【auひかりは評判悪い?】口コミから分かったメリットと全注意点を解説

【auひかりは高い?】月額料金・初期費用と最安で契約する方法

auひかり料金アイキャッチ画像
  • auひかりの料金はトータルでいくら?
  • 他社回線よりも高いの?
  • お得に契約する方法は?

auひかりの料金は以下です。他社と比較して標準的な料金で契約できます。

戸建てマンション
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,180円
工事費41,250円33,000円
事務手数料3,300円

ただしauスマホとセットで契約すれば、月額最大1,100円お得に利用できます。

編集部ダイゴ
編集部ダイゴ

本記事では長年通信機器を販売してきた私が、以下3点を解説します。

  • auひかりの料金プランまとめ
  • 大手光回線の料金と徹底比較
  • お得に契約するためのポイント

すべてを読めば、auひかりのトータル料金がわかりお得に契約する方法がわかるでしょう。ぜひ最後までお読みください。

auひかりはNEXTが最もお得!

①最大52,000円キャッシュバック
②最短1ヵ月で現金振込
③auでんきとセットで3,000円CB
④auスマホとセットで1,100円割引
⑤最大通信速度は10Gbps

\今なら52,000円キャッシュバック/
NEXT公式サイトをみる 申込は簡単5分で完了

auひかりの月額料金・初期費用総まとめ

auひかりの基本情報を以下の表にまとめました。

auひかりの料金
月額料金
戸建て1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
マンション4,180円
5・10ギガ・5ギガ
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円

・10ギガ
1年目:6,468円
2年目:6,358円
3年目:6,248円
初期費用事務手数料3,300円
工事費戸建て… 41,250円
マンション…33,000円
引越し費用
・エリア内
最大8,250円
・エリアをまたぐ
最大19,800円
解約違約金
10,450円
オプション料金
550円~
スマホセット割auスマホとセット申し込みで月額最大1,100円割引
提供エリア
36都道府県
最大通信速度
1Gbps

それぞれを詳しく紹介します。

1-1.戸建て(ホーム)プランの月額料金

戸建て(ホーム)プランの月額料金は以下です。

プラン月額料金契約期間
ずっとギガ得プラン1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
3年
ギガ得プラン
5,720円
2年
標準プラン
6,930円
縛りなし

プランによって月額料金は異なり、契約年数が長いほど安いです。

また3年契約のずっとギガ得プランであれば、年数が経つごと料金が安くなり最もお得に利用できます。

1-2.マンションプランの月額料金

マンションプランの月額料金は設備タイプによって8種類にわかれます。

マンションプランの月額料金は以下です。

タイプ
月額料金
お得プラン
2年契約
標準プラン
縛りなし
タイプE3,740円
タイプV4,180円
都市機構4,180円
タイプF4,290円
ギガ4,455円
タイプG4,730円5,940円 
都市機構G4,730円5,940円 
ミニギガ5,500円 

タイプによって大きく異なり最大1,700円の差があります。

auひかりをマンションで契約する場合「どのタイプに当てはまるか」を事前に管理人に問い合わせおきましょう。

1-3.5ギガ・10ギガの月額料金|戸建てのみ

戸建ての場合、高速の5ギガ・10ギガプランを利用できます。通常の1ギガプランに比べて「5ギガは5倍、10ギガ10倍」理論上速いです。

auひかり5ギガ10ギガ

出典:auひかり

5ギガ・10ギガプランの月額料金は以下です。

プラン
月額料金
契約期間
5ギガ10ギガ
ずっとギガ得プラン1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
1年目:6,468円
2年目:6,358円
3年目:6,248円
3年
ギガ得プラン
6,270円
7,128円
2年
標準プラン
7,480円
8,338円
縛りなし

5ギガでずっとギガ得プランであれば、通常の1ギガプランと同額で利用できます。ただし1ギガプランに比べて高速プランは対象エリアが狭くなるため事前に確認しておきましょう。
»【auひかりの提供エリアは?】確認方法とエリア外だった場合のおすすめ回線

1-4.初期費用(工事費・事務手数料)

auひかりの初期費用には「工事費+事務手数料」がかかります。

戸建てマンション
工事費41,250円33,000円
割引(月額)687円×60回
=41,250円
1,375×24回
=33,000円
事務手数料3,300円
初期費用41,550円36,300円

初期費用として「戸建て:41,550円、マンション:36,300円」かかります。ただしキャンペーン適用で工事費が無料になるため、実質初期費用は3,300円です。

工事費の実質無料キャンペーンの適用条件は以下です。

工事費実質無料キャンペーン適用条件

  • キャンペーンを行っているプロバイダを契約
  • auひかり電話を契約(戸建てのみ)
  • 戸建ては60ヵ月間、マンションは24ヵ月間

ほとんど初期費用がかからない点はauひかりの大きなポイントです。

1-5.引越し費用

auひかりの引越し費用は「新規登録料3,300円+工事費」です。

戸建てマンション
工事費41,250円33,000円
割引(月額)687円×60回
=41,250円
1,375×24回
=33,000円
事務手数料3,300円
引越し費用41,550円36,300円

引越し費用として「戸建て:41,550円、マンション:36,300円」かかります。ただしキャンペーン適用で工事費が無料になるため、実質引越し費用は3,300円です。

工事費用の残債請求に注意

工事費用の支払いを終える前に引越し手続きをすると、工事費用の残債分が一括で請求されます。

たとえばホームタイプで24回分工事費用を支払ってた場合「687.5円×(60回ー36回)=16,500円」を支払う必要があります。

ただし引越しのときに支払った工事費用の残債は、月額料金割引などであとで還元されます。

1-6.解約違約金

auひかりの戸建ての解約違約金は以下です。

auひかりの戸建て(ホーム)
プランずっとギガ得プランギガ得プラン標準プラン高速サービス解除料
契約更新月3年ごと2年ごとなし開始から1年
違約金16,500円10,450円0円2,750円
回線撤去費用31,680円
工事費残債(60ヵ月ー利用した月)×687円

※契約更新月に解約すると違約金無料

プランによって違約金は異なり、契約年が長いほど高くなります。なお回線撤去費用は契約更新月に解約しても一律で31,680円かかります。

また分割支払い期間が終わっていない場合、工事費の残債が合わせて請求されるため注意しましょう。

マンションの解約違約金は以下です。

auひかりのマンション
プランタイプG・V都市機構
タイプE・F
ギガ・ミニギガ
標準プラン
契約更新月2年ごと
違約金10,450円7,700円0円
回線撤去費用0円
工事費残債(24ヵ月ー利用した月)×1,375円

マンションタイプの場合、回線撤去費用がかかりません。そのため2年以上利用していれば、契約更新月に無料で解約できます。

1-7.オプション料金

主なauひかりのオプションと料金は以下です。

オプション月額料金
auひかり電話550円~
auひかり
テレビサービス
1,628円~
無線LAN機器レンタル550円~
かけつけ設定サポート7,480円
安心ネットフィルター209円~
auHOME基本料金539円+デバイスセット330円~

とくに人気のオプションは「auひかり電話」です。月額550円で電話番号も電話機もそのままで固定電話が使えます。

またauひかり電話は、さまざまなキャンペーンの条件にもなっているためおすすめです。

auひかり電話キャンペーン適用例

  • auスマートバリュー
  • 工事費実質無料割引
  • 解約違約金キャッシュバック

とくにauスマートバリューは、月々のスマホ料金が最大1,100円割引されるため、auスマホユーザーの方はぜひ申し込みを検討してみてください。

auひかりと大手光回線の料金を徹底比較

人気回線5社とauひかりの月額料金を比較しました。

戸建てマンションセット割
フレッツ光5,940円3,355〜4,455円
ソフトバンク光5,720円4,180円ソフトバンク
ドコモ光5,720円4,400円ドコモ
auひかり5,610円4,455円au
楽天ひかり5,280円4,180 円楽天モバイル
NURO光5,200円5,200円ソフトバンク

通常月額料金で比較すると、auひかりは標準的です。

ただしauスマホユーザーであれば、セット割で月額最大1,100円割引されるため、お得に利用できます。

お得にauひかりを契約するための5ポイント

お得にauひかりを契約するためのポイントは以下5点です。

それぞれを詳しく紹介していきます。

3-1.不要なオプションサービスを解約する

なるべく料金を安く済ませるなら「別になくても大丈夫だなぁ」と思ったオプションサービスを解約しましょう。

一見オプション料金は安く感じますが、1年、2年使い続けると大きな額になります。

たとえば月額550円のオプションをつけると、2年後には13,200円も多く支払うことになります。

少しでも必要ないと感じたら、オプションを解約することがおすすめです。

ただし「auひかり電話」を解約すると、スマホセット割が効かなくなって月額料金が高くなるため注意しましょう。

3-2.クレジットカード払いにする

auひかりの支払い方法をクレジットカード払いにしましょう。

支払い方法が「口座振替」「請求書払い」の場合、毎月手数料がかかります。

支払い方法手数料1年合計
窓口払い440円/月5,280円
口座振替220円/月2,640円
クレジットカード0円0円

毎月の手数料は安くても1年間にすると意外と大きくなるため、支払い方法をクレジットカードに設定することをおすすめします。

3-3.auスマートバリューを適用する

大幅に月額料金を安くしたい場合、auスマートバリューの適用がおすすめです。

auスマートバリューキャンペーンの画像

auスマートバリューとは「スマホ料金1台あたりの月額料金が最大1,100円安くなるセット割キャンペーン」のことです。

割引額はご利用中のスマホプランによって異なります。

プラン割引額/月
auピタットプラン5G
ピタットプラン4G LTE
(1GB~7GB)
550円
auピタットプラン5G
ピタットプラン4G LTE
(2GB~20GB)
550円
使い放題MAX 5G各プラン
使い放題MAX 4G各プラン
1,100円
カケホ
(3Gケータイ・データ付)
1,027円

たとえば使い放題MAXプランでauスマホを家族4人で利用している場合、毎月4,400円割引されます。3年間の回線料金が総額15万8,400円もお得になります。

またauスマートバリューは、離れて暮らす家族も合わせて最大10回線まで割引対象になります。

3-4.契約期間が長いプランに申し込む

戸建てプランの場合、契約期間が長いプランに申し込みましょう。

プラン月額料金契約期間3年総月額料金
ずっとギガ得プラン1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
3年19万8,000円
ギガ得プラン
5,720円
2年
20万5,920円
標準プラン
6,930円
縛りなし
24万9,480円

契約期間が長いプランになるほど、月額料金が安くなりお得に契約できます。

たとえば3年契約の「ずっとギガ得プラン」と縛りなし契約の「標準プラン」の3年総月額料金を比較すると、5万円ほどの違いがあることがわかります。

ただし契約期間が長いプランはお得に契約できる分、解約違約金が高くなるため解約の際は注意しましょう。

3-5.お得なキャッシュバック窓口から申し込む

「最もお得なキャッシュバック窓口から申し込む」ことは、お得に契約する上で重要です。

auひかりには公式窓口以外にも、さまざまな申込窓口があり、それぞれキャンペーンやキャッシュバック額が異なります。

auひかりの最もお得な窓口は「NEXT」

auひかり NEXT

申込窓口キャンペーンを比較してみると、auひかりの最もお得な窓口はNEXTでした。

NEXTの特典

  • 最大52,000円キャッシュバック
  • 有料オプションの加入一切不要
  • 最短1ヵ月で現金振込

今なら最大52,000円キャッシュバックを実施しているので、キャンペーン終了前にぜひご利用ください。

\今なら52,000円キャッシュバック/
NEXT公式サイトをみる 申込は簡単5分で完了

auひかりの料金まとめ

「月額料金の安さを重視している方」は、auひかりの利用がおすすめです。

auひかりは、キャッシュバックキャンペーンやセット割が充実しており、低価格で光回線を利用できます。

  • 最大52,000円キャッシュバック
  • 最短1ヵ月で現金振込
  • auでんきセットで3,000円CB
  • auスマホセットで1,100円割引
  • 最大通信速度は10Gbps

今なら最大52,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しているので、この機会にぜひご利用ください。

\今なら52,000円キャッシュバック/
NEXT公式サイトをみる 申込は簡単5分で完了

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA