【保存版】自宅用インターネット回線おすすめ5選を30社から比較!

【保存版】自宅用インターネット回線おすすめ5選を30社から比較!

自宅用インターネット回線おすすめ5選
yamanaka
yamanaka
こんにちは!「なるほどWi-Fi」編集部の山中です。

この記事では、自宅で使うインターネット回線の選び方と、おすすめ回線を解説します!

インターネット回線は使う場所によって、最適な回線が変わります。

今回は『自宅用』に絞って、自分にとってベストな回線を選ぶにはどうしたら良いのか解説します。

おさえるべきチェックポイントと、おすすめ回線を主要30社から比較解説します!

インターネット回線の失敗しない選び方はこの2つのポイントを理解するだけでOK!

インターネット回線を失敗することなく選びたいと考えているなら、理解するポイントは2つです。

  1. インターネット回線は用途別に6種類に分かれていること
  2. 戸建て用の回線と、マンションなど集合住宅用の回線の違い

順を追って説明して行きましょう!

①そもそもインターネット回線とは?6種類の回線の違いをまずは理解すること!

回線タイプ 使用場所 安定性 回線工事
光回線 固定回線 家庭内 必要
ADSL 固定回線 家庭内 × 不要
WiMAX モバイル回線 移動可 不要
ワイモバイル モバイル回線 移動可 不要
ネクストモバイル モバイル回線 移動可 不要
ソフトバンクエアー モバイル回線 家庭内 不要

まず回線タイプですが、インターネット回線は、利用場所までのインターネット信号がどういうかたちで来ているかによって、固定回線とモバイル回線の2種類に分かれます。

  • 固定敷設の有線ラインで来ているタイプ=「固定回線」
  • 移動可能な無線ラインで来ているタイプ=「モバイル回線」

使用場所については、固定回線=家庭内での使用が前提、これはその通りです。一方、モバイル回線=外出先で使用、という単純な分け方はできません。

ソフトバンクエアーのように、家庭内での使用が前提になっていますが、インターネット回線はモバイル回線で導入するかたちもあるからです。

高速性と安定性については、固定回線タイプの光回線が圧倒的な優位性を持っています。物理的な光ファイバーを利用場所まで引いてきているので、断線などの不慮の事態が無い限りは、光回線なら必ずインターネット通信が可能です。

高速性と安定性のメリットは極めて大きく、一般的にインターネット回線を選ぶという場合には、光回線のことを指していると考えて良いです。

ADSLとワイモバイルは積極的に選ぶメリットが無いので注意して下さい!

ADSLは固定回線のなかでも前世代の規格ですので、単純に料金が安いことしかメリットはありません。

ワイモバイルは、3年契約で違約金も高額。データ通信量を強制的に減らして通信するため、動画や写真を快適に見ることができません。モバイル回線のなかでも最も実質的なコストパフォーマンスが低いものです。

自宅でも外でもwifiを使いたい方はWiMAXがおすすめ!

クレードルW05

外出先でもインターネット回線を使うことが必須条件なら、WiMAXがおすすめです。

WiMAXは、技術の進歩とともに速度も向上してきていて、最新規格のWiMAX2+では、下りの最大速度が理論値で758Mbpsという段階まで高速化しています。

WiMAXのサービスエリア内にあり、開けた窓に面している部屋などでは、自宅でもかなり快適にインターネットを利用することができます。

ただし、WiMAXには電波的に障害物に弱いという弱点もあって、究極的な安定性では、やはり光回線にはかないません。そこは覚えておきましょう。

また、WiMAXだけでなく、スマホに使用されている4G回線・LTE回線を使ったネクストモバイルもあります。

WiMAXについては、下記ページでまとめていますので詳細を知りたい方はチェックしてみてください!

WiMAXについてさらに詳しく知りたい方はこちら!

自宅で快適にネットを使いたいけど工事が面倒な方はSoftBank Air(ソフトバンクエアー)がおすすめ!

ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは、自宅までのインターネット信号はモバイル回線で受信するけれど、家庭内で固定して使用することを前提としているモバイル回線サービスです。

条件が整えば、固定回線とモバイル回線、両方の長所を活かすことができます。

ソフトバンクエアーは、回線工事が不要なので、引っ越しが多くて転居のたびに回線工事するのは面倒という場合には、非常におすすめです!

ソフトバンクエアーは、受信装置が固定式なので、安定的に大容量の電源供給が可能で、モバイル回線のなかでも、かなり安定的にインターネット通信することができます。

ただし、電波的に障害物に弱いというモバイル回線の弱点を完全に克服できている訳では無く、究極的な安定性では、やはり光回線にはかないません。そこは覚えておきましょう。

SoftBank Air(ソフトバンクエアー)についてさらに詳しく知りたい方は下記のボタンをクリックして詳細を確認してみてだください!

ソフトバンクエアーについての詳細情報はこちら!

自宅でとにかく高速インターネットを使いたい方は光回線がおすすめ!

自宅で安定して高速なインターネット回線を使いたい人には、光回線がおすすめです。

光回線は固定回線ですので、利用場所まで光ファイバーが敷設されることになります。原則として回線工事が必要にはなりますが、インターネットに繋がるラインが固定的に敷かれているというのは絶大なメリットになり得ます!

回線の速度は時間によって若干変化するかもしれませんが、計画的なメンテナンス工事や、地震などの天災の影響でない限りは、必ずインターネットに繋がります。

不測の事態が無い限りは、必ずインターネットに繋がる。これが固定回線の最大のメリットで、ここに「高速性」を加味すると、選択肢は光回線しかありません。

インターネット回線を選ぶ時には、光回線を第一に考えることをおすすめします!

②インターネット光回線は「戸建て」「マンション」別で選ぶこと!

光回線の区分 料金 設備
戸建て 高い 専用(独占使用)
マンション 安い 共用(分割使用)

インターネット回線を固定回線(光回線)で導入する場合、原則として回線工事が必要なのは、戸建て住宅でもマンションなどの集合住宅でも同じです。

ただし、回線工事によって設置・施工される設備の使用状況は大きく異なります。

戸建て住宅の場合は、その住宅のためだけに回線工事を行うことになり、回線設備はその住居専用のものとなります。独占的に使用することが可能です。

マンションなど集合住宅の場合は、その建物のために施工される部分と、その部屋のために施工される部分に分かれます。回線設備には、共用部分が出てくるということになりますし、その回線設備を入居している契約者全員で分割して使用することになります。

結果的に基本料金も、戸建てについては相対的に高めに、マンションなど集合住宅については安めに設定されています。

【戸建ての場合の】自分に最適なインターネット光回線の選び方!

回線事業者 コストパフォーマンス等 特徴
NURO光 2年間の実質負担最安値 回線速度1位
au光 auユーザーコスパ1位 au回線
ソフトバンク光 Softbank割引 光コラボ
ドコモ光 Docomo割引 光コラボ
eo光 電力料金割引 関西電力提供地域
コミュファ光 au割引 東海地方中心
BBIQ光 au割引 九州地方中心
megaEGG au割引 中国地方中心
Pikara au割引 四国地方中心
ビッグローブ光 U-mobile料金割引 光コラボ

戸建ての場合は、キャッシュバック水準や基本料金などのコストパフォーマンスを中心に比較しつつ、速度や安定性なども考慮して選ぶと良いです!

戸建ての場合は、転居の可能性は低いと考えられますので、サービスエリアが限られる地域限定の回線事業者も、メリットがあれば検討しても良いでしょう。

戸建ての総合的なランキング見たい方はこちら

【マンションの場合の】自分に最適なインターネット光回線の選び方!

回線事業者 コストパフォーマンス等 特徴
NURO光 2年間の実質負担最安値 回線速度1位
au光 auユーザーコスパ1位 au回線
ソフトバンク光 Softbank割引 光コラボ
ドコモ光 Docomo割引 光コラボ
eo光 電力料金割引 関西電力提供地域
コミュファ光 au割引 東海地方中心
BBIQ au割引 九州地方中心
megaEGG au割引 中国地方中心
Pikara au割引 四国地方中心
ビッグローブ光 U-mobile料金割引 光コラボ

マンションなど集合住宅の場合は、キャッシュバック水準や基本料金などのコストパフォーマンスを重視して比較すると良いです!速度や安定性なども重要ですが、他の入居者の利用状況にも左右されるため、戸建て住宅よりは優先度が落ちます。

マンションなど集合住宅の場合は、転居の可能性が比較的に高いと考えられますので、地域限定の回線事業者はより慎重になった方が良いケースもあります。

マンションの総合的なランキング見たい方はこちら

【15社比較】マンションの場合のインターネット光回線おすすめランキング!

キャッシュバック 回線速度 コスパ
NURO光 10,000円 2Gbps ★★★★★
au光 最大45,000円 1Gbps ★★★★☆
ソフトバンク光 最大32,000円 1Gbps ★★★★☆
ドコモ光 最大25,000円相当 1Gbps ★★★★☆
eo光 5,000円相当 1Gbps ★★★★☆
コミュファ光 40,000円 1Gbps ★★★☆☆
BBIQ 37,000円 1Gbps ★★★☆☆
megaEGG 25,000円相当 1Gbps ★★★☆☆
Pikara 20,000円相当 1Gbps ★★★☆☆
ビッグローブ光 25,000円 1Gbps ★★★☆☆
So-net光 30,000円 1Gbps ★★★☆☆
ぷらら光 55,000円 1Gbps ★★★☆☆
DTI光 16,000円 1Gbps ★★☆☆☆
DMM光 5,000円 1Gbps ★★☆☆☆
フレッツ光 5,000円 1Gbps ★★☆☆☆

マンションなど集合住宅用のインターネット回線を選ぶ場合、圧倒的に基本料金が安く、回線速度も速い、NURO光を中心に検討していくことをおすすめします。

NURO光にはサービスエリアが狭いという制限はあるので、NURO光が利用できない場合は、スマホ割りのメリットを活かせる回線事業者を検討すると良いでしょう。

1位:NURO光

NURO光
NURO光は、回線速度が下りの理論値で2Gbpsと超高速!標準的なプランで利用できる回線速度としては、最も高速なインターネット回線です。

基本料金の安さも際立っていて、キャッシュバックも高額、工事費無料キャンペーンも実施しているなど、総合的に非常にコストパフォーマンスが高いインターネット回線です。

唯一の弱点は、サービス提供エリアが限定されること。集合住宅の場合は、最小で4人利用者が存在する必要があるなどの制限もあります。

NURO光のサービスが提供されてさえいれば、コストパフォーマンスは他回線を圧倒しています。マンションなどの集合住宅に光回線を導入するなら、NURO光を第1に検討することをおすすめします!

総合評価
基本料金 2,500円
キャッシュバック 10,000円
2年間の実質負担 53,000円
スマホ割り 無し
備考 2,500円は、最小利用人数4人時の料金

NURO光の申込はこちら

2位:au光

au光
au光は、NURO光には及びませんが、基本料金も安い部類に入りますし、キャッシュバックも高額。とくにauスマホ利用者にはメリットが大きい光回線です。

au光の弱点としては、サービス提供エリアが限定さることに加えて、集合住宅の場合には建物毎に適用プランが設定されていて、利用者側で選択が出来ない点があります。

総合的には、NURO光が使えない事情があり、かつauスマホを利用している場合は、au光を検討してみることをおすすめします。

総合評価
基本料金 3,800円
キャッシュバック 38,000円
2年間の実質負担 56,200円
スマホ割り au
備考 au光は建物毎に適用プランが設定、利用者側での選択不可

au光の申込はこちら

3位:ソフトバンク光

ソフトバンク光
ソフトバンク光は、NTTフレッツが光回線を他社に貸し出している光コラボの一つです。基幹回線はNTTフレッツのものを使用するため、回線品質や提供エリアに問題はありません。

ソフトバンク光は、NURO光には及びませんが、基本料金も安い部類に入ります。光コラボのなかでは、キャッシュバックなども充実していてコストパフォーマンスも高いです。ソフトバンクスマホと連携した様々な割引も提供しています。

NURO光が利用できないエリアに住んでいるソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光を検討して見ると良いでしょう。

総合評価
基本料金 3,800円
キャッシュバック 32,000円
2年間の実質負担 64,200円
スマホ割り Softbank
備考 ソフトバンク光は、NTTフレッツ系の光コラボ回線

ソフトバンク光の申込はこちら

4位:ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、NTTフレッツが光回線を他社に貸し出している光コラボのひとつです。基幹回線はNTTフレッツのものを使用するため、回線品質や提供エリアには問題ありません。

ドコモ光は、基本料金も比較的安い部類に入ります。光コラボのなかでは、キャッシュバックなども充実していてコストパフォーマンスも高いです。ドコモスマホと連携した様々な割引も提供しています。

NURO光が利用できないエリアに住んでいるドコモユーザーは、ドコモ光を検討して見ると良いでしょう。

総合評価
基本料金 4,000円
キャッシュバック 最大45,000円相当
2年間の実質負担 69,000円
スマホ割り Docomo
備考 ドコモ光は、NTTフレッツ系の光コラボ回線

ドコモ光の申込はこちら

5位:eo光

eo光
eo光は、関西電力の関連会社が提供する光回線サービスです。NURO光には及びませんが、基本料金も安い部類に入ります。

eo光は、原則として関西電力の提供エリアに限られますが、eo電力との併用で、電力料金が最大5%割引になるメリットもあります。

総合的には、NURO光が使えない事情があり、かつ関西電力の提供エリアに居住している場合は、eo光を検討してみることをおすすめします。

総合評価
基本料金 1年目:2,524円、2年目以降:3,524円
キャッシュバック 5,000円相当
2年間の実質負担 70,576円
スマホ割り 無し(eo電力併用で電力料金最大5%割引)
備考 キャッシュバックは商品券で提供

eo光の申込はこちら

マンションなど集合住宅でインターネット回線を選ぶならNURO光が一押し!

NURO光

マンションなど集合住宅でインターネット回線を選ぶなら、NURO光をまず第一に検討しましょう!

  • 標準的なプランで使える回線速度としては、2Gbpsと最も高速
  • 基本料金が最安値(10人以上利用者がいれば、1,900円まで安くなります)
  • キャッシュバックも高水準
  • 工事費無料キャンペーンも実施

NURO光の唯一の弱点は、サービスエリアが限られることです。

逆に言うと、NURO光が使えるエリア、マンションなら、NURO光を積極的に検討しない理由が見当たりません!

考え方として、まずNURO光を検討。NURO光を利用することができなければ他回線を検討する…。これがコスパが高い光回線を選ぶ基本的な流れと考えてOKです。

マンションで光回線を導入するなら、NURO光を最初に検討することをおすすめします!

NURO光の申込はこちら

【15社比較】戸建ての場合のインターネット光回線おすすめランキング!

キャッシュバック 回線速度 コスパ
NURO光 35,000円 2Gbps ★★★★★
au光 最大50,000円 1Gbps ★★★★☆
ソフトバンク光 最大32,000円 1Gbps ★★★★☆
ドコモ光 最大25,000円相当 1Gbps ★★★★☆
eo光 10,000円相当 1Gbps ★★★★☆
コミュファ光 40,000円 1Gbps ★★★☆☆
BBIQ 37,000円 1Gbps ★★★☆☆
megaEGG 25,000円相当 1Gbps ★★★☆☆
Pikara 20,000円相当 1Gbps ★★★☆☆
ビッグローブ光 25,000円 1Gbps ★★★☆☆
So-net光 50,000円 1Gbps ★★★☆☆
ぷらら光 55,000円 1Gbps ★★★☆☆
DTI光 19,000円 1Gbps ★★☆☆☆
DMM光 5,000円 1Gbps ★★☆☆☆
フレッツ光 5,000円 1Gbps ★★☆☆☆

戸建ての場合のインターネット回線は、永続的な利用が前提になりますので、基本料金が安いことは非常に重要です。基本料金が最も安く、回線速度も速いNURO光を第一に検討することをおすすめします。

NURO光を利用できない場合には、スマホ割りのメリットを活かすことを検討。転居の可能性が少ないなら、地域限定の回線事業者を検討してみても良いでしょう。

1位:NURO光

NURO光

NURO光は、戸建て料金で見ても、基本料金が最も安い光回線です。キャッシュバック水準も高く、総合的なコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

回線速度も、下りの理論値が2Gbpsと、標準的なプランで利用できる光回線としては最も速いものです。

NURO光の戸建てプランの特徴としては、ソフトバンクスマホのユーザーは「NURO光でんわ」に加入すると、スマホ料金が1,000円割引になるサービスも提供されています。

居住地がNURO光のサービス提供エリアにある場合は、NURO光を第1に検討することをおすすめします!

総合評価
基本料金 4,743円
キャッシュバック 35,000円
2年間の実質負担 82,072円
スマホ割り Softbank
備考 Softbankスマホ料金の割引には「NURO光でんわ」への加入が必要

NURO光の申込はこちら

2位:au光

au光au光は、基本料金は標準的な水準ですが、auスマホを使用している場合には使用状況に応じてauスマホの割引メリットがあります。

au光は、戸建てプランの場合は、適用プランを自分で選択することも可能となります。光回線の高速性を十分活かすことも可能です。

NURO光のサービスエリアに居住しておらず、auスマホを使用している場合は、第2の選択肢としてau光を検討してみると良いでしょう。

総合評価
基本料金 5,100円
キャッシュバック 最大50,000円
2年間の実質負担 87,400円
スマホ割り au
備考 サービスエリアはNTTフレッツ系よりも限定されます

au光の申込はこちら

3位:ソフトバンク光

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTTフレッツ回線を他社に貸し出す光コラボのひとつです。ソフトバンクスマホと一緒に利用すると、スマホ料金の割引が受けられるメリットがあります。

基幹回線はNTTフレッツ系の光コラボなので、回線品質には問題がありません。ソフトバンク携帯のセット割りも効くので、ソフトバンクユーザーはお得に利用することができます。

NURO光のサービス提供リアに住んでいない場合で、ソフトバンクスマホを利用している人は、ソフトバンク光を検討すると良いでしょう。

総合評価
基本料金 5,200円
キャッシュバック 最大32,000円
2年間の実質負担 95,800円
スマホ割り Softbank
備考 NTTフレッツ回線の光コラボなのでサービスエリアは最大規模

ソフトバンク光の申込はこちら

4位:ドコモ光

ドコモ光ドコモ光は、NTTフレッツ回線を他社に貸し出す光コラボのひとつです。ドコモスマホと一緒に利用すると、ドコモスマホ料金の割引が受けられるメリットがあります。

スマホ割りの割引水準は細かく条件が設定されていますが、基本的に、家族でのシェアパック利用などでドコモの利用度が高ければ高いほど割引率も大きくなります。

NURO光のサービスエリアに居住していない状況で、ドコモユーザーが長期的なコストを最安値に抑えたい場合は、ドコモ光を検討すると良いでしょう。

総合評価
基本料金 5,200円
キャッシュバック 最大45,000円相当
2年間の実質負担 100,800円
スマホ割り Docomo
備考 スマホ割りの割引水準は細かく条件が設定

ドコモ光の申込はこちら

5位:eo光

eo光eo光は、キャッシュバック水準は低く、かつ商品券での提供となります。その分、1年目の基本料金が低く抑えられていて、トータルでの料金メリットが得られる仕組みです。

eo光は、関西電力の関連会社が提供する光回線サービスです。eo電力併用で電力料金が最大5%割引になるメリットもあります。ただし、サービスエリアは原則として関西電力提供エリア限定です。

明らかにサービスエリアが限定されるので、全体的なおすすめ順位としては下位となってしまいますが、eo光が利用可能なエリアに居住しているなら料金の安さは魅力的です。

NURO光が利用できない状況で、関西電力提供エリアに住んでいる人は、eo光を検討して見ると良いでしょう。

総合評価
基本料金 1年目:2,953円、2年目以降:4,953円
キャッシュバック 10,000円相当
2年間の実質負担 78,872円
スマホ割り 無し(eo電力併用で電力料金最大5%割引)
備考 サービスエリアはNTTフレッツ系よりも限定されます

eo光の申込はこちら

戸建て住宅でインターネット回線を選ぶならNURO光がおすすめ!

NURO光

戸建て住宅でインターネット回線を選ぶ場合も、NURO光をまず最初に検討しましょう!

  • 標準的なプランで使える回線速度としては、2Gbpsと最も高速
  • 基本料金が最安値(長く住むほど基本料金の安さは効いてきます)
  • キャッシュバックも高水準
  • 工事費無料キャンペーンも実施

戸建て住宅の場合は、マンションなど集合住宅の料金プランほど、各社の料金に差があるわけではありません。

それでも、長く住むことが前提となる戸建て住宅ですから、基本料金の差額は長く済めば済むほど大きなメリットとなってきます。

NURO光の唯一の弱点は、サービスエリアが限られることですが、NURO光が使えるエリアに住んでいるなら、NURO光を積極的に検討しない理由は見当たりません。

考え方として、まずNURO光を検討。NURO光を利用することができなければ他回線を検討する…。これがコスパが高い光回線を選ぶ基本的な流れと考えてください!

戸建て住宅で光回線を導入するなら、NURO光を最初に検討することをおすすめします!

NURO光の申込はこちら

新しくインターネット光回線を申し込み契約から開通~解約までの流れ

新しくインターネット回線を申し込む場合には、大きく分けて2つのケースがあります。

  1. インターネット回線を完全新規で初めて導入するケース
  2. インターネット回線を乗り換えで契約するケース

それぞれについて「なるほどWi-Fi」では詳しく解説していますので、役に立つ記事をご紹介しますね!

インターネット光回線を完全新規で初めて契約する場合の流れ【4ステップ】

インターネット光回線を完全新規で初めて契約する場合の流れ
  • ステップ①:インターネット光回線の新規申し込み
  • ステップ②:インターネット光回線の回線工事の予約と実施
  • ステップ③:インターネット光回線の速度チェック方法
  • ステップ④:インターネット光回線の解約について

インターネット光回線を完全に新しく契約する場合でも、落ち着いて手順通りに対応を進めて行けば、必ず回線開通までこぎつけることができます。

順を追って説明、紹介していきますね!

ステップ①:インターネット光回線の新規申し込み契約方法

インターネット光回線を新規で申し込む場合は、店頭ではなく、インターネット経由で申し込むのがおすすめです。

多くの場合、キャッシュバックなどの割引は、人手がかからないネット経由限定となっているので、割安になる可能性が高いですし、最初から対面で話を進めると、良く分からないままに契約してしまうという危険もあります。

あわせて読みたい
光回線のおすすめの契約方法と契約時の3つの注意点!「光回線の契約で失敗したくない…!」「光回線ってどうやって契約するの…?」など、光回線の契約について調べている人は多いようですね…!そこで、当記事では「光回線のおすすめの契約方法」や「光回線の契約方法」などについて詳しくまとめていきます…!最後まで読んでいただければ、光回線の契約方法の種類や光回線を契約する手順などについて理解出来ます。是非参考にしてくださいね!...

ステップ②:インターネット光回線の工事について

インターネット光回線を使用可能な状態にするためには、原則として回線工事が必要です。回線工事には予約から実際の施工までに時間がかかるケースもあるため、予約の段階からある程度の予備知識は身に着けておきましょう。

あわせて読みたい
光回線工事の内容をわかりやすく解説!穴は開けるの?期間や費用は?「光回線の工事ってどんな内容なの?」「光回線の工事って壁に穴を開けないとダメなの?」などなど、光回線を導入する際の工事の内容について調べている人は多いようですね…!そこで、この記事では光回線の工事の内容と「穴は開けるの?」「開通までの期間は?」「費用の相場は?」など細かい疑問に回答していきます!最後まで読んでいただければ、光回線の工事の基本的な情報は理解出来ます。是非参考にしてくださいね…!...

ステップ③:インターネット光回線開通中によく起きる速度に関するトラブルについて

インターネット光回線は、光ファイバー経由でインターネット通信する高速回線です。ただし、何らかの障害によって速度が遅くなってしまうこともあり得ます。

初めてインターネット光回線を契約する場合は、速度の体感値の基準が自分の中で無い状態だと思いますので、回線速度の計測方法はどうしたら良いのか?平均的にはどのぐらいの値が出ていれば良いのか?しっかり把握しておきましょう。

あわせて読みたい
光回線の速度は平均どのくらい?下り速度の目安を目的別に紹介!光回線の平均速度や、光回線の速度について知っておきたいことを紹介します。目的別の光回線の速度や、光回線の速度に関する現実をお伝えしているので、速度が遅いと感じている人や平均速度を知りたい人は参考にしてみて下さいね!...

ステップ④:インターネット光回線の解約方法

インターネット光回線を初めて利用する場合、いざ解約となれば、解約するのも初めての経験ということになりますよね。

インターネット光回線には契約期間があり、多くの場合は2年間の設定です。2年間が過ぎた後の解約期間に手続きしないと、違約金を取られるケースもあるので注意が必要です。

あわせて読みたい
引っ越し屋さん
【光回線の引っ越しガイド】違約金・手続き・ベストな乗り換え先を解説!「引っ越しする時に光回線を解約する方法が分からない」や「引っ越しで光回線を解約する時の違約金の発生する条件は?」引っ越しする時に思い浮かぶ光回線解約の際の違約金に対する疑問は、皆さんが少しでも早くクリアしておきたいことだと思いますので、分かりやすく解説します!...

インターネット光回線を乗り換えで契約する場合の流れ

インターネット光回線を乗り換えで契約する場合の流れ
  • ステップ①:インターネット光回線の契約申し込み
  • ステップ②:インターネット光回線の回線工事の予約と実施
  • ステップ③:インターネット光回線の速度チェック方法
  • ステップ④:インターネット光回線の解約について

インターネット光回線を乗り換えで契約する場合も、手続きの流れ自体は同じです。ただし、現在利用しているインターネット光回線があることで、完全新規の場合とは違った状況も発生してきます。

  1. 光コラボでの転用のケースなどで工事費が発生しない場合がある
  2. 現在使用している回線の解約が必ず必要になる

順を追って説明、紹介していきますね!

ステップ①:インターネット光回線の乗り換えでの申し込み契約方法

インターネット光回線を乗り換えで契約する場合も、回線の申込手順自体は同じです。インターネット経由の方が、キャッシュバックなどの特典があるケースが多くおすすめです。

ただし、長いこと特に異常もなく過ぎている場合は、プロバイダなどの契約状況が分からなくなっている場合もあるでしょう。現在使っている回線の状況は必ず事前に確認するようにしましょう!

あわせて読みたい
契約中のプロバイダーが分からない場合の3つの確認方法・調べ方!「自分のプロバイダの確認方法が分からない」「プロバイダを解約したいけど連絡先がわからない」などの理由から、契約している光回線のプロバイダの確認方法を調べている人は多いと思います。この記事で「自分のプロバイダを確認する方法」についてまとめていきます。最後まで読んでいただければ、自分のプロバイダを確認する方法がわかります。是非参考にしてくださいね♪...

ステップ②:インターネット光回線の工事について

インターネット光回線を乗り換えで契約する場合も、原則として回線工事は必要となります。ただし、回線工事を必要としない例外もいくつかあるんです。

いま使っている回線から乗り換えた場合に、工事費は無料で行けるのか、あらかじめ確認しておきましょう!

あわせて読みたい
回線工事
光回線で工事が不要な場合はある?費用を安く抑える方法も解説!光回線で工事が不要な場合はどんなときかを解説しています。また、工事をしなくてもいいのに余計に工事費を取られる危険性や、工事がそもそも必要ないネット回線についても解説しています。...

ステップ③:インターネット光回線開通中によく起きる速度に関するトラブルについて

インターネット光回線を乗り換えたい…。という場合、回線速度に対しての不満が原因になっている場合もあるでしょう。

インターネット光回線を乗り換えを検討しているなら、現在使用している回線の速度を事前に計測して、遅い場合には対策を講じてみることも非常に重要です!

あわせて読みたい
光回線の速度が遅い7つの原因!回線速度を改善する方法を徹底解説!光回線の速度が遅い7つの原因をそれぞれ紹介します。回線速度を改善するための対策についてもお伝えしているので、ネットがつながらなくて困っている人は参考にしてみて下さい。この記事を参考に回線速度を改善して、快適にインターネットを利用しましょう。...

ステップ④:インターネット光回線の解約方法

インターネット光回線を乗り換えで契約する場合、今使っている回線の解約は必ず必要になってくるステップです。ここは完全新規の場合と大きく異なる点です。

特に2年間で設定されることが多い契約期間後の解約期間を過ぎると、違約金・解約金が発生するケースがあります。ここは必ず事前にチェックしておきましょう!

あわせて読みたい
光回線解約
【光回線の解約事情まとめ】解約金なしの条件と工事の内容を解説!「光回線を解約する方法が分からない」や「光回線を解約する時の解約金はどんな条件の時に発生するのか?」これら疑問は契約している方も契約する前の方も感じている悩みなので、分かりやすく解説します!...

インターネット光回線の気になるQ&A

インターネット回線を利用していると、色々なトラブルが発生するものです…。

「なるほどWi-Fi」では、インターネット回線をめぐるさまざまな疑問点を取り上げていますが、代表的なものをご紹介しますね!

Q1:インターネット回線速度ってどうやって計測するの?平均はどのぐらい?

インターネット回線の速度は、計測サイトやアプリで簡単に測ることが出来ます。光回線の速度の平均は、NTTフレッツの実測中央値で50Mbpsを若干超える程度です。

インターネット回線の速度は一日の中でもかなり変動しますが、インターネットを快適に利用するためには、常時5Mbpsを超える水準が一つの目安です。

インターネット回線の速度はどうやって計測したら良いのか?平均的な速度はどのぐらいなのか?詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
インターネット回線の速度が遅い?【測定方法・比較の目安を解説】自分が使っているインターネット回線の速度が遅いかも知れない...? そう感じていても、どうやって回線速度を測ったら良いか分からないことも多いのではないでしょうか。 インターネット回線の測定方法を知っておけば、気になった際のチェックにも役立ちます。 あわせてインターネット回線の速度が遅い場合の対策方法についても解説します。 インターネット回線の速度が気になっているなら、早速チェックしてみましょう!...

Q2:インターネット回線判別中というメッセージが出て繋がらない!

WiFi通信する時に困ってしまうのが、「インターネット回線判別中」というメッセージが出て繋がらなくなってしまうこと。これはWiFiの電波が届いていないことが原因です。

インターネット回線は、例え自宅まで光回線を引いていたとしても、ノートパソコンやスマホなど、最終的に利用するデバイスとの間は、WiFi接続で通信するケースが多いです。

Wi-Fiが繋がらなくなった場合の「原因」「対処法」について、詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
WI-FIが接続できなくなる様子
WI-FIの接続が悪いのはなぜ?繋がりにくい・接続が悪い原因と対処法 Wi-Fiが繋がりにくい、調子が悪い、接続が悪い場合の5つの原因 Wi-Fiの接続が悪くて、繋がりにくくなるのはなぜなので...

Q3:インターネット回線で一番安いものを教えて!

インターネット回線のなかで、とにかく一番料金が安いものを教えて欲しい!そういう要望もありますよね。料金の安さだけに絞って考えると、ADSLという選択肢もあります。

とくにメールや簡単なWeb閲覧ぐらいなら、超高速回線は不要という意見もあるでしょう。ADSLについて、詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ADSLモデム
ADSL回線とは?速度・料金・光回線との違いについて徹底解説!ADSL回線の「速度」「料金」「光回線との違い」を徹底的に解説しています!光回線にシェア1位を奪われたADSL回線ですが、まだまだ現役のネット回線。現在までADSL利用歴10年以上の私が、ADSL回線の基本や使ってみて分かった感想について紹介します!...

まとめ

今回紹介したこと
  • 自宅用インターネット回線を選ぶためには2つのポイントをおさえましょう!
  • 1つめは、インターネット回線の違いを理解すること。
  • 2つめは、戸建てとマンションの違いを理解すること。
  • 戸建てとマンションともに選択フローそのものは同じです。
  • 自宅用インターネット回線の一番のおすすめは、NURO光です!

自宅で使うインターネット回線の選び方と、おすすめ回線を解説してきましたが、いかがでしたか?

自宅でインターネット回線を使うなら、移動先で高速回線が頻繁に必要となる…。などの特殊事情が無ければ、固定回線(光回線)を第一に考えると良いです!

光回線の料金体系は、戸建てとマンションなどの集合住宅で変わってきます。

マンションなどの集合住宅の入居予定期間によっても判断は変わってきますが、選び方の大きな流れは、戸建てでも集合住宅でも同じです。

  1. NURO光が使えるエリアなら、まずNURO光を検討
  2. NURO光がNGなら、auユーザーはau光、関西電力地域ならeo光を検討
  3. 上記3社すべてNGなら、スマホとのセット割り重視に切り替えて検討

この流れで考えて行けば、大きな間違いはありません。ぜひ参考にしてみてください!