【全31社比較】WiMAX 2+おすすめプロバイダランキングBEST10「2019年8月」

悪い評判は本当?auWiMAX(ポケットWiFi)の7つのデメリットとおすすめしない理由


auWiMAXのスペック
初期費用 3,000円+端末代
月額料金 4,380円
キャッシュバック額 0円
配送料
発送までの期間 店舗での申し込み限定
最短契約日数 2年
通信速度 440Mbps~1.2Gbps
通信方式 WiMAX(TD-LTE)
通信量制限 3日で10GB
制限速度 1Mbps
取扱端末 W06,WX05,W05,L02,L01s,HOME01
支払い方法 クレジットカード,口座振替
編集部ウッチー
編集部ウッチー
こんにちは「なるほどwifi」編集部のウッチーです。この記事ではauWiMAXについて解説します。

auの提供するWiMAXということで、信頼度が高いauWiMAX2+ですが、実際のところおすすめなのでしょうか?

他社WiMAXと徹底比較した上で、auWiMAX2+のデメリットやおすすめしない理由についてお伝えしていくので、WiMAXを契約する前にしっかり確認してみて下さいね!

下記ボタン先では、全31社のWiMAXを比較した上で1番お得に申し込めるWiMAXを紹介しています。どのWiMAXを選べば良いか迷っている方は是非チェックしてみてください。

全31社比較したおすすめのWiMAXをチェック!

目次

【結論から言うと】auWiMAX(ポケットWiFi)は月額料金・年間料金ともに「もっともお得に使えるWiMAXではない」ので注意!

サービス名 月額 キャンペーン 支払総額
auWiMAX 4,380円 特になし 109,500円
※2年契約
Broad WiMAX 3,280円 他社WiMAXからの乗り換え違約金負担など 121,352円
GMOとくとくBB 3,264円 キャッシュバック最大35,000円など 120,769円
So-net WiMAX 3,937円 特になし 145,656円
BIGLOBE WiMAX 3,414円 キャッシュバック最大30,000円など 126,310円
カシモWiMAX 3,623円 特になし 134,048円
3WiMAX 3,647円 他回線への乗換保証など 17,8680円
※4年
DTI WiMAX 3,525円 NTTグループカードの利用で最大6,000円キャッシュバックなど 130,430円
JP WiMAX 3,384円 Amazonギフト券10,000円分など 125,200円
novas WiMAX 3,808円 特になし 140,880円
UQWiMAX 3,973円 13,000円キャッシュバックなど 147,008円
@nifty WiMAX 3,571円 23,100円キャッシュバックなど 132,140円
※月額料金はキャッシュバックを加味した支払い総額を37ヶ月で割った37ヶ月の平均月額を算出しています。

 

WiMAXを提供している各プロバイダの月額料金・キャンペーン・2年間の総額を一覧でまとめました。

WiMAXはどこで契約しても同じ回線を使うので、速度や対応エリアに違いはありません。選べる機種などもそれほど変わらないので、料金が安いプロバイダを選ぶのが鉄則です。

表を見てもらえばわかるように、auWiMAXは利用料金が高く、お得に使えるプロバイダだとは言えないのが本音です…。

知名度があるauだからと安心して契約してしまうと、後々後悔することになるかも知れませんので、この記事の内容をしっかりチェックするようにして下さいね!

auWiMAX(ポケットWiFi)の悪い評判の真相をネット上の口コミから徹底分析!

続いて、auWiMAX2+の悪い評判の真相を下がってみます。ネット上の口コミを徹底調査した上で、auWiMAX2+の評価について分析してみました!

auWiMAX(ポケットWiFi)の悪い評判

auWiMAX(ポケットWiFi)の良い評判

auWiMAX(ポケットWiFi)の評判まとめ

auWiMAX2+の良い評判と悪い評判を3つずつピックアップして紹介しましたが、全体的には悪い評判の方が多かったです…。

ツイッターなどのSNSにはネガティブな情報の方が多いとは言え、他社WiMAXと比べても不満の声が多かったような印象ですね。

やはり料金面で不満を感じている声が多かったので、月額費用を抑えたいという人にはauWiMAX2+はおすすめ出来ないというのが本音です。

次の章からは、ネット上の評判や公式サイトの情報などを踏まえながら、auWiMAX2+のメリット・デメリットについて順番にお伝えしていきますね!

auWiMAX(ポケットWiFi)の3つのメリット

auWiMAX2+のメリットはこちらの3点になります。それぞれ詳しく解説していきますね!

auWiMAX(ポケットWiFi)のメリット①:LTEオプションを速度制限無しで利用できる

電車の中でパソコンとスマホを使う男性

WiMAXでは、通常はWiMAXの回線を使って通信を行いますが、auの回線を使って通信を行うLTEオプションという機能もあります。

WiMAX回線の対応エリアよりもau回線の対応エリアの方が広いので、WiMAXが繋がらないようなエリアでも通信が出来る可能性があるでしょう。

ただしLTEオプションには速度制限があり、1ヶ月で7GB以上通信を行うと、その月の通信速度が128kbps以下に制限されてしまいます…。

通信制限中は、LTEオプションの通信速度だけでなく、通常の通信も制限を受けてしまうので、この通信制限は非常に厄介。

128kbpsというと、ほとんどネットが使えないような状態ですからね…。他のプロバイダではこの通信制限を解除する方法が無く、ただ時間が過ぎるのを待つしかありません。

しかし、auWiMAX2+ではこの通信制限を解除することが出来るので、ほぼ無制限でLTEオプションを使うことが出来るのです。

通信制限の解除には2GBごとに2500円が必要になります。こちらのオプションはエクストラオプションという名称になっていますが、自動加算されるので使いすぎにはご注意を…。

何も考えずにLTEオプションを使っていたら通信費が高額になってしまう恐れがありますが、通信制限を解除する方法があるだけでも大きなメリットだと言えるでしょう。

auWiMAX(ポケットWiFi)のメリット②:ショップからの申し込みも出来る

携帯ショップの店内

auWiMAX2+はauショップからの申込みも可能です。WEBや電話で申込みをするのに抵抗がある場合や、店員さんに質問をしたい場合にはショップ申し込みがおすすめ。

ただし、対応してくれる店員さんがWiMAXに詳しいとは限らないので、その点には注意が必要です。

また、auWiMAX2+に関する気になる疑問なども、この記事やなるほどwifiの他の記事を読んでもらえば、漏れなく解消できるはず。

わざわざショップまで行く手間や待ち時間を考えると、ショップ申込みのメリットは少ないと言うのが本音です。

ただ、一つの選択肢としてショップ申込みが出来ることは、auWiMAX2+のメリットだと言えるでしょう。

auWiMAX(ポケットWiFi)のメリット③:海外ローミングにも対応

地球儀の前でパソコンを使う男性

auWiMAX2+は海外ローミングにも対応しています。海外ローミングとは、国内で契約している通信端末を、海外でも使うこと。

国際ローミングとも呼びますが、ほとんどのWiMAXプロバイダは海外ローミングには対応していないので、auWiMAX2+の一つのメリットだと言えます。

ただし、利用料金は1日2,980円とかなりの金額…。滞在期間が短ければともかく、長期間の滞在にはおすすめ出来ません…。

少々面倒でも、海外用のWi-Fiをレンタルしてしまった方が遥かに安上がりでしょう。

レンタルWi-Fiは空港受け取りに対応しているものも多いので、こちらの記事も参考にしてみて下さい!

【当日可!】空港でレンタルできるWi-Fiおすすめランキング! 当日でお急ぎの方はこちらクリック 当日空港でレンタルできるWi-Fiを選ぶ際の3つのポイント まずは、空港で当日でもレンタル...

auWiMAX(ポケットWiFi)の7つのデメリット

続いて、auWiMAX2+の7つのデメリットについてそれぞれお伝えしていきます。メリットだけでなくデメリットもしっかり把握しておきましょう。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット①:他社よりも料金が高い

サービス名 月額料金 主なキャンペーン 支払総額
auWiMAX 4,380円 特になし 109,500円
※2年契約
ブロードワイマックス 3,550円 他社WiMAXからの乗り換え違約金負担など 121,352円
GMOとくとくBB 3,207円 キャッシュバック最大37,100円など 120,769円
So-net WiMAX 3,937円 特になし 145,656円
UQWiMAX 3,973円 13,000円キャッシュバックなど 147,008円
※月額料金はキャッシュバックを加味した支払い総額を37ヶ月で割った37ヶ月の平均月額を算出しています。

 

冒頭でも解説したとおり、auWiMAX2+は他社プロバイダよりも料金が高くなっています。WiMAXは同じ回線を使っているので、エリアや速度に違いはありません。

そのため、料金が高いプロバイダを選ぶ理由は何もありませんし、auWiMAX2+最大のデメリットだと言えるでしょう。

月額料金の安いWiMAXを探しているのであれば、Broad WiMAXなどの利用をおすすめします。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット②:ハイスピードプラスエリアモードが有料

請求書を見る青いワンピースの女性

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAXの回線ではなくauの回線を使って通信を行うオプションのことです。

LTEオプションとも呼ばれるこちらのサービスですが、auWiMAX2+でハイスピードプラスエリアモードを使うためには、1ヶ月1,005円の追加料金が必要になります。

他社プロバイダの場合、LTEオプションは無料で使えることがほとんど…。

WiMAXの回線が使えるエリアではハイスピードプラスエリアモードを使うことは無いかも知れませんが、利用を検討している人にとっては大きなデメリットだと言えるでしょう。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット③:キャンペーンがイマイチ

サービス名 主なキャンペーン
auWiMAX 特になし
GMOとくとくBB キャッシュバック最大35,000円など
@nifty WiMAX 23,100円キャッシュバックなど
UQWiMAX 13,000円キャッシュバックなど
Broad WiMAX 他社WiMAXからの乗り換え違約金負担など

他社プロバイダであれば高額なキャッシュバックなどのキャンペーンが適応されることがありますが、auWiMAX2+にはキャンペーンが用意されていません。

auという知名度があればキャンペーンがなくてもユーザーが集まるということなのか、そもそもauはWiMAXの新規会員獲得に力を入れていないのかは分かりません。

ただ、ユーザー目線で考えると、料金が高い上にキャンペーンが無いプロバイダを選ぶ理由は無いと思います…。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット④:オプションが少ない

チェックリストと書かれた白い紙

セキュリティ対策サービスや端末保証などのオプションが無いauWiMAX2+。

オプションをつける・つけないは別にしても、そもそもの選択肢すら無いのはデメリットだと言えるでしょう。

auWiMAX2+にはauのスマホが安くなるスマートバリューこそあるものの、他社プロバイダでもスマートバリューは適応されます。

auユーザーだからといって特にお得になることはありませんので、ご注意下さい。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット⑤:公式サイトが分かりにくい

メガネを上げてパソコンを見る男性

auWiMAX2+の公式サイトは非常に分かりにくく、料金プランや解約方法などを調べるのにも一苦労します。

ユーザー目線の分かりやすい公式サイトを用意している他社プロバイダと比べると、サービス内容は非常に分かりにくくなっています。

この記事では分かりにくいauWiMAX2+公式サイトの情報をまとめていますが、公式サイトから必要な情報を探し出すのにはかなりの手間がかかってしまうでしょう。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット⑥:解約の際には店舗に行く必要がある

マウスときらめく背景

auWiMAX2+を解約するためには実際に店舗に行く必要があります。移動時間や交通費はもちろん、待ち時間なども考えると非常に面倒…。

電話やWEBから解約できるプロバイダと比べてみても、かなり時代遅れだと言わざるを得ません…。

土日などはauショップが混雑する傾向にあるので、出来れば平日に手続きをしたいところ。

営業時間等はショップによって変わりますが、無駄な手間を省くために必要書類等はしっかり確認するようにして下さいね。

auWiMAX(ポケットWiFi)のデメリット⑦:2年プランしか選ぶことが出来ない

サービス名 契約年数
auWiMAX 2年
GMOとくとくBB 3年
ビッグローブ WiMAX 3年
UQWiMAX 2年/3年
ブロード WiMAX 3年

auWiMAX2+には2年プランしか用意されていません。

2年プラン・3年プランの両方が用意されているようなプロバイダがあることを考えると、こちらも一つのデメリットだと言えます。

3年プランを選ぶことでLTEオプションが無料になるようなプロバイダもありますが、auWiMAX2+の場合はその選択肢がありません。

解約月までの期間が短い2年プランの方が好まれる傾向にあるとは言え、選択肢が無いことは一つのデメリットだと言えるでしょう。

WiMAXは速度や対応エリアなどは全て同じ!auWiMAX(ポケットWiFi)よりもBroad WiMAXorGMOとくとくBBが一番お得に使えるWiMAX!

auWiMAX2+ Broad WiMAX GMOとくとくBB
月額料金
(無制限プラン)
4,380円 3,280円 3,264円
主なキャンペーン 特になし 他社WiMAXからの乗り換え違約金負担など 最大35,000円キャッシュバックなど
申し込み方法 ショップ/WEB/電話 WEB/電話 WEB/電話
選べる機種の種類 6種類 4種類 5種類
海外ローミング 対応 非対応 非対応
解約方法 ショップ 会員サポートページから 電話
契約年数 2年間 3年間 3年間
総額 109,500円 121,352円 120,769円
※月額料金はキャッシュバックを加味した支払い総額を37ヶ月で割った37ヶ月の平均月額を算出しています。

 

冒頭でも述べましたが、WiMAXはどの会社も同じ回線を使っているので、速度や対応エリアなどに違いはありません。

なので、auWiMAX2+のような月額料金が高くてキャンペーンがイマイチなプロバイダを選ぶのはおすすめ出来ないのです…。

数あるWiMAXのプロバイダの中で、特におすすめなのが『Broad WiMAX』と『GMOとくとくBB』。両者の特徴について詳しく見ていきましょう!

キャッシュバックのもらい忘れを気にせず月額料金を抑えたいならBroad WiMAXで決まり!

Broad WiMAX
 BroadWiMAXは、月額料金が安く、3年間の支払い総額もお得なことが特徴のWiMAXです。その上、現金10,000円のキャッシュバックも簡単に貰えちゃいます!

WiMAXのキャッシュバックを受け取るためには色々な条件があり、実際にキャッシュバックをもらえない人も少なくありません。

キャッシュバックがもらえない可能性を考えると、月額が割引になることの方が確実ですよね!

ちなみにBroadWiMAXの契約で現金1万円が貰えるのは、なるほどwifiだけです。BroadWiMAXを申し込むならなるほどwifiで契約しないと損ですよ♪

BroadWiMAXを契約して現金1万円を受け取る!現金10,000円が受け取れるのは上記URLだけです!

高額キャッシュバックを確実にもらって一番お得に使うならGMOとくとくBB!

GMOとくとくBB
高額キャッシュバックが魅力のGMOとくとくBB。無事にキャッシュバックを受け取ることが出来れば、2年間・3年間の総額費用は業界屈指の安さとなります。

契約内容によってキャッシュバック金額は変わりますし、時期によっても額が変化しますが、概ね4万円前後のキャッシュバックがもらえるのは大きな魅力!

プロバイダからのメールを見逃さずに、確実にキャッシュバックを受け取れる自信がある人は、こちらからGMOとくとくBBに申し込みをしましょう!

GMOとくとくBB公式サイトはこちら

auWiMAX(ポケットWiFi)のよくある5つの疑問を解決!

では最後に、auWiMAX2+に関する良くある疑問に回答します。疑問点を解消してから、auWiMAXと契約するのかを判断しても良いと思いますよ。

Q①:auWiMAX2+の解約の料金はいくら?

A更新月以外の解約には9,500円の違約金が発生します。WiMAXの解約については別の記事で詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみて下さい。

WiMAXの解約方法まとめ!解約の電話番号や違約金を払わない方法!WiMAXを解約するための方法やプロバイダごとの解約金をまとめて紹介します。余計な違約金を取られないための方法もまとめてあるので、WiMAXの解約での出費を減らしたいという人はこの記事を参考にしてみて下さい。...

Q②:auWiMAX(ポケットWiFi)の対応エリアが知りたいです。

AWiMAXの対応エリアは公式サイトから確認できます。一番確実なのは無料レンタルで実際に確かめてみることなので、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

WiMAX2+のエリア判定の方法と判定結果別おすすめの回線まとめ WiMAX2+の対応エリアの調べ方 WiMAX 2+の対応エリアは、UQ WiMAX公式ホームページから調べることができます…...

Q③:auWiMAX(ポケットWiFi)のおすすめルーターはどれ?

A外で使うことが多い場合には『Speed Wi-Fi NEXT W05』を、外に持ち歩かない場合には『Speed Wi-Fi HOME L01s』を選びましょう。WiMAXのルーター選びについては、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

WiMAXルーターを種類別に徹底比較!最新機種(端末)でおすすめは?WiMAXのルーターについて、選び方やおすすめのポイントなどをお伝えします。WiMAXと契約したいけど、どのルーターを選べば良いか分からない…。そんな人はこの記事を参考に端末を選んで、快適にインストールを利用しましょう!...

Q④:auWiMAX(ポケットWiFi)の機種変更の方法は?

Aauで契約を行っている場合には、WEBでは機種変更が出来ませんので、auショップで手続きを行いましょう。店舗によって料金や在庫状況に違いがあるので、事前に確認するようにしてみて下さい。

WiMAXを機種変更をする?しない?の判断基準と機種変更の方法!「WiMAXの機種変更をしようか?しないか?悩んでる」「WiMAXの機種変更で損をしたくない…!」などと悩んでいる人は多いようですね。そこで、今回は私の経験を元に「WiMAXを機種変更するべきか?しないべきか?3つの判断基準」や「機種変更の方法」などについて解説していきます。最後まで読んでいただければ、WiMAXを機種変更するべきか?しないべきか?結論がでるはずです。是非参考にしてくださいね…!...

Q⑤:auWiMAX(ポケットWiFi)が繋がらない場合はどうしたら良いの?

Aまずは機器の再起動や接続状況の確認を行ってみて下さい。繋がらない原因によって対処方法は変わってくるので、こちらの記事も参考にしてみて下さいね!

これで大丈夫!UQWiMAXが繋がらない7つの原因とその対策!UQWiMAXが繋がらない…そんな人は必見です!WiMAXが繋がらない7つの理由や、その対策を徹底解説!WiMAXが全く繋がらないという人や、繋がることは繋がるけど通信速度が遅すぎて困っている人は参考にしてみて下さいね。...

auWiMAX(ポケットWiFi)の会社概要

運営会社 KDDI株式会社
住所 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー
電話番号 03-3347-0077
主な事業 電気通信事業など
営業開始日 1984年6月1日

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA