インターネット事情

評判悪い?アバストセキュアラインVPNのデメリット3つとメリット5つで全解説

アバストセキュアラインVPN

編集部Jun
編集部Jun
こんにちは「なるほどwifi」編集部のJunです。

アバストセキュアラインVPNはインターネットを利用するときのセキュリティを高めてくれるソフトです。

セキュリティを高めてくれるといっても、どのような効果があるかはなかなか想像しにくいですよね?この記事では、アバストセキュアラインの特徴とともにどのようにインターネットでの安全性を高めてくれるのかを徹底解説しています!

アバストセキュアラインVPNの3つの特徴を解説し、メリット、デメリットについても詳しく紹介し、評判や料金、解約方法について解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

そもそもアバストセキュアラインVPNとは?3つの特徴とともに解説!

アバストセキュアラインVPN
セキュアラインVPNの機能
  • オープンソースのプライバシー保護
  • ログ記録なし
  • 256ビットのAES暗号化
  • 単一の共有IP
  • Wi-Fiやネットワークの安全を確保
  • DNS漏えい保護
  • ストリーミングとゲームプレイに対応
  • 世界中のコンテンツにアクセス
  • P2Pのサポート
  • 34か国に55か所の接続先
  • AndroidTVのサポート
費用
  • デバイス5台まで 8,280円/年
  • PC 6,180円/年
  • Mac 6,180円/年
  • Android 1,740円/年
  • iPhone または iPad 1,740円/年
お試し利用 7日間無料トライアル

アバストセキュアラインVPNは、インターネットへの接続情報を隠したり、特定回線やプロバイダからのアクセスを拒否したり、通信を暗号化することで情報漏えいを防いでくれたりと、インターネットを利用している時のセキュリティを高めてくれるソフトです。

まずアバストセキュアラインVPNについての3つの特徴をどのような効果があるかとともにご紹介していきます。

特徴①:インターネットへの接続情報を隠すことができる

パスワード暗号化

アバストセキュアラインVPNのひとつ目の特徴はインターネットへの接続情報を隠すことができるとういうことです。例えばインターネットの上の住所であるIPアドレスを隠すことで、個人情報、接続地域情報などを知られにくいようにすることができます。

個人情報や接続地域の情報などが特定されなければ、ターゲティングされた執拗な広告に悩まされることもありません。Webサイトの閲覧履歴などからも個人に合わせた広告が表示されたりすることもあるので、接続情報を隠すことはプライバシーが保護されより安心して、インターネットを利用することができるようになります。

特徴②:特定回線やプロバイダからのアクセス拒否を回避できる

ネットサーフィンをする

インターネットプロバイダの多くは回線スピードなどの品質を維持するために、特定のサイトへのアクセスを制限したり、データの転送量の制限や、P2P方式の通信を制限しています。

アバストセキュアラインVPNは回線の情報を隠すことができるので、アクセス制限を回避したり、P2P方式の通信をすることができるという特徴があります。

特徴③:通信の暗号化することで情報漏えいを防止する

通信を暗号化

アバストセキュアラインVPNはインターネット通信を暗号化することができます。

例えば、公衆Wi-Fiなどからインターネットに接続し、セキュリティー対策をしていないと悪意のあるハッカーに端末情報を盗まれたり、端末に侵入され、他のコンピュータへの攻撃に利用されたりしてしまう恐れがあります。

通信を暗号化することで、公衆Wi-Fiからの接続でもインターネット利用時の安全性を高めることができるようになります。

以上アバストセキュアラインVPNの3つの特徴について紹介しました。続いてネット上の口コミから、アバストセキュアラインの評判を見ていきましょう!

セキュアラインVPNの真相をネット上の口コミから徹底分析!

アバストセキュアラインVPNのネット上の評判を調査して、悪い評判と良い評判をそれぞれ解説していきます。セキュアラインVPN導入を考えている方はネット上の生の声も参考にしてみてくださいね。

アバストセキュアラインVPNの悪い評判例…

悪い評判についてはPCの調子が悪くなり、動作が重くなるという声が多くみられました。

安全な通信環境を提供するためにVPNはデータを暗号化するので、パケットが肥大化して通信スピードが遅くなってしまったりします。その影響でPCの調子が悪くなったりということもあるようです。

また費用がかかるということも一部悪い評判として挙げられていました。インターネットの安全性を考慮すれば、有料で安全性の高いVPNを導入することは仕方のない部分でもあるかもしれないですね。

それでは続いて良い評判もみていきましょう!

アバストセキュアラインVPNの良い評判例!

良い口コミは、比較的安価で通信を暗号化してくれるという評判が多くみられました。公衆Wifiでもセキュリティを保護してくれるので、費用の割にサービス内容に満足しているユーザーが多いようです。

セキュアラインVPNの評判まとめ

インターネット上の評判では、全体的に良い評判の方が多くみられた印象でした。

悪い評判は「動作が重くなる」「PCの調子が悪くなる」などでしたが、通信を暗号化することで、ネットワークスピードが落ちるのは安全性を考慮すると仕方のない部分かもしれません。

費用がかかるという部分でマイナス評価もありましたが、逆に年間2000~2300円位で通信を守ってくれるというのはリーズナブルだと感じるユーザーも多くみられたので、全体的に見るとアバストセキュアラインVPNのインターネット上の評判は良いといえます!

それでは以上の口コミを踏まえたうえで、アバストセキュアラインVPNのメリット・デメリットをみていきましょう!

アバストセキュアラインVPNの5つのメリット

この章では、ネット利用時の通信セキュリティを高めることができる、アバストセキュアラインVPNの5つのメリットについて解説していきます!

メリット①:通信の暗号化による情報漏えいの防止

ネットワークの暗号化

まずアバストセキュアラインVPNの1つめのメリットは、通信の暗号化することで、情報漏えいを防止してくれるということです。

大きな企業、銀行などもセキュリティ対策としてVPNを使用して、データやアクティビティを保護しています。アバストセキュアラインVPNを利用すれば個人ユーザーでもVPNの恩恵を受けることができるようになります。

暗号化に「256ビットAES」を使用しており、この暗号化方式はハイパーコンピューターでも、解読するのはとても時間がかかり、非常に困難なことなので、「256ビットAES」に守られているということは安心感がありますね。

メリット②:公衆Wi-Fiも安全に使える

公衆Wi-fi

インターネットを公衆Wi-Fiで気軽にるようできるのはとても便利なことですが、その反面セキュリティには不安があるのも事実です。パソコンやスマホが自動にWi-Fiに接続する設定になっていれば、もしかしたら悪意のある偽者のネットワークへ繋がっている可能性もあります。

アバストセキュアラインVPNは公衆Wi-Fiなど、あらゆるホットスポットに安全に接続することができるので、カフェや空港、図書館、公園などでのインテーネット利用も安心して利用することができます。

メリット③:特定の回線やプロバイダからのアクセス拒否を回避できる

様々な場所へのネットワーク

VPNは本来のIPアドレスを隠すことができるので、プロバイダなどがIPアドレスで制限をかけ、アクセスが拒否されているサイトなどの閲覧を回避することができるのもメリットになります。

プロバイダは回線の品質を維持するため、サイト内容やコンテンツによっては見ることができない状況があります。アバストセキュアラインVPNはコンテンツのブロックを回避し、インターネット上のコンテンツを、どのサイトからのものでも利用できるようになります。

メリット④:ストリーミングとゲームプレイに対応しP2Pをサポート

ゲームをしている

アバストセキュアラインVPNは専用ハードウェアのサーバー上で動作しているので、ネット回線の負荷が高いときでも回線速度を維持できるように十分な余力が確保されるように設計されていて、さらにどのサーバーも負荷が高くならないように、各サーバー間での処理の負荷を自動的に平均化するシステムで運用されています。

定期的にテストも実施されていて、負荷が集中する期間でも平均速度は450~600メガビット/秒となっているので、高解像度の映画やゲームをしていて反応が遅くなったりするラグの影響なども少なく快適に遊ぶことができるようになっています。

またP2P規制にも対応しているので、動画や音楽などの大容量データのやりとりに利用されるP2P通信も利用することができます。P2Pについては下記の関連記事も参考にしてみてください。

P2P
【P2P規制・制限なし】おすすめプロバイダを徹底比較!P2Pの規制・制限がないおすすめのプロバイダを「転送量」「帯域制限」「速度」「料金」などで徹底比較して紹介します!P2P規制なしのプロバイダを選ぶときの3つのポイントを解説したうえで、おすすめプロバイダを紹介して、なぜP2P規制があるのかも解説しています。P2P規制なしプロバイダ選びの参考にして下さい!...

メリット⑤:世界中のコンテンツにアクセスできる

世界中へアクセスする

世界中55か所の異なるサーバーから接続先を選択できるので、国別で規制のあるコンテンツも制限にかかることなく自由にインターネットを閲覧することができるようになります。

居住地にかかわらず、検閲を迂回してインターネット上のあらゆるサービスやメディアにアクセスできるのもアバストセキュアラインVPNのメリットになります。

以上アバストセキュアラインVPNにはさまざまなメリットがあることがわかりますね。続いて次章ではデメリットについてもみていきましょう!

アバストセキュアラインVPNの3つのデメリット

VPNの利用はセキュリティ上さまざまなメリットがありますが、デメリットもあります。アバストセキュアラインVPNの3つのデメリットについて解説していきますね。

デメリット①:有料ソフトなので費用がかかる

アバストセキュアラインVPNのの料金

まず最初にデメリットとしてあげられるのは、費用がかかるということです。セキュリティを高めてさまざまな機能を利用できるとなるとやはり、無料で利用できるということは難しいかもしれないですね。

ですが口コミでは非常にリーズナブルという声もあり、多くのメリットがあるので、PCであれば年間約6,000円、スマホであれば年間約1,700円の費用に見合う価値があるかどうかしっかり検討してみてくださいね。

デメリット②:通信速度が遅くなる場合も多い

インターネットが遅い

VPNはVPNサーバーを経由してインターネットに接続するので、サーバーへの負荷状況によって通信速度が遅くなったりします。

通信速度は元のインターネット回線の速度より速くなることはなく、VPNを経由する以上品質によって、どれだけ元の回線速度を維持できるかが重要になります。アバストセキュアラインVPNは7日間の無料トライアルもあるので、実測がどのくらいか気になる人は試してみてくださいね。

デメリット③:情報漏えいの可能性がなくなるわけではない

不正アクセス

VPNとはいえ情報漏えいの可能性がなくなるわけではありません。VPNも間違った設定をしてしまうと、DNSやIPアドレスが漏えいしてしまう可能性もあります。インターネットを安心して利用するためにはさまざまな方向からセキュリティ対策を考える必要がありそうですね。

以上3つのデメリットを紹介しました。5つのメリットと3つのデメリットをしっかりと検討して、アバストセキュアラインVPNを利用するかどうか参考にしてみてください。どのような人が利用に向いているのか?向いていないのかを次章で解説していきます!

上記からわかった!アバストセキュアラインVPNをおすすめする人しない人

インターネットを利用していて個人情報を奪われたり、意図しないで他のコンピュータへの攻撃の窓口になってしまったりといった被害にあわないためにも、インターネットのセキュリティについては真剣に考える必要がありそうですね。

アバストセキュアラインVPNをおすすめする人、しない人をまとめてみたので参考にしてみてください。

アバストセキュアラインVPNをおすすめしない人

アバストセキュアラインVPNをおすすめしない人
  • 公衆Wifiなどをほとんど利用しない人
  • 費用をかけたくない人
  • ネット利用が限定的でセキュリティを気にしない人

アバストセキュアラインVPNをおすすめしない人ですが、公衆Wifiなどをほとんど利用することがなく、ネット利用もメッセージやメール、ニュースのチェックなど限定的な使い方であれば、セキュリティのリスクも低いので、利用する必要はなさそうですね。

あとは費用もかかるので、コスト面が気になるひとにはおすすめはできないサービスになります。続いておすすめする人はどのような人なのかを解説します!

アバストセキュアラインVPNをおすすめする人

アバストセキュアラインVPNをおすすめする人
  • ネット利用時のセキュリティが気になる人
  • 外出先などでのネット利用が多く公衆wifiを安全に利用したい人
  • IPアドレスなどで規制されることなくネットを利用したい人
  • ネット利用時に表示される広告が煩わしい人

アバストセキュアラインVPNをおすすめする人ですが、外出先などでのネット利用が多く、公衆Wifiなどを使う機会が多い人は、アバストの利用を検討してみましょう。

公衆Wifiでは知らないうちに端末情報を盗まれたり、端末に侵入され、他のコンピュータへの攻撃に利用されたりなどのセキュリティ上のリスクもありますし、端末や閲覧履歴を知られることで執拗な広告に追い回されたりしてしまいます。

またIPアドレスによるネット規制なども回避できるので、接続元でブロックされてしまうコンテンツも見ることができ、より自由にネットを利用したい方にはアバストセキュアラインVPNは向いているといえます。

ここまで紹介したメリット・デメリットやおすすめする人・しない人の内容をよく検討して、ネット利用時のセキュリティ対策について真剣に考えてみることをおすすめします!

次章ではアバストセキュアラインVPNの実際の使い方について解説していきます。

アバストセキュアラインVPNの使い方を3ステップで解説!

アバストセキュアラインVPNの使い方
  • 1:公式サイトからダウンロード
  • 2:ダウンロードファイルを実行(インストール)
  • 3:アクティベーションコードを有効にする(ライセンス認証)

アバストセキュアラインVPNの使い方について3ステップで解説します。
カンタンな流れを解説すると通常のソフトウェアと同様「1:ダウンロード」「2:インストール「3:ライセンス認証」の3ステップで利用できるようになります。

インストール方法や利用方法は公式サイトで紹介されているので、詳しく知りたい方は公式サイトも参考にしてみてくださいね。

ステップ1:公式サイトからダウンロード

アバストセキュアラインVPNのダウンロード

アバストセキュアラインVPNの使い方ですが、まず公式サイトからダウンロードします。

公式サイトにアクセスすると接続しているOSとブラウザから、自動的に自分の端末にあったバージョンがダウンロードできます。この記事ではWindowsでの使い方について解説していきます。

ステップ2:ダウンロードファイルを実行(インストール)する

アバストセキュアラインVPNのインストール

公式サイトからダウンロードしたセットアップファイル「avast_secureline_setup.exe」をダブルクリックしてインストールファイルを実行します。画面の指示に従ってイントールを進めていきましょう。

インストールが完了したら、自動的に実行されます。7日間の無料トライアルがあるので、実際に利用してアバストセキュアラインVPNの機能を試してみましょう。

利用を続けるには「ライセンス認証」を行う必要があるので、続いてステップ3で解説していきます。

ステップ3:アクティベーションコードを有効にする(ライセンス認証)

アバストセキュアラインVPNの有効化

アバストセキュアラインVPNは有料のソフトウェアなので、利用を続けるにはライセンスを購入し認証する必要があります。購入後にメールに記載された「ライセンスコード」をアバストセキュアラインVPNの「メニュー」から「マイ ライセンス」に進み「ライセンスコード」を貼り付け認証を行います。

詳しくは公式サイトでも解説されているので、参考にしてみてくださいね。

アバストセキュアラインVPNの削除・アインストール方法も確認しておこう!

アバストセキュアラインVPNのアンインストール

アバストセキュアラインVPNは通常のソフトウェアと同じ手順で、削除することができます。Windowsの場合は「アプリと機能」から「アバストセキュアラインVPN」をクリックして「アンインストール」を選択してください。

アンインストーラーが表示されたら「はい」をクリックしてアンインストールを進めていきます。アンインストールの詳しい手順は下記公式サイトも参考にしてみてくださいね。

まとめ

アバストセキュアラインVPNのまとめ
  • インターネットへの接続情報を隠しセキュリティを高める
  • アクセス拒否などの制限を拒否できる
  • 公衆Wi-fiを安全に利用できる
  • さまざまなコンテンツにアクセスできる
  • 費用がかかり、通信速度が遅くなることもある

以上アバストセキュアラインVPNについてまとめました。情報漏えいや不正アクセス等はいつどこで被害にあうかわかりません。

公衆Wi-fiなど外出先でのインターネット利用が多い人は、被害に合わないためにもこの記事を参考に、アバストセキュアラインVPNの利用を検討してみることをおすすめします!

ニュースなどでさまざまなネットのセキュリティ被害を目にすることが増えてきていますので、ある日突然、自分自身が被害い合わないためにも、ネットのセキュリティについては真剣に検討してみることも必要ですね。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA