますが、一般的に1,000円台のものが多いです。

初期費用(契約料・工事費)

フレッツ光の初期費用は「契約料+工事費」です。

戸建てマンション
契約料880円880円
工事費19,800円16,500円
合計
20,680円17,380円

以下の2パターンは戸建て・マンションともに料金が安くなります。

  • 屋内配線の新設が不要…8,360円
  • 派遣工事が不要…2,200円

休日の工事は追加料金3,300円が必要です。

解約金

フレッツ光の解約金は3種類あります。

  • 工事費残額
  • 割引制度の解約金
  • プロバイダーの解約金

工事費残額は、分割払いの工事費の払い残し分が一括で請求されます。

主な割引制度の解約金は表にまとめました。

割引制度の解約金
にねん割戸建て…10,450円
マンション…1,650円
光はじめ割戸建て…11,000円
マンション…7,700円
フレッツ光クロス
の月額利用料割引
11,000円
フレッツ・あっと割引1年未満…4,950円
1〜2年…9,900円

プロバイダーは契約期間も解約金もさまざまです。代表的なものを紹介しますが、契約時に詳しく確認してみてください。

プロバイダーの解約金
ASAHIネット2,200円
So-net3,300円
OCN5,500円
Tigers-net.com7,700円

なお更新月の解約は無料です。

引越し費用

フレッツ光の引越し費用は、初期工事費相当の移転工事費がかかります。

フレッツ光の引越し費用
屋内配線の新設あり戸建て19,800円
マンション16,500円
屋内配線の新設なし8,360円

引越し費用は配線の有無によって異なります。

オプション料金まとめ

フレッツ光の主なオプション料金を以下表にまとめました。

フレッツ光のオプション月額料金
ひかり電話基本料550円+通話料
フレッツテレビ825円+チャンネルごとの料金
ひかりTV1,100円~3,850円
+チャンネルごとの料金
U-NEXT2,189円
フレッツ・あずけ~る
(オンラインストレージ)
5GBまで無料
なおせ~る
(周辺機器の故障や破損などを補償)
550円
フレッツ・ウイルスクリア3台まで440円
リモートサポートサービス550円
24時間出張修理オプション
(修理時間の拡大)
2,200〜3,300円

フレッツ光のオプションは、フレッツテレビやひかりTVなどの映像サービスが充実しています。

ただし無料オプションはほかの光回線より少ないです。オプションは月額料金が高くなる原因になるので、必要なものだけ契約してください。

月額550円でも2年間契約すると13,200円になります。

フレッツ光は高い?人気回線の月額料金と徹底比較

フレッツ光と人気回線で月額料金を比較しました。

戸建てマンション
フレッツ光クロス
(最大10Gbps)
6,930円
フレッツ光ネクスト5,940円東日本:3,355〜4,455円
西日本:2,860〜4,950円
フレッツ光ライト
(最大100Mbps)
東日本:3,080〜6,380円
西日本:3,520〜6,600円
東日本:2,200〜4,730円
西日本:2,860〜5,940円
NURO光5,200円5,200円
auひかり5,610円4,455円
ドコモ光5,720円4,400円
ソフトバンク光5,720円4,180円

フレッツ光は戸建てタイプの月額料金が相場より高いです。マンションタイプは、契約見込み数が多ければ他の回線よりも安く契約できます。

ほとんどネットを利用しない人なら、フレッツ光ライトがお得です。

フレッツ光をもっと安く使う方法が知りたい方は、次章を参考にしてください。

フレッツ光の料金を安くする5ポイント

フレッツ光を安く使うには、以下の5つの方法がおすすめです。

他社回線のようにスマホセット割がありませんが、お得に使える割引が揃っています。

2年契約なら「にねん割」で最大18,480円お得

にねん割は「2年間フレッツ光の月額料金が割引される制度」です。

NTT東日本のフレッツ光ネクストを契約し、割引の申込みをした人が対象です。

【にねん割の割引額】

  • 戸建てタイプ…月々770円
  • マンションタイプ…月々110円

戸建てタイプなら2年間で最大18,480円お得です。さらにフレッツ光の新規契約だけでなく、すでに利用中の方も使えます。

ただし途中解約すると、解約金が発生することは注意しましょう。

ギガスマート割と併用すれば最大月々1,182円割引

ギガスマート割は「フレッツ光ネクストのスマートタイプのみ使える割引」です。

にねん割と併用すると以下の金額お得になります。

  • 戸建て…月々1,182円
  • マンション…月々385円

フレッツ光ネクスト西日本は「光はじめ割」が使える

NTT西日本であれば、光はじめ割を使うと2年契約になり月額料金が割引されます。

3年目から割引額が大きくなるのが特徴です。

タイプ期間標準料金の割引額
戸建て2年目まで1,210円
3年目から1,419円
マンション2年目まで495円
3年目から682円

以下の解約金がかかる点はご注意ください。

光はじめ割解約金

  • 戸建て…11,000円
  • マンション…7,700円

割引適用には申し込みが必要です。

家族でフレッツ光を使うなら「単身&かぞく応援割」

単身&かぞく応援割は「東日本フレッツ光ネクスト2回線分の支払いをまとめると受けられる割引制度」です。

【単身&かぞく応援割の割引額】

  • 戸建て+マンション…330円/月
  • マンション+マンション…110円/月

ただしマンション同士の支払いをまとめても割引は適用されません。

「グループ割」で最大月額990円安くなる

西日本フレッツ光ネクストの契約者同士で2〜3回線のグループを組んで割引に申し込むと、グループ割が適用されます。

1回線につき月々330円安くなり、その方法は2パターンです。

  • 月額料金から330円割引
  • 主回線の月額料金をまとめて割引

3回線グループの割引をまとめると、主回線の月額料金を990円安くできます。グループ割はフレッツ光ライトも対象ですが、上限の料金にしか適用されません。

安く使えるプロバイダーに乗り換える

フレッツ光は月々の支払いにプロバイダー料金が必要なので、プロバイダーを変えると安く使えます。

フレッツ光ネクストの主なプロバイダーの料金を表にまとめました。

プロバイダー料金
hi-ho539円
BB.excite550円
DTI748円
ASAHIネット770円
plala880円
WAKWAK
So-net990円
OCN
BIGLOBE
@nifty1,045円

最安で539円ですが、高いプロバイダだと1,000円台になります。

特別な理由がない限り、月額料金が安いorプロバイダパックの割引が優秀なプロバイダーがおすすめです。

プロバイダパックとは「フレッツ光とプロバイダーをセットで申し込むパック」です。

フレッツ光の料金の確認方法

フレッツ光の料金の確認方法を東日本と西日本にわけて紹介します。

NTT東日本 フレッツ光の料金確認方法

東日本のフレッツ光の料金確認は「プラン診断」がおすすめです。

フレッツ光_プラン診断

以下のような質問に答えると、あなたにぴったりのプランや料金を教えてくれます。

質問例

  • 住まいのタイプ
  • ルーターの有無
  • 速度重視か料金重視か

すでに契約をしている場合は「@ビリング」をお使いください。24時間パソコンやスマホでフレッツ光の料金を確認できます。

NTT西日本 フレッツ光の料金確認方法

西日本のフレッツ光の料金を確認するなら、公式ホームページの料金シミュレーションがおすすめです。

以下の項目を選ぶと、月額料金や初期費用、解約金を確認できます。

項目例

  • 住まいのタイプ
  • サービスプラン
  • 使いたい割引
  • プロバイダー

すでに契約している場合は「Myビリング」をお使いください。いつでも料金の明細を確認できます。

料金を確認してわからないことがあれば、電話窓口でも相談可能です。

【フレッツ光の電話窓口】

東日本:0120-116116
受付時間:午前9時~午後5時
土日・休日も営業(年末年始を除く)

西日本:0120-019000
受付時間:午前9時~午後5時
休業日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12/29~1/3)

まとめ:フレッツ光の料金

代理店NEXT

「法人で光回線の契約を検討している方」は、フレッツ光の利用がおすすめです。

フレッツ光は、新規申込で最大45,000円キャッシュバックキャンペーンを行っています。またサポートが充実しているため、契約に不安がある方はぜひ利用しましょう。

  • 最大45,000円キャッシュバック
  • 最短2ヵ月で現金振込
  • IPv6で通信速度が速い

今なら最大45,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、この機会にぜひご利用ください。

\最大45,000円キャッシュバック/
NEXT公式サイトをみる申込は簡単5分で完了

関連記事:【21社を徹底比較】光回線おすすめ6選と失敗しない選び方

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA